経済

  • 製造業が日本を滅ぼす 貿易赤字時代を生き抜く経済学

    野口悠紀雄 著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2012年04月
    取り扱い可能
    判型:46並製

    自動車や電機など製造業の輸出が落ち込み、日本を支えてきた輸出主導の成長モデルが崩れている。これから製造業は復活できるのか、円高は是正されるのか。日本経済論の第一人者が日本の貿易構造や為替の先行きをつぶさに分析し、人材開国、高度サービス業の育成など、貿易赤字時代を生き抜く処方箋を示す。

  • 永続発展する価値ある企業の条件 タナベ経営トップコンサルタントの提言

    木元仁志/若松孝彦/長尾吉邦/大川雅弘/中村敏之:著
    定価:本体1,600円+税
    発行年月: 2012年04月
    取り扱い可能
    判型:46上製

    新しい社会が必要とする事業へと自社の事業構造を革新した企業だけが、世の中に必要とされる企業として存続できる。永続発展の条件とは、「組織知を駆使し、世の中に必要とされる企業となること」にほかならない。震災から復興へ、永続発展へ! トップコンサルタントの見識が示す、危機を乗り越え新たな時代を拓く提言集。

  • 食の終焉 グローバル経済がもたらしたもうひとつの危機

    ポール・ロバーツ 著/神保 哲生 訳・解説
    定価:本体2,800円+税
    発行年月: 2012年03月
    取り扱い可能
    判型:46上製

    高度な食料経済の構築により、農産物や食肉、加工食品を一年中どこでも買えるようになった。しかし、低コスト・大量生産モデルを世界的規模に拡大することで、私たちはその恩恵だけでなく、負の要素も世界中に広めてしまった。その負の要素とは何か、このシステムは持続可能なのか、膨大な取材をもとに明らかにする。

  • 次なる経済大国 世界経済を繁栄させるのはBRICsだけではない

    ジム・オニール 著/北川知子 訳
    定価:本体1,800円+税
    発行年月: 2012年02月
    取り扱い可能
    判型:46上製

    もはや日米欧が世界経済の中心となる時代は完全に終わった。中国をはじめとするBRICsなど8つの成長国の躍進は、世界の経済秩序を一変させるだろう。世界中の情報を分析した著者が、20年後の世界経済の勢力図を描く。2001年にBRICsを提唱し、新たな経済圏の台頭を言い当てた世界的エコノミスト、初の著書。

  • 消費増税では財政再建できない 「国債破綻」回避へのシナリオ

    野口悠紀雄
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2012年01月
    取り扱い可能
    判型:4/6並製

    消費税率5%の引き上げでは、財政収支の改善効果はわずか2年で失われ、社会保障費の増加で財政は際限もなく悪化していく。財政再建のためには消費税率30%が必要、年金の支給開始年齢を75歳にせよ、介護産業を経済改革の起爆剤とせよ…など、独自の収支シミュレーションにより消費増税による財政再建効果を検証し、これからの高齢化社会で真に求められる方策を示す。

  • 2013年 大暴落後の日本経済

    中原 圭介 著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2011年11月
    取り扱い可能
    判型:46並製

    投資家から絶大な人気を誇るエコノミスト、中原圭介氏の「2年後の日本経済予測」。投機マネーがPIIGS諸国の次に狙うのは、日本。ヘッジファンドの動向を予測しながら、国債急落で日本経済はどうなるのか、国民生活にどんな影響を与えるのかを分析する。日本が売り込まれても、財政破綻しない理由とは何か?

  • 原発に頼らなくても日本は成長できる エネルギー大転換の経済学

    円居総一 著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2011年07月
    取り扱い可能
    判型:46並製

    3.11後の脱原発論議を経済学の視点から検証し、原子力発電なき経済再生の処方箋を示す。原発は、じつは効率面でも環境面でも優位性を持たない。それがなぜ推進されたのか、代替エネルギーをどこに求めるべきか、エネルギー大転換で迫られる経済の新しい成長モデルとは…気鋭の経済学者がその方程式を読みとく。

  • 大震災後の日本経済 100年に1度のターニングポイント

    野口 悠紀雄 著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2011年05月
    取り扱い可能
    判型:46並製

    東日本大震災によって、日本経済を束縛する条件は「需要不足」から「供給制約」へと180度変わった。この石油ショック以来の変化にどう対処すべきか。復興財源は増税でまかなうのが最も公平、円高を阻止すれば復興投資の妨げになる、電力抑制は統制でなく価格メカニズムの活用で…など、日本が真の復興をとげるための処方箋を明快に示す。

  • 労働鎖国ニッポンの崩壊 人口減少社会の担い手はだれか

    安里和晃:編著
    定価:本体1,900円+税
    発行年月: 2011年03月
    取り扱い可能
    判型:46並型

    日本が長年拒んできた労働市場開放も、日本の高齢化と少子化によって、不可避となりつつある。それでは労働市場開放を行ったら何が起きるのか。労働者の送り出し、受け入れともに先進事例となっているアジア諸国の現状を、研究者たちがそれぞれの専門分野から分析、解説する

  • 国家対巨大銀行 金融の肥大化による新たな危機

    サイモン・ジョンション/ジェームズ・クワック:著 村井章子:訳
    定価:本体1,800円+税
    発行年月: 2011年01月
    取り扱い可能
    判型:46並型

    今回の危機で浮上した「大きすぎてつぶせない」銀行の問題。過去200年の歴史のなかで、銀行はますます巨大化し経済を左右する存在になってきた。この傾向は政府との攻防と馴れ合いの歴史でもある。本書ではこれらの歴史を紐解き、次の危機を防ぐ大胆な提言をする。著者は、全米注目の経済学者、サイモン・ジョンソン。

前へ 1 ... 6 7 8 9 10 11 12 ... 20 次へ

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト