サイエンス

  • 見えないものを見せる知恵、測れないものを測る技術 赤外線サーモグラフィの無限の可能性

    秋津勝彦 著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2013年12月
    取り扱い可能
    判型:46並製

    物体が発する赤外線を捉え、温度を可視化する赤外線サーモグラフィ。東日本大震災直後には、福島第一原発の温度計測という大役も果たした。医療現場から農業、住宅の老朽化診断まで、サーモグラフィの可能性を探るとともに、日本市場で一位を誇る日本アビオニクスで、開発に奔走してきた社員たちの熱き舞台裏に迫る。

  • しらずしらず あなたの9割を支配する「無意識」を科学する

    レナード・ムロディナウ 著/水谷 淳 訳
    定価:本体2,000円+税
    発行年月: 2013年12月
    取り扱い可能
    判型:4/6上製

    なぜ、同じ姓というだけで好意を抱くのか? 人が何かを決めたり、行動したりする時、そこには必ず「無意識」の働きが存在し、しかもその影響力は、知覚、感情、記憶、コミュニケーション、社会活動など、ありとあらゆる面に及ぶ。あなたを知らず知らずのうちに操る「無意識」の働きを解き明かした「心の科学」の決定版。

  • 元素戦略 科学と産業に革命を起こす現代の錬金術

    中山 智弘:著
    定価:本体1,900円+税
    発行年月: 2013年11月
    取り扱い可能
    判型:46上製

    レアメタルと呼ばれ、日本を支える高度技術の要となる希少元素。その機能を、鉄やアルミなどのありふれた元素で置き換え、日本を資源大国へと変貌させる国家的施策が「元素戦略」である。科学と産業に革命的なインパクトを与えるこのプロジェクトの狙い、進捗状況、日本産業への貢献をあますところなく語り尽くす。

  • 知の境界線を突破せよ! 新領域融合プロジェクトの全貌

    奥松英幸 著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2013年04月
    取り扱い可能
    判型:4/6並製

    国立極地研究所、国立遺伝学研究所、統計数理研究所、国立情報学研究所が連携協力を進める新領域融合研究センター。ここが進めている地球環境システム、生命システム、人間・社会システム、統計数理基盤、情報基盤、システムズ・レジリエンスの6つの融合研究について、その内容を明らかにする。

  • レジリエンス 復活力 あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か

    アンドリュー・ゾッリ/アン・マリー・ヒーリー:著 須川 綾子:訳
    定価:本体2,400円+税
    発行年月: 2013年02月
    取り扱い可能
    判型:46上製

    私たちの人生に「予期せぬ出来事」は必ず訪れる。だが、大ダメージを経験した組織やシステムの中でも、完全に崩壊してしまうものと、しなやかに回復するものがあるのはなぜか。人間の脳、自然環境、ビジネスや地域の組織まで、あらゆるシステムを包括的に観察・研究し、「復活力」の驚くべき秘密に迫った知的興奮の書。

  • ヒッグス粒子を追え 宇宙誕生の謎に挑んだ天才物理学者たちの物語

    フランク・クローズ 著/陣内 修 監訳/田中 敦 訳/棚橋 志行、田村 栄治 訳
    定価:本体1,900円+税
    発行年月: 2012年12月
    取り扱い可能
    判型:4/6並製

    世紀の大発見と話題になったヒッグス粒子。本書では素粒子論の始まりからヒッグス粒子発見までの歴史と研究成果を丁寧に解説しつつ、アインシュタインら科学界のスター達がこのテーマをめぐっていかに共闘し対立したかをドラマチックに描く。知的好奇心をくすぐる決定版サイエンス・ノンフィクション!

  • 免疫の反逆 なぜ自己免疫疾患が急増するのか

    ドナ・ジャクソン・ナカザワ 著/石山鈴子 訳
    定価:本体2,400円+税
    発行年月: 2012年03月
    取り扱い可能
    判型:4/6上製

    先進国で12人に1人、女性の8人に1人が発病する自己免疫疾患は、関節リューマチ、キランバレー症候群、膠原病などで知られる。近代化と共に多くの人が発病するようになったこの病気はいまだ謎だらけ。その要因を追った著者は、化学物質との間の相関関係に築く。工業化社会の負の遺産に迫る迫真の科学ノンフィクション。

  • エピジェネティクス 操られる遺伝子

    リチャード・フランシス 著 野中香方子 訳
    定価:本体2,400円+税
    発行年月: 2011年12月
    取り扱い可能
    判型:46上製

    遺伝子は絶対ではなかった。成長途中や成人後でも、環境、食べ物、社会などの影響がエピジェネティックな変化を起こし、遺伝子の発現を変える。その変化は、がん、糖尿病、心臓病などの病気を招き、反対に先天性の病気を治しもする。そして遺伝子だけでなく、後天的に得たエピジェネティックな変化も子孫へと遺伝する。

  • データを未来に活かす データ中心科学の最先端[統計数理研究所]の挑戦

    奥松英幸 著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2011年07月
    取り扱い可能
    判型:46並製

    予測、リスク分析、最適化…データ中心科学の最先端、統計数理研究所の活動は、データ社会の現在、ますます重要性が増している。最先端の俊英たちの見識が描き出す日本の未来地図とは?地震発生から株価変動、あらゆるリスク分析まで、さまざまな分野の将来予測に欠かせない「統計数理」科学の最新研究の迫る一冊。

  • 情報を力に未来価値を創る グローバルな知の梁山泊 国立情報学研究所

    朝純裕:著
    定価:本体1,500円+税
    発行年月: 2010年06月
    取り扱い可能
    判型:46並型

    情報通信技術(ICT)が人々の生活や産業に組み込まれ、コンピュータや通信を利用しなければ、何も進まない時代となっている。一方で、それゆえの課題も増えているなか、中長期的な未来において、社会や産業を大きく変えていく情報学の最先端の研究内容をわかりやすく紹介する。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト