企業【電子版】

  • 世界で勝ち抜くには生産性向上が必然である(対談)( DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    残業をゼロにするため、2020年までに1000億円を投資する──。働き方改革が求められる中、日本電産・永守重信会長兼社長によるこの発表は、大きな注目を浴びた。「モーレツ」を代名詞とする同社の永守会長はなぜ、このタイミングで大きな決断を下したのか。そこには、真のグローバル企業になるうえで生産性向上が欠かせないという危機感があった。ベストセラー『生産性』の著者であり、マッキンゼー・アンド・カンパニーで人材育成のマネジャーを務めた伊賀泰代氏が、その真意に迫る。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle playGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoセブンネットショッピングkindleiBookStore

  • 日本企業の生産性は本当に低いのか( DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    日本経済の生産性が先進国の中で極めて低い水準にあるというデータが示され、その向上が企業の課題として取り上げられる機会が増えている。日々の業務改善を目指すということに留まらず、労働人口の減少に対応し、一人ひとりの生み出す価値を向上させるという観点からも、生産性向上の必要性は高まっている。本書では生産性のパターンを6つに分類し、真に目指すべき生産性のあり方について明らかにするとともに、生産性向上の4つのアプローチについて論じていく。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle playGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleiBookStore

  • なぜ人は昇進すると横柄になるのか( DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    権力の座に就くと、人は豹変する。昇進した人はそうでない人と比べて、傲岸不遜な態度を取ったり、不正行為をしたりする確率が3倍も高いという研究結果がある。こうした行為は周囲の人々のモチベーションやパフォーマンスを低下させ、企業にも悪影響を及ぼす。リーダーは誰もが、こうした「権力のパラドックス」に陥りやすい。本書では、それを避けるために、リーダーが具体的に実践すべきことについて解説する。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle playGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleiBookStore

  • 苦手な上司への対処法( DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    従業員の目標達成へのモチベーションは、上司との関係に影響を受ける。そして、どんな組織にもひどい上司はいる。しかし、相手に非があろうと、上司と円滑な関係を築くことは重要な職務である。それをうまくこなせるかどうかは、その人の能力を示す指標となる。筆者は長年、高い潜在力を持った人々と仕事をして、彼らとその上司の関係における機能不全を解消する手助けをしてきた。本書では、同様の課題に直面した際に活用できる選択肢を示す。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle playGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleiBookStore

  • H.I.S.の野望(週刊ダイヤモンド 特集BOOKS)

    大手旅行会社エイチ・アイ・エスの創業者、澤田秀雄が12年ぶりに社長に復帰した。ハウステンボスを再生したことで、再び事業意欲に火が付いたというのが理由だ。カリスマ経営者が描くグループ戦略に迫った。『週刊ダイヤモンド』(2017年1月14日号)の第2特集を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれません。

    取扱ストア
    koboGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleGoogle Playブックス

  • 三井化学 創業105年目の大転換(週刊ダイヤモンド 特集BOOKS)

    1997年10月に旧三井石油化学工業と旧三井東圧化学が合併して三井化学が誕生してから20年。その源流は、旧三井鉱山の石炭化学事業にある。実質的に、創業105年目を迎えた老舗メーカーは、2000年代の初頭に経営の迷走が続いた。ところが、業績が好転してからの三井化学は、大胆不敵な体質転換に乗り出す。本当に変われるのか。『週刊ダイヤモンド』(2017年10月14日号)の第2特集を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれません。

    取扱ストア
    koboGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleGoogle Playブックス

  • やっかいな交渉相手に公正な提案をさせる方法(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    保険金請求や企業買収などの交渉で、関係当事者双方が合理的な提案を持って話し合いに臨めば、それぞれにメリットがある。スタート地点が現実的なら、双方の提案もある程度は足並みが揃いやすいだろうし、その後の交渉も比較的丁寧、迅速、公正になるはずだ。とはいえ、こちらが最初から公正になろうとしても、相手も同じとは限らない。どうすれば向こうにも合理的になってもらえるのか。解決策として筆者らは、「最終提案仲裁チャレンジ」という新たな交渉戦略を考案した。不合理な相手と交渉する時でも、公正な合意に効率よく到達できる戦略である。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle playGALAPAGOS STORE紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleiBookStore

  • ネット市場の差別をどう解決するか(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    「インターネット上ではあなたが犬でも誰も気づかない」と『ニューヨーカー』誌は書いたが、eコマースのプラットフォームはあなたがどんなプロフィールを持っているか、把握している。そして、これが人種や性別による差別につながっているのだ。さまざまな調査から取引において白人男性が有利であったり、逆に黒人女性が差別的な扱いを受けたりすることがわかっている。こうした差別を排除するにはどうすればよいか。プラットフォーム企業の意識を高めるだけでなく、設計の段階でどのような配慮をすればよいのか、その方法を論じる。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年6月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle playGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleiBookStore

  • GEの競争優位はなぜ持続するのか(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    そもそも持続可能な競争優位は存在するのだろうか。アンソフ、チャンドラーからポーター、ミンツバーグまで、競争優位に関する理論は20世紀に進歩してきた。しかしながらほとんどの企業で、せっかく築いた競争優位も一時的なものに留まっている。これは多くの場合、事業や環境変化の予測困難性、不確実性がもたらす意思決定の問題(認知バイアス)、あるいは組織自体の適応力不足(経営劣化)に起因している。ただ、競争優位を持続している企業は存在している。ゼネラル・エレクトリック(GE)は、ダウ・ジョーンズ工業指数のリストに1896年に組み入れられて以来、9回の景気衰退期と大恐慌を乗り越えて、業績を上げ続けた唯一の企業であり、時代ごとに経営戦略の新しいスタイルを提案してきた企業でもある。GEは基本理念として3つのコア・バリューを掲げているが、就任したCEOは時代に応じたGEバリューを示してきた。ウェルチの掲げたGEバリュー、イメルトが強化したGEグロース・バリューを通して、持続可能な競争優位を実現するために何をすべきかを考える。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年11月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle playGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleiBookStore

  • 異質の知が新たな事業をつくる(DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文)

    イノベーションとは、従来の延長線上の変化ではなく、非連続の変化のことである。組織が過去からの決別を果たすには、組織に染みついた同質的な価値観を打ち破らなければならない。この価値観を打ち破れない企業が「イノベーションのジレンマ」に陥るのだ。本書では、ボストン コンサルティング グループ(BCG)が近年プロジェクト事例を重ねてきた、異質の知を取り込む方法論を紹介する。それはシナリオを使って異質な世界観を見る方法論である。イノベーションはグローバル・レベルでの企業課題だが、同社は過去2年間でこのプロジェクトを200回以上経験してきた。同質化のなかから生まれるシナリオは、過去の延長線上のものにすぎない。新たな変化へ対応するためには、あらゆる可能性を検証したシナリオづくりが必要だが、そこに異質な知が欠かせない。人間は本来、異質なものを無意識に避ける傾向があるため、このような異質なものを意識的に取り入れることが求められる。本書では実際にグローバルなハイテク企業で実践されたシナリオ作成の事例から、異質な知を取り込んで得られる新たな世界観を紹介する。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年9月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

    取扱ストア
    koboGoogle playGALAPAGOS STOREReader Store紀伊國屋書店KinoppyhontoBooklive!セブンネットショッピングkindleiBookStore

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 40 次へ

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ