地球の歩き方 A30 バルトの国々 2017-2018

内容紹介

●エストニア・タリンタリンの旧市街は、北ヨーロッパで最もよく保存されている旧市街のひとつ。ぐるりと城壁に取り囲まれ、さらにトームペアの丘と下町の部分に分かれている。さほど広くはないが、そんな中にも細い通路や坂、階段がそこかしこにあり、歩き飽きることがない。塔や丘の上から眺める景色も抜群。どこを切り取っても絵になる町だ。●ラトヴィア・リーガ13世紀からハンザ同盟の港町として栄えたリーガ。バルト三国最古の町で、今も最大の町である。ダウガヴァ川の右岸から始まった町は、時代とともに外へ外へと発展していった。その時代ごとの建築様式の変化を容易にたどることができる。●リトアニア・ヴィリニュスヴィリニュスは内陸部に開かれた町だ。そのせいか、港町のタリンやリーガに比べてのんびりとしている。カトリック特有の柔和なバロック建築群も、さらにその雰囲気を強くする。迷路のような細い通りをただ歩いているだけでも、気持ちが和んでしまう魅力的な町だ。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ