外資系トップシリーズ

「外資系トップ」シリーズは、グローバルに活躍したいと望むビジネスパーソンにお読み頂きたい、熱いメッセージの塊のような書籍です。毎回、経営のプロフェッショナルであり、世界に通用するキャリアの持ち主である外資系のトップに取材し、その仕事観、人材観、人生観までをも熱く語っていただいています。現在、シリーズは『外資系トップの仕事力』『外資系トップの仕事力Ⅱ』『外資系トップの英語力』の3冊を刊行中。

最新刊

外資系トップの英語力

『外資系トップの英語力』

日本と世界で活躍するトップは、どうやって英語をものにし、グローバルな仕事を遂行しているのでしょうか。10人の外資系トップに取材し、自らのキャリアの中で英語を使うことで広がったビジネスの世界や、仕事の進め方や考え方の変化を聞きました。
「英語はほとんどできないのにいきなり海外駐在」「聞けず、書けず、しゃべれずからのスタート」「1人で分厚い英文契約書類作成と折衝」など、トップの華やかなキャリアに隠れた壮絶な体験と努力を知ることができます。

 

 


■豪華掲載企業トップ陣

井上ゆかり
日本クラフトフーズ株式会社 代表取締役社長
「今まで使っていなかった“筋肉”を使わないと、上のレベルの仕事はできません」

梅田一郎
ファイザー株式会社 代表取締役社長
「時間を作るには好きなことをあきらめる必要がある。何かを切り捨てるから、出てくる意欲もあるんです」

織田秀明
ボッシュ株式会社 取締役社長
「問われているのは、英語力なんかじゃないんです。自分たちの仕事に対する誇りなんです」

織畠潤一
シーメンス・ジャパン株式会社 代表取締役社長兼CEO
「まずはブロークンイングリッシュでいいんです。大事なのは聞けること」

小出伸一
日本ヒューレット・パッカード株式会社 代表取締役社長執行役員
「相手のことを知ると同時に、日本人としての強さや良さを理解しておかないといけない」

小出寛子
パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社 代表取締役社長
「「それで、あなたはどうしたいの」答えは自分で出すべきものなんです」

須原清貴
フェデックス キンコーズ・ジャパン株式会社 代表取締役社長
「10分でも15分でもいい。大切なのは、語彙力を磨く勉強を毎日続けること」

外池徹
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社) 日本における代表者・社長
「窮すれば通ず、といいますか。否応なく英語を使うことになれば、何とかなるんです」

鳥居正男
ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社 代表取締役社長
「日本人に有効なのは、英語を使って、自分の意見を言うトレーニングをすることです」

程近智
アクセンチュア株式会社 代表取締役社長
「今、世界の軸足は西から東に移っているし、多極化している。そういう流れに気付いているかどうか」 


20120121seminar2.gif

 

 

 

 

セミナーのご案内

「外資系トップの英語力」出版記念セミナー開催!~「グローバルで活躍できるビジネスリーダー」~
将来のビジネスリーダーたちに向けて、外資系トップたちが「グローバルで活躍できるビジネスリーダーの条件」を提言、パネルディスカッションを展開します!
■日 時:2012年1月21日(土) 14時~17時
■会 場:六本木アカデミーヒルズ
■参加費:無料
■詳細・お申し込み:http://www.isssc.com/iss_sem/sem2012.html 


『外資系トップの仕事力』

外資系トップの仕事力

『外資系トップの仕事力』
シリーズ1冊目、すべてはここから始まりました。仕事を通してより実力をつけたい。さらに上の仕事をしたい。そう考えている若手ビジネスパーソンに向けて、12人の外資系トップが、体験的キャリア論を語ります。
【掲載企業】
日本コカ・コーラ/マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング/日本オラクル/ヤンセン ファーマ/マッキンゼー・アンド・カンパニー/エアバス・ジャパン/ルイ・ヴィトン ジャパン/日本ゼネラル・エレクトリック/BNPパリバ/日本エマソン/BPジャパン/P&G・ジャパン

『外資系トップの仕事力Ⅱ』

外資系トップの仕事力2

『外資系トップの仕事力Ⅱ』
好評にお応えして登場した第2弾。10人の外資系トップの、与えられた仕事に全力を尽くす真摯な姿勢、どれだけ成功しても決して奢らない謙虚さ、楽しみながら新たな仕事にチャレンジする精神に勇気づけられます。
【掲載企業】
デュポン/ボシュロム・ジャパン/ポルシェ ジャパン/リーバイ・ストラウス ジャパン/マイクロソフト/ボストン コンサルティング グループ/ノバルティス ファーマ/アメリカンホーム保険会社/ジョンソン/アマゾン ジャパン