企業【電子版】

  • 「学習優位」の競争戦略(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    事業の環境変化が激しく、未来や市場を見通した的確な戦略も、他に比類ない水準の経営実践力も、持続的な競争優位を保証するものではない。そんな厳しい時代においても成長を続けた世界企業100社を分析した筆者は、強い競争力に共通する4つの要因を抽出した。それらを日本企業が習得し、非連続な変化の環境を生き抜くことに必要な「学習優位の経営」という施策を提示する。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年10月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

  • 人は生まれながらにつながり、孤独でもある(インタビュー)(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    いま、孤独が個人や組織にもたらす弊害が注目を浴び、孤独をどう解決すべきかの議論が盛んである。だが、孤独から逃げるために表面的なつながりを求めるのは、他人を利用する行為であり、それは孤独感を増す要因にしかならない。そうではなく、まず、人は生まれながらにしてつながっており、同時に孤独でもあるという事実と対峙することが始まりだと、曹洞宗の僧侶である藤田一照氏は言う。本書では、仏教の視点、またグーグルやフェイスブックなど米国の先進企業で坐禅を指導してきた藤田氏の豊富な経験をもとに、孤独との向き合い方が語られる。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

  • 職場の孤独への対処法:ウェルビーイングを追求する(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    近年のさまざまな研究を通して、従業員が職場で孤独に陥ることは、個人にも組織にも甚大な悪影響をもたらすことがわかってきた。では、組織はいかにして、従業員の孤独と向き合うべきなのか。そのカギを握るのが「ウェルビーイング」(well-being)である。本書では、従業員の孤独を解消し、活きいきと働くうえで不可欠なウェルビーイングに着目し、特に日本企業がこれを追求するために、従業員、マネジャー、経営者それぞれの立場で何をすべきかを考察する。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

  • 「職場の孤独」という伝染病(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    孤独という伝染病が広がりつつある。ある調査では、米国の成人の4割が孤独を感じると述べている。孤独は心疾患、認知症、鬱病、不安神経症のリスクを高め、人々の創造力を狭め、推論や意思決定といった職務遂行機能を損ない、仕事のパフォーマンスを低下させる。即刻この状況に対して対策を講じなければならない。そのためには、私たちが多くの時間を過ごす家庭、学校、職場などの関与が必要である。なかでも企業は、社会的レベルで変革を推進する力があり、従業員、パートナー、顧客の間のつながりを強めるだけでなく、イノベーション・ハブとしての役目を果たすことで、他の組織にも孤独への対応を促すことができる。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

  • フィットネス業界で顧客の心をつかみ続ける方法(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    暗闇に大音量の音楽が流れる中、サイクリングマシンを高速で漕ぐエクササイズをご存じだろうか。これは米国のソウルサイクルで始まったエクササイズで、同国で急成長中である。フィットネス・ダイエット業界は流行り廃りが激しく、ブームにはなっても、消えていったものは数多い。しかし、本書のソウルサイクルCEOは自社の持続的成長に自信を持つ。その理由は、優れたインストラクターの採用、絶えざるイノベーション、練られた出店戦略など、さまざまだが、一番のカギは、モノより経験が望まれる時代にあって、一緒に漕ぐ仲間との一体感を生み出す、ユニークなユーザー体験をつくり出したことにあると言う。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

  • 最良のリーダーは偉大な教師である(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    部下の教育や成長の促進は、能力開発研修や評価制度などの仕組みで行うものと、思い込んでいないだろうか。リーダー研究を重ねてきた筆者は、優れたリーダーと並のリーダーの違いは、日々折々に触れて部下の個別教育にいそしむかどうかにあると言う。いわゆるOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)だが、そこで扱う内容は業務に役立つ知識・スキルから、ビジネス原則や処世術まで多岐にわたる。しかも、部下の心に深く刻み込まれ、後々まで教訓となることが多い。こうした教育は誰にでも可能だが、教えるべき内容やタイミングをわきまえ、個々人が受け入れやすい方法論を選ぶことがポイントになる。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

  • 会議の三重苦を解決する5つのステップ(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    多すぎる会議は、しばしばビジネスパーソンの不満の種となり、それを放置することで、生産性、集中力、エンゲージメントなどに悪影響を及ぼすことがわかっている。本書では、チームや組織の会議への取り組み方を変える5つのステップと、事前に行うべき診断作業を説明する。会議の変革の成果は、会議の場を超えて、組織全体に広がることが多く、組織変革の一助にもなるだろう。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

  • 自社をプラットフォーマーに転換する法(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    グーグルやアマゾン・ドットコムのように、多くの企業がそこでビジネスを行うためのプラットフォームを提供する事業者、いわゆるプラットフォーマーは今日、市場への影響力が強く、巨額の利益を得ている。経営者にとって羨望の存在である一方で、自社がそうなることは諦めがちであるが、条件が整えば、プラットフォーマーへの転換は可能である。本書ではそのための4つの方法を具体的に示し、それぞれの戦略的なメリットや落とし穴を検討する。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

  • 自社が賭けるべきテクノロジー領域を見極める法(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    企業が新しいテクノロジーを開発する際、どの領域に重点を置くか、それが競争優位につながるかの判断は、戦略を決めるうえで重要である。しかし、多くの企業は判断を誤り、顧客が求めていないテクノロジーの改善に邁進する。けれども新しいテクノロジーの将来は、想像するほど予測不可能なわけではない。本書では、3段階のエクササイズを紹介し、次のイノベーションがどの領域で発生するか、その予測方法を示していく。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle play紀伊國屋書店KinoppyhontokindleApple Books

1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 53 次へ

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読バナー(常設・CP)
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ