個人情報保護法の基礎知識

■ 主な内容

2005年に全面施行された個人情報保護法。適切なルールで個人情報を取り扱うよう求めたこの法律だが、いまだに過剰対応をはじめとした誤解や混乱が発生している。 本書は「個人情報」を集め、使う立場にあるビジネスパーソンの視点に立って、図表を用いてわかりやすく丁寧に解説している。 疑問を理解に変えることで、正しい対応ができるようになることを目指した入門に最適な一冊。

       早わかりシリーズ

■ 目次

はじめに

1 個人情報保護法とは?

  1. 誰が規制するの??「主務大臣」の意義
  2. 規制される対象は誰??「個人情報取扱事業者」の意義
  3. 保護される人は誰??「本人」の意義

2 保護すべき対象情報は?

  1. 対象情報と義務規定
  2. 「個人情報」の定義
  3. 「個人データ」の定義
  4. 「保有個人データ」の定義

3 個人情報取扱事業者の義務

3.1 「個人情報」を取得する時に守るべきこと
  1. 個人情報の適正な取得
  2. 利用目的の明示と通知・公表
3.2 「個人情報」の「利用目的」をどのように管理すべきか?
  1. 利用目的の書き方
  2. 利用目的による制限
  3. 利用目的の変更、利用目的の管理
3.3 「個人データ」を「提供」するには?
  1. 「第三者」への提供
  2. 「第三者」以外への提供
3.4 「個人データ」の「安全」管理
  1. 「個人データ」の正確性の確保
  2. 「個人データ」の侵害からの安全の確保
  3. 安全管理措置
  4. 従業者の監督
  5. 委託先の監督
3.5 「保有個人データ」と「本人」からの「開示等」への対応
  1. 開示の求め
  2. 訂正等の求め
  3. 利用停止等の求め
  4. 第三者提供の停止の求め
  5. 理由の通知
  6. 開示等の求めを受け付ける方法として定めることができる事項
  7. 開示等請求訴訟の可否
3.6 苦情の処理 
  1. 苦情処理の対応
  2. 苦情処理体制の整備
  3. 窓口対応の基礎

4 違反するとどうなるの? ? 行政規制と罰則

4.1 行政規制
4.2 罰則(行政刑罰
4.3 まとめ

5 表示義務と法定公表事項

6 情報漏えい等の事故とその対応

個人情報管理体制構築のポイント

■ ご注文方法

ご注文方法は、部数・お支払い方法によって異なります。

A:10部以上のご注文
5冊以上のご注文

(送料無料/請求書決済)

B:1~9部のご注文
1~4部のご注文

「本」の検索と購入からお申込みいただけます。
お支払いは「クレジットカード」または「料金引き換え」となります。
また、別途手数料および配送料がかかる場合がございますのでご了承ください。

※知的財産関連ミニブックのご購入はブックサービスのみのお取扱となります(紀伊国屋BookWeb、楽天ブックス、Amazonではご購入できません)。


お問い合わせ
ダイヤモンド社 企業情報編集部
〒150-8409 東京都渋谷区神宮前6-12-17
ダイヤモンド社の知的財産関連ミニブック|お問い合わせ お問い合わせフォーム