どうすれば、売れるのか? 世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方

著者名: 木暮太一 著
【電子版】

内容紹介

売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

「売れる」と「売れない」の違いとは?
人を惹きつける4つの法則

一見同じように見える、商品、サービス、コンテンツ、飲食店。
でも、売れ方が違うのはなぜでしょうか?

商品が売れないとき、多くの人は営業とマーケティングを見直します。
認知度が上がれば売れるはず、もっと販路が広まれば、
もっとオススメすれば、もっとSEO対策をすれば…。
ですが、仮にテレビCMをバンバン流しても、
そもそもほしくない商品を買ってくれることはありません。

では、消費者のニーズやウォンツをもっと探るべきでしょうか?
それがわかっても、自分の商品・サービスを買ってくれる理由にはなりません。
「モノではなく体験」を売ることが必要なのでしょうか?
しかし、それが「ほしくない体験」では何も変わりません。

売れるか売れないかは、人を惹きつける「4つの法則」を、
組み込めるかどうかで決まっています。
その4つとは「ベネフィット」「資格」「目新しさ」「納得感」です。

この本では「人を惹きつけるもの」の正体を解き明かし、
その4つの法則から、誰もがセンスに頼らず、
繰り返し売れる物を作り出せる設計方法を
わかりやすく解説していきます。

開発・制作・集客・発信…あらゆるビジネスで使える!
リクルート社で学んだ「売れる法則」をノウハウ化!

著者はフジテレビ『とくダネ!』の
コメンテーターとしても活躍する木暮太一氏。

20年作家として活躍し、これまでに出版した本は約50冊、累計150万部。
経営する4つの会社で行う企業研修やセミナー事業も大人気。
そのどれもが同じ理論で企画・設計されています。

木暮氏が毎年、ベストセラーを出すことができるのも、
実はこの「売れる法則」に愚直に従っているからです。

この「売れる法則」は、木暮氏がリクルート社で学んだ
「売り物設計」の本質的な考え方をベースに、
出版業界のノウハウと独自のコンテンツ・ビジネス設計理論を
組み合わせて作り上げたものです。
実際に木暮氏のアドバイスから、
集客数が3倍、売上が半年で倍になったケースも続出しています。

新商品・新サービスの開発、出版・広告・WEBのコンテンツ制作、
飲食店やセミナーの集客、発信活動など、
「物を売る」あらゆるビジネスに役立つ内容です。

著者について

木暮太一(こぐれ・たいち)
作家、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事
慶應義塾大学経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て独立。説明能力と、言語化能力に定評があり、大学時代に自作した経済学の解説本が学内で爆発的にヒット。現在も経済学部の必読書としてロングセラーに。相手の目線に立った伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から好評を博し、現在では、企業・団体向けに「説明力養成講座」を実施している。フジテレビ「とくダネ!」レギュラーコメンテーター、NHK「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。『「自分の言葉」で人を動かす』『カイジ「命より重い!」お金の話』『今までで一番やさしい経済の教科書』など著書多数、累計150万部。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ