アントレプレナーシップは「起業」から解放される(世界標準の経営理論)

内容紹介

アントレプレナーという言葉を初めて提示したのは、フランスの経済学者リチャード・キャンティロンが1755年に刊行した書籍とされる。そして、おそらく近代経営学に最も影響を及ぼしているのは、「イノベーションの父」と呼ばれる経済学者ジョセフ・シュンペーターの定義だ。彼の定義から見えるのは、アントレプレナーシップ=起業家精神ではないということだ。その視点を踏まえると、いまアントレプレナーシップ領域で起きている大きな変化が読み取れる。今回は、アントレプレナーシップがなぜさまざまな領域で求められるのかを論じる。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年12月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読バナー(常設・CP)
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ