トヨタ式ホワイトカラーの業務改善 最少人数で最強組織をつくる

石橋博史 著
定価:本体1,800円+税
発行年月: 2014年3月 取り扱い可能
判型/造本:4/6並製
頁数:232
ISBN:978-4-478-02606-9

内容紹介

大野耐一氏らからトヨタ生産方式を直接学び、サムスン電子の業務改革を手伝ったことを契機に生まれたHIT法。抵抗勢力をなくしながら、業務プロセスを可視化し、多能職化を実現。導入企業は100社以上にのぼり、すべて目に見えるかたちで効果あり! いまの仕事を半分のコストで抑えることも可能だ。

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

トヨタ生産方式のホワイトカラー版!
トヨタ生産方式を大野耐一らから学び、
サムスン電子の改革を機に生まれた革新的な手法。

モノは情報持たないため管理しやすい。
しかし、ヒトは意思があり、情報を隠すため、同じようにはいかない。

たとえ業務改善を行なったとしても、一時的によくなるが、
また元の姿に戻ってしまう。

それは、やらされ感満載で、習慣化されなかったことが問題だから。
その課題を克服するには、抵抗勢力をなくす業務改善が必要になってくる。

業務改善は楽しく習慣化できる。
そして、コストも最大1/2に!

業務改善の習慣化に必要なことは2つある。

1つ目は、業務のチャート化
記号などを使って、業務のプロセスをひと目でわかるようにすることで、
誰が見てもムダ・ムラ・ムリをみつけやすくする。

2つ目は、仕事の数値化
誰がどの業務をどれだけの時間でできるかを示す。

業務の改善が目に見えて進んでいけば、ムダな仕事も減っていき、
自分の仕事が見えれば、自分に足りないモノがみえてくる。

それらの活動によって、業務を最小単位で抽出、
経営者は全体を把握することができるので、適正な人員配置が可能

また、部署によって、閑散期、繁忙期もわかる
マネジメントクラスがリーダーシップ発揮することで、
ヒマな部署から、忙しい部署ヘヘルプに活かせることも可能になり、多能職化を実現
普段、付き合いのない部署間でのコミュニケーションの活性化にもつながる。

結果、ムダ・ムラ・ムリを徹底的に省き、今いる人材を強化し、
コストは、半分に抑えることも実際に可能
余剰人員を新規事業に投入したり、アウトソーシングを内製化できる

日本の経営を一新する!

世界的に見ても労働生産性が低い日本。
生産現場は海外へシフトし、ホワイトカラーが真に強くならないと、
競争に負けてしまうのも明らか。

そんななか、人の生産性を高める画期的な手法として、
いま注目を集めているこの「業務プロセス可視化法」。
業務改善の実例とともに、現場の社員、マネジャー、経営者の
それぞれの視点からみても使えるノウハウを紹介していく。

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト