週刊ダイヤモンドDigital 2012/11/10号 中国 撤退か継続か【ガラパゴス版】

著者名: 週刊ダイヤモンド編集部 編
【電子版】

内容紹介

年初からの景気減速に尖閣問題という逆風が加わり、日本企業の中国ビジネスの先行きは不透明感を増している。そんな中、11月には中国の次の10年を背負う新指導部が誕生する。日中関係が厳しい局面を迎えている今こそ、中国と日本の関係を冷静に見つめ直す好機とすべきだ。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

目次

特集
中国 撤退か継続か

【Prologue】 《迫真レポート》 新指導部巡る権力闘争の深層

【Part 1】 競争力低下に尖閣ショック “泣き面に蜂”の日本企業
《中国現地ルポ》 反日・日本製品不買運動の内実
日系自動車メーカーの大誤算
自動車以外にも及ぶ尖閣ショック
日中が水面下で探る“落としどころ”

【Part 2】 新指導部誕生で中国経済はどうなる?
急失速か軟着陸か 中国経済の本当の実力
[Interview] 袁 鋼明●中国社会科学院教授
新指導部を徹底解析 改革は何処へ
構造改革できなければ失速必至

【Part 3】 事業撤退のノウハウ満載! 中国との付き合い方・別れ方
撤退なら清算より持分譲渡 継続ならリスク分散

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読バナー(常設・CP)
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ