• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

金融に未来はあるか

ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実

  • 紙版
  • 電子版

金融に未来はあるか

ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • ジョン・ケイ 著/薮井 真澄 訳
  • 定価:本体2,400円+税
  • 発行年月:2017年06月
  • 判型/造本:46上製
  • 頁数:400
  • ISBN:978-4-478-06840-3

内容紹介

専門用語が少ないわかりやすい筆致で金融業界の虚像を暴き、それらをまっとうな金融ビジネスに変えていくためのストレートな提言が充実。世界最高水準の知性によるこれまでまったくなかった斬新なグローバル・マネーをめぐる解釈。いま、経済と金融を読み解くもっとも重要なビジョンがここに。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

日本語版への序文 ── 「ケイ・レビュー」のその後と本書で伝えたいこと

謝辞

序章 なぜ、金融機関は儲かっているように見えるのか

行き過ぎた金融化
雄牛の寓話

第Ⅰ部 金融化 ── 異世界のはじまり

第1章 金融化に至る短い歴史

ポッターズビルへの道
トレーダーの台頭

第2章 リスクと「金融のイノベーション」なるもの

牡牛、コーヒー、CDS
夢を追って賭ける人々
逆選抜とモラルハザード

第3章 頼りない金融仲介機能

仲介人の役割とは何か
流動性をめぐる幻想
意味のある分散投資は可能か
レバレッジが生み出したギャンブル機会

第4章 投資銀行のおぼつかない利益

もっと頭の切れる連中
競争原理が働かない
投資銀行の「エッジ」
規制の裁定
そのころにはお前も俺もいない
金融業界は本当に儲かっているのか

第Ⅱ部 遷ろいゆく金融の機能

第5章 世界の余剰資金は、どのように配分されているか

金融市場にとって物的資産とは、売買できるものだけである
居住用住宅金融は資本配分メカニズムの最大要素である
商業用不動産とインフラ投資の問題点
大企業に資金需要はない
目利きの劣化が、中小企業向け金融をダメにしている

第6章 預金は、どうすれば守れるのか

国の資産は家計が生み出した、はずである
決済制度の進化が開く扉
預金チャネルの動き

第7章 資産運用会社が中心となるべきだ

資産を守り育てるスチュワードシップという機能
アクションバイアスが金融を劣化させている
資産運用会社の役割

第Ⅲ部 金融システムをどう直すか

第8章 改革にどうしても必要なもの

金融システム改革の支柱となる原則
複雑な構造がシステムの頑健性を奪う
他人の金
構造改革はこのように行う
報酬をもらっているなら罪をかぶれ

終章 金融の未来はどこに

さあ、仕事に戻ろう
裸の金庫番の寓話

訳者あとがき

原注

参考文献

索引





著者

ジョン・ケイ(John Kay)
1948年スコットランド生まれ。エジンバラ大学、オックスフォード大学を卒業後、同大で講師として経済学を教えた。その後、英国で最も信頼されるシンクタンクである財政政策研究所でディレクター、オックスフォード大学のサイード・ビジネス・スクールの初代ディレクターなどを務める一方、多くの企業の取締役を歴任した。英国政府から請われて証券市場改革案(ケイ・レビュー)を作成するなど専門家の立場から公共政策に関わり、大英帝国勲章を受章している。フィデューシャリー・デューティー、ガバナンス・コード、スチュワードシップ・コードなどを提唱し、日本の金融庁などにも大きな影響を与えたことでも知られる。現在、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス客員教授、オックスフォード大セント・ジョンズ・カレッジ・フェロー。20年間フィナンシャル・タイムズ紙に寄稿し続けたコラムニストとして、経済全般に関する鋭い洞察力と筆力で世界的に尊敬を集める世界最高のエコノミストの一人である。


訳者

薮井真澄(やぶい・ますみ)
共同通信社経済部 担当部長
慶應義塾大学文学部仏文科卒業、地方テレビ局、外資系銀行を経て共同通信社に入社。経済記事の翻訳に携わるほか、ロンドン支局勤務を含めて主に金融市場の取材を担当。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック