創立100周年記念講演会「教育と人材育成でイノベーションを起こせ!」―世界基準のリーダーシップの育て方―

経済全体がボーダーレス化し、めまぐるしく変化を続ける国際社会にあって、世界で活躍できる人材を育成することは、日本にとって喫緊のテーマです。そのために、これまでにないコンセプトで「教育と人材育成」の分野で大きなインパクトを生み出そうとしている人たちがいます。 ダイヤモンド社は、これからの日本を担う人材育成のために、新たな挑戦を始めたリーダーたちに注目し、教育や人材育成、リーダーシップ、組織運営といったテーマを論じる講演会「教育と人材育成でイノベーションを起こせ!―世界基準のリーダーシップの育て方」を開催いたします。 本講演会には、ルーム・トゥ・リードの創設者兼共同理事長ジョン・ウッド氏の来日基調講演をはじめとして、ダボス会議でも活躍する注目のリーダーたちが登壇します。

2013年5月29日 ダイヤモンド社

寄付額のご報告

この度、本イベントの利益として、以下の額を各団体に寄付させていただきましたので、ご報告いたします。

■寄付金総額:1,182,460円
*本イベントの利益

■寄付額内訳
ルーム・トゥ・リード:597,145円
公益財団法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団:195,105円
NPO法人クロスフィールズ:195,105円
Teach For Japan:195,105円
*寄付額の割り振りにつきましては、ご登壇いただいた時間割配分とさせていただきました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

開催概要

開催日 2013年4月17日(水)
時 間 19:00~21:00(開場18:30~)
会 場 モード学園コクーンホールB
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-3 モード学園 【会場】
定 員 500名(一般450名、学生50名)
*当日のお席はご入場順の自由席です
参加費 一般 5500円 学生 1000円
*本講演会の利益は、登壇者が所属する4団体に全額寄付されます。
主 催 ダイヤモンド社
協 力 ブックファースト新宿店

※受講券をお持ちでない方の入場はできません。お申し込み時にお送りする「お申し込み内容のご確認」メールが受講券となりますので、当日は必ずメールをプリントアウトの上、受付にお持ちください。
※サイン会はございません。
※写真・動画の撮影および録音、ウェブでの配信はお断りいたします。
※当日は、主催者およびプレスによる取材・撮影が入る可能性がございます。

プログラム

18:30 開場
19:00~19:45 基調講演
ルーム・トゥ・リード創設者兼共同理事長
ジョン・ウッド氏
「教育で世界を変える」
*逐次通訳となります。
19:45~20:00 質疑応答
20:00~20:45 パネルディスカッション
「教育と人材育成でわたしたちが目指すもの」

◇パネリスト
公益財団法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団代表理事
小林りん氏
NPO法人 クロスフィールズ 代表理事
小沼大地氏
Teach For Japan創設代表者
松田悠介氏

◇ファシリテーター
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
石倉洋子氏 
20:45~21:00 質疑応答

お申し込み

  • 定員に達しましたので、すべての受付を終了いたしました。
  • 学生枠のお申し込みは定員に達しましたので、受付を終了いたしました。
一般の方
クレジットカードによるお支払いのみです。 お申し込み後、ご登録のメールアドレス宛に受講券メールをお送りいたします。
当日は、受講券メールをご持参のうえ、会場までお越しください。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSがご利用いただけます。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)
※領収証をご希望の方は、当日、「領収証発行受付」においで下さい。
学生の方
学生券は当日、受付での現金払いのみとなります。また必ず受付時に学生証をご提示ください。
*クレジットカード支払いはできません。クレジットカード払いをご希望の場合は、一般扱いとなりますので、
上記の「一般の方」ボタンからお申し込みください。
photo

ジョン・ウッド(John Wood)

ルーム・トゥ・リード創設者兼共同理事長。
クリントン・グローバル・イニシアチブのアドバイザリー・ボードメンバー。コロラド大学で経営管理学修士、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院で経営管理学修士を取得。1999年にマイクロソフトのマーケティング部門の重役の座を捨て、ルーム・トゥ・リードを設立。アジアとアフリカの10カ国で780万人以上の子どもに教育と読み書き能力という生涯の贈り物を届けている。バロンズ誌「寄付に見合う価値のある慈善家25人」(2回)、ファスト・カンパニー誌「社会資本家賞」(5回)、米図書館協会の会長賞などを受賞。また世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤング・グローバル・リーダーズにも選出された。現在は、ニューヨーク大学ワグナー公共政策大学院とハーバード教育大学院で教壇にも立つ。
《ルーム・トゥ・リードの実績》(2013年3月現在)
学校建設 1500校以上
図書館・図書室開設 1万5000カ所以上
現地語出版 874タイトル
女子教育支援 2万人以上

http://japan.roomtoread.org/

photo

小林りん

公益財団法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢設立準備財団代表理事。
経団連からの全額奨学金をうけて、カナダの全寮制インターナショナルスクールに留学した経験を持つ。その原体験から、大学では開発経済を学び、前職では国連児童基金(UNICEF)のプログラムオフィサーとしてフィリピンに駐在、ストリートチルドレンの非公式教育に携わる。圧倒的な社会の格差を目の当たりにし、リーダーシップ教育の必要性を痛感。学校を設立するため、2008年8月に帰国。2009年より現職。1993年国際バカロレアディプロマ資格取得、1998年東京大学経済学部卒、2005年スタンフォード大教育学部修士課程修了。 世界経済フォーラム(ダボス会議)より「2012年度ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出される。

http://isak.jp/jp/

photo

小沼大地

NPO法人クロスフィールズ代表理事。
一橋大学社会学部・同大学院社会学研究科修了。青年海外協力隊(中東シリア・環境教育)に参加後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社では人材育成領域を専門とし、国内外の小売・製薬業界を中心とした全社改革プロジェクトなどに携わる。2011年 5月、NPO法人クロスフィールズを共同創業者の松島由佳とともに創業。企業で働く人材が新興国のNPO等へと赴任し、一定期間、本業で培ったスキルを活かして現地の人々とともに社会課題の解決に挑む「留職」プログラムの運営に取り組む。 世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Shapers Communityジャパン2011に選出。

http://crossfields.jp/

photo

松田悠介

Teach For Japan創設代表者。
大学卒業後、体育科教諭として中学校に勤務。体育を英語で教えるSports Englishのカリキュラムを立案。その後、千葉県市川市教育委員会 教育政策課分析官を経て、ハーバード教育大学院修士課程(教育リーダーシップ専攻)へ進学し、修士号を取得。卒業後、外資系コンサルティングファーム プライスウォーターハウスクーパースにて人材戦略に従事し、2010年7月に退職。Teach For Japanの創設代表者として現在に至る。 世界経済フォーラム(ダボス会議)Global Shapers Community メンバー。 経済産業省「キャリア教育の内容の充実と普及に関する調査委員会」委員。

http://teachforjapan.org/

photo

石倉洋子

慶應義塾大学大学院、メディアデザイン研究科教授。7年間フリーターをした後、バージニア大学大学院 経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院 経営学博士(DBA)修了。マッキンゼー社でマネジャー。青山学院大学国際政治経済学部教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。富士通、日清食品ホールディングス、ライフネット生命社外取締役、世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Agenda Council Education & SkillsのVice Chair。「グローバル・アジェンダ・ゼミナール」「ダボスの経験を東京で」など、世界の課題を英語で議論する「場」をリアル・バーチャルで創る試みを続けている。専門は、経営戦略、競争力、グローバル人材。主な著書に『戦略シフト』(東洋経済新報社)、『日本の産業クラスター戦略』(共著、有斐閣)、『戦略経営論』(訳、東洋経済新報社)、『グローバルキャリア』(東洋経済新報社)、『世界級キャリアのつくり方』(共著、東洋経済新報社)等。

↑PAGETOP

◆お問い合わせ◆

ダイヤモンド社営業部 イベント担当
TEL : 03-5778-7241
Email:event@diamond.co.jp