経済学

  • 経済学なんて教科書だけでわかるか!ボケ!!…でも本当は知りたいかも。

    さくら剛 著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2019年02月
    判型:46並製

    経済学の入門レベルの知識をさくら剛が解説。「インドのぼったくりとの壮絶な価格交渉から学ぶ物価の決まり方」「地下アイドルとJKビジネスから学ぶGDP」「ドラクエの世界で金融緩和や財政出動をしてみたら?」など、経済学者では決して書けないバカバカしいけれどわかりやすいたとえ話が満載。

  • ビジネス経済学 勝ち続ける戦略をいかに策定するか

    大林厚臣 著
    定価:本体2,400円+税
    発行年月: 2019年02月
    判型:A5並製

    本書は、MBAに必読の名著『戦略の経済学』の入門書である。競争戦略の策定に不可欠な理論を体系的に網羅しつつ、より簡潔に、より平易に、1冊にまとめ上げた。また、トヨタ、任天堂、ソニーなど、日本人に馴染みある企業事例を詳細に紹介することで、より実践的に学ぶことができる。

  • 君が生きる意味 人生を劇的に変えるフランクルの教え

    松山 淳 著/諸富祥彦 解説
    定価:本体1,400円+税
    発行年月: 2018年07月
    判型:46並製

    人生のどん底に落ちて自暴自棄になったボクの目の前に、ある日、小さい変なおじさんが現れる。自分を助けてくれるというが信用できるのか? 2人の対話を通じてフランクル心理学の真髄が学べる。生きる意味が見えてくる不思議な7日間の物語。

  • 1分間で経済学 経済に強い自分になる200のキーワード

    ニーアル・キシテイニー 著/望月衛 訳
    定価:本体1,600円+税
    発行年月: 2017年12月
    判型:A5変並製

    「言葉」を知れば、経済はもっと見えてくる! 需要と供給、効用、金利、GDP、金融政策と財政政策、ゲーム理論、行動経済学、インフレ、比較優位……この1冊で、いま知っておくべき最重要単語がぜんぶわかる! 200のキーワードを見開き1ページの図解で学べる、最強の経済学入門書。

  • 世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている ビジネスパーソンのための戦略思考の教科書

    デビッド・マクアダムス 著/上原裕美子 訳
    定価:本体1,800円+税
    発行年月: 2017年11月
    判型:46並製

    アップル、GM、マイクロソフト、P&G……世界で勝ち続ける企業は、どんな戦略を使っているのか? ハーバード、スタンフォード、MITスローンスクールを経てデューク大学MBA超人気教授となった著者が教える、超実践的な戦略思考の教科書。この1冊で、ビジネスに使えるゲーム理論がぜんぶ身につく!

  • 経済指標のウソ 世界を動かす数字のデタラメな真実

    ザカリー・カラベル 著/北川 知子 訳
    定価:本体1,800円+税
    発行年月: 2017年03月
    判型:46並製

    なぜ日本のGDPは一夜にして16兆円増えたのか? ときに政治家のクビを飛ばすほど重視されるGDPや失業率などの「経済指標」はもはや実態を反映していない――。気鋭の経済評論家が歴史、理論、実態を丹念に解き明かすことで見えてくる「経済のデタラメな真実」とは? 前提知識不要で「経済」がわかる!

  • 「原因と結果」の経済学 データから真実を見抜く思考法

    中室 牧子 著/津川 友介 著
    定価:本体1,600円+税
    発行年月: 2017年02月
    判型:46並製

    「メタボ健診を受けていれば健康になれる」「テレビを見せると子どもの学力が下がる」「偏差値の高い大学に行けば収入は上がる」はなぜ間違いなのか? 世界中の経済学者がこぞって用いる最新手法「因果推論」を数式なしで徹底的にわかりやすく解説。世のなかにあふれる「根拠のない通説」にだまされなくなる!

  • 日本経済はなぜ最高の時代を迎えるのか? 大新聞・テレビが明かさない マネーの真実19

    村上 尚己 著
    定価:本体1,000円+税
    発行年月: 2017年02月
    判型:B6変並製

    【その「経済ニュース」にダマされてはいけない!】混乱が迫るいま、なぜ円安・株高なのか? なぜトランプノミクスが日本経済の「追い風」となるのか? 「トランプ相場」の到来を言い当てた外資系金融マンが、国内メディアに歪められた「通説のウソ」を斬り、プロフェッショナルならではの「真実」を突きつける!!

  • 英EU離脱! 日本は円高に対処できるか

    野口悠紀雄 著
    定価:本体1,600円+税
    発行年月: 2016年10月
    判型:46並製

    EU離脱問題の本質は、国家統合の是非を問うもの。統合を拒否したイギリスが衰退するのか、EUが分解するのか。これからヨーロッパで起こることは、世界経済の基本構造のあるべき姿を示すものだ。そして、英EU離脱が日本に与える影響は、円高である。円高が進む中、日本経済はどうなってしまうのかを多面的に分析する。

  • 「決め方」の経済学 「みんなの意見のまとめ方」を科学する

    坂井豊貴 著
    定価:本体1,600円+税
    発行年月: 2016年06月
    取り扱い可能
    判型:46並製

    慣れ親しんだ決め方である多数決は欠陥だらけの方法だった。『多数決を疑う』の著者である坂井豊貴氏が、民主的な「みんなの意見のまとめ方」を経済学のツールを使って解説。「多数決」と「数の暴力」はどう違うのか? 曖昧でいい加減な「民意」「選挙」の議論を叩き切る! 選挙の前にぜひとも読みたい一冊。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 12 次へ

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読バナー(常設・CP)
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト