地球の歩き方 D21 ベトナム 2017-2018 【分冊】 2 ダナンと中部

内容紹介

●ダナン:中部最大の商都。天然の良港は古くから東西交易の中継地、国際貿易港とし栄えた。2~15世紀に勢力を誇ったチャム族の国チャンパ王国の都がチャキェウにおかれていてミーソンなどの遺跡がある。べトナム戦争中の米軍最大の基地の町をイメージする人もいるかもしれないが、今はその面影はなく明るく活気あふれる港町だ。リゾート開発の先駆けとなったフラマ・リゾート・ダナンを核として、ビーチの観光開発が進んでいる。●フエ:最後の王朝阮朝の都フエ。ユネスコの事務局長は「賞賛すべき建築上のポエムである」と語ったがズバリとこの町を言い表している。ゆったりと流れるフォーン川のほとりに、王宮、寺院、皇帝陵など風格ある建築物が点在する。これら建造物群はこの国初の世界遺産。ダナンやホーチミン市のような喧騒は似合わない。静まり返った城内を歩けば、王朝時代にタイムスリップしたかのような錯覚にとらわれる。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ