僕の「天職」は7000人のキャラバンになった マイクロソフトを飛び出した社会起業家の成長物語

ジョン・ウッド:著 矢羽野薫:訳
定価:本体1,600円+税
発行年月: 2013年3月 取り扱い可能
判型/造本:46上製
頁数:320
ISBN:978-4-478-02289-4

内容紹介

社会起業家のバイブル『マイクロソフトでは出会えなかった天職』待望の続編。途上世界の識字率の向上に尽力するルーム・トゥ・リードの物語を通して、途上世界の教育に関する現状をいきいきと伝える。また、スターバックスよりも速いスピードで成長を続けるNPO組織の運営手法は営利・非営利問わず参考になるところ大だ。

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

「思わず泣いた」「生き方を考えさせられた」
あのロングセラー『マイクロソフトでは出会えなかった天職』に
待望の続編が登場!

ネパールの山奥、たまたま訪れた地元の小学校で“本のない図書館"に衝撃を受けたジョン・ウッドが、マイクロソフトの経営幹部職を辞して2000年に立ち上げた「ルーム・トゥ・リード」。設立から10年以上が経ち、当初は「野心的すぎる」と言われた夢をもはるかに超えて、慈善活動の分野で最速の成長を果たし、数々の賞を受賞しているNPOのひとつとなった。

ルーム・トゥ・リード設立の経緯をまとめたジョンの処女作『マイクロソフトでは出会えなかった天職』は、日本においても学生からビジネスパーソンまで幅広い層の人々に読まれ、いまなおロングセラーとなっている。

さて、ジョンの2作目となる本書は、前著の「その後」を伝える内容だ。

本作の読みどころのひとつは、スターバックスの出店スピードをもしのぐ勢いで途上国に図書館・図書室を設置する“超成長組織"のリーダーとしての、ジョンの苦悩と試行錯誤。

世界的に注目される社会起業家として数々の賞を受賞してきた実績の持ち主とはいえ、ジョンもひとりの人間だ。信じた人物に裏切られ、思わぬハプニングに泣かされ、また設立以来の「CEO」という肩書をはずす際には複雑な思いを味わうなかで、リーダーとしての自分の至らなさにいらだつことも一度や二度ではなかった。

それでも、「2015年までに子どもたちに教育機会を届ける」という途方もない目標に向かって突き進むジョンの姿は、私たち読者にとってもおおいに刺激になる。

本書はまた、ジョンとルーム・トゥ・リードの足跡をなぞりながら、途上世界の教育現場の実情をも色鮮やかに伝えてくれる。貧しい暮らしにもめげずに生きる子どもたちのエピソードではかわいらしい顔が目に浮かぶし、一方では、ベトナム戦争やクメール・ルージュ、アパルトヘイトといった途上国が抱える抑圧的な歴史についてもより深く知ることができる。もちろん、前著と同様、生身のジョンがまるでそこにいるようないきいきとした筆致とテンポは本作でも健在だ。

「僕はひとつの組織のリーダーではなく、ひとつの世界規模の運動を率いる多くのリーダーのひとりでありたい」。

ひとりのリーダーの呼びかけに共感した1人ひとりが、それぞれの立場や思いに応じて自分のスタイルでできることを続けていくとき、そこに力強いグローバルな流れが生まれる――本書は、私たちにそのことを気づかせてくれる。

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト