ご挨拶

ダイヤモンド社は1913年5月、「経済雑誌ダイヤモンド」の創刊とともに、創業者・石山賢吉によって創立されました。その創刊の辞には、「経済社会の発展に貢献すること」「数字をもって事実を語ること」「グローバルな視点を持つこと」への揺るぎない意志が表れています。

爾来百余年、私たちは、経済、産業、経営、投資といったテーマを追いかけ、経済社会を支える方々との対話を重ね、読者の皆様と真摯に向き合って参りました。時代のニーズの変化とともに、自己啓発、教育、実用とテーマを広げながら、雑誌、書籍、オンラインメディアによるコンテンツの提供、また、セミナー、教育事業といったビジネスを展開しております。

「事実」に対する深い洞察と「読者」に対する豊かな想像力を何よりも大切にしながら、時代の先端を切り取るテーマを深く掘り下げていくことで読者の皆様のニーズに応え、経済社会の発展に貢献していく所存です。

社員一同、日々学び、専門性を深め、それぞれのメディア、一つひとつのコンテンツの質を高めることで、より多くの読者の皆様のお役に立てるよう努力を続けて参ります。

皆様のご愛読をお願い申し上げます。

代表取締役会長
鹿谷史明
代表取締役社長
石田哲哉

創業の精神

創業者・石山賢吉(1882−1964)は、「経済雑誌ダイヤモンド」創刊号(1913〈大正2〉年5月10日発行)の巻頭に「本誌の主義」と題する一文を掲げました。

「本誌の主義は算盤の二字を以て尽きます。本誌は是とするも非とするも総て算盤に拠り、算盤を離れて何物も無い。本誌の名前をダイヤモンドと付けたのは、小さくとも相当の権威を持たせたいからであります。少なくとも我社同人の有する何物かは確にダイヤモンド以上の権威を以て臨む事を茲(ここ)に声明して置きます」。

「そろばん」に象徴される正確な情報の提供と、「ダイヤモンド」に象徴される自覚と誇り――私たちは創刊号に刻まれた精神を忘れることなく日々研鑽を続けます。

石山賢吉
創業者 石山 賢吉