産業・市場

  • アジア自動車産業の実力 世界を制する「アジア・ビッグ4」をめぐる戦い

    土屋勉男/大鹿隆/井上隆一郎:著
    定価:本体2,200円+税
    発行年月: 2006年01月
    判型:46上製

    今後10年、自動車産業では、高成長市場アジアの競争で勝利を収めた企業が、国際再編競争の勝者となる。この本は成長市場、生産拠点として重要な中国、ASEAN、そしてグローバル・プレーヤーに成長した韓国企業の動向を、豊富なデータ、インタビューと分析で描き出す。

  • 最新業界勢力マップ 激動のアノ業界がどーなってるのか一目瞭然!!

    オバタカズユキ
    定価:本体980円+税
    発行年月: 2005年07月
    取り扱い可能
    判型:B5並製

    05年最新決算の数字をイチ早く反映!新興市場の注目銘柄がひしめく、旬な業界をフォーカス!独自の「十字マップ」で、企業の優劣や関係性が一目瞭然!

  • 巨大市場 インドのすべて Mega Market India

    島田卓
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2005年07月
    取り扱い可能
    判型:46並製

    今、世界でもっとも活気のあるマーケットはどこかと聞かれれば、私は迷うことなく、「インド」と答える。21世紀のグローバルビジネスは、10億人を超える人口と、世界最大のマーケット規模を誇る民主主義国家・インドを抜きにして語ることはできないからだ。

  • 銀座マーケティング 商売の檜舞台でいま何が起きているのか!

    丸木伊参
    定価:本体1,600円+税
    発行年月: 2005年01月
    取り扱い可能
    判型:46並製

  • 土壌汚染リスク 「現場」の実態と解決モデル

    高杉晋吾
    定価:本体2,400円+税
    発行年月: 2004年11月
    取り扱い可能
    判型:46上製

    「見えない」から問題になりにくいし、実態が闇に包まれているが、土壌汚染は「最悪かつ最大」の環境問題とも言われる。2003年3月、「土壌汚染対策法」が施行された。しかし、企業に甘い“ザル法”との指摘もあり、土壌汚染の実態はいまだ氷山の一角としてしか報道されていない。住民と開発業者の間で大問題となっている「超高級マンション直下の土壌汚染」事件や、先進的対策を進める企業の解決モデルの実例…。企業の社会的責任が問われる、いま、土壌汚染問題が付きつける重い問いを現場からレポートする。

  • なぜ中国で失敗するのか チャイナ・リスクの本質を見抜け!

    藍正人
    定価:本体1,600円+税
    発行年月: 2004年11月
    取り扱い可能
    判型:46上製

    突然振って湧いた中国への進出話。いったい何から手をつけ、どう行動したらよいのか。長年、中国ビジネスに携わり、幾多の成功事例、失敗事例を見てきた著者が、ビジネス・ストーリーの形を借りて、日本企業が陥りやすいチャイナ・リスクを解説。中国ビジネスに携わる経営者・ビジネスマン必読の書!

  • 自動車ITS革命! カーメーカーと通信キャリアのテレマティクス&ITS戦略

    神尾寿
    定価:本体2,000円+税
    発行年月: 2004年10月
    取り扱い可能
    判型:46上製

  • 知りながら害をなすな 優良企業はCSRで生き残る

    佐久間健/ダイヤモンド社企業情報編集部:著
    定価:本体2,800円+税
    発行年月: 2004年10月
    判型:A5並製

    プロたるものはしりながら害をなすことはない。そう顧客が信じることができる企業活動を展開し、社会から認められることなしに会社を存続することは難しい時代がやってきた。

  • 日本経済 完全復活の真実

    斎藤精一郎
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2004年08月
    判型:46上製

  • これから働き方はどう変わるのか すべての人々が「社会起業家」となる時代

    田坂広志
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2003年10月
    判型:46上製

前へ 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト