経営【電子版】

  • ダイナミック・ケイパビリティ戦略 イノベーションを創発し、成長を加速させる力

    デビッド・J.・ティース:著 谷口 和弘/蜂巣 旭/川西 章弘/ステラ・S・チェン:訳

    激変する経営環境下で機能する戦略の枠組みとは何か。新しい経済学、持続可能な競争優位、イノベーション、グローバリゼーション、組織研究、ビジネス生態系、企業家精神・・・さまざまな領域の知的成果を結集させて、企業外部と内部の経営資源を縦横無尽に使いこなすマネジメントを問う。

    取扱ストア
    kobohontokindle

  • 「人の上に立つ」ために本当に大切なこと

    ジョン・C・マクスウェル:著 弓場 隆:訳

    「あの人についていきたい」と思わせる秘訣はどこにあるのか。リーダーシップの第一人者であるマクスウェルが、「カリスマ性」「情熱」「洞察力」など、リーダーに不可欠な21の資質を説く。マクスウェルの集大成にして世界中で1300万部を売り上げた不朽のバイブル。

    取扱ストア
    kobohontokindle

  • 経営は何をすべきか 生き残るための5つの課題

    ゲイリー・ハメル 著 有賀裕子 訳

    ウォール・ストリート・ジャーナル誌が選ぶ世界ナンバー1経営思想家であり、『コア・コンピタンス経営』『経営の未来』で有名なゲイリー・ハメル教授最新作。グローバル社会において求められるマネジメントとは何か。混沌とした状況で、いま、そして今後、何を指針としていくべきか。経営の大家が送る渾身の提言。

    取扱ストア
    kobohontokindle

  • 中国人のやる気はこうして引き出せ ゼロから繁盛小売チェーンを築いたマネジメント術

    塙昭彦 著

    イトーヨーカ堂の営業本部2万5000人をまとめる本部長から、部下のない中国室長に転じ、一から中国展開の礎を築いた塙昭彦氏(現セブン&アイHLDGS顧問)。いまや13店舗800億円のチェーンストアに育ち、中国人に任せる現地化も進んでいる。その部下育成や企業文化の底流に流れる塙氏の考え方を凝縮した1冊!

    取扱ストア
    kobohontokindle

  • マッキンゼー流最強チームのつくり方 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文(2012年9月)

    「プロフェッショナル・ファーム」を標榜するマッキンゼーは、業務ごとにチームを形成する。つまり、クライアント・ワークごとに最適なメンバーが集められるのだ。その採用基準は、リーダーシップの総量だという。マッキンゼーの元採用マネジャーで『採用基準』の著者が最強チームのつくり方を明かす。

    取扱ストア
    kobo紀伊國屋書店Kinoppyhontokindle

  • ともに戦える「仲間」のつくり方

    南壮一郎 著

    誰もが不可能だと言った「求職者課金型」転職支援サイト「ビズリーチ」を、なぜ日本で初めて立ち上げることができたのか? 自分の限界を認め、仲間の力を信じることで会社崩壊の危機を乗り越えた起業ストーリーをベースに、「仲間」を探し、巻き込み、その気にさせるチームづくりとリーダーシップの真髄を語る。

    取扱ストア
    kobohontokindle

  • ソーシャル時代のブランドコミュニティ戦略 つながる、発信する、共に創るためのプラットフォーム構築法

    小西圭介 著

    もはや既存メディアを通じた企業による一方的なブランディングは意味を持たなくなった。今求められるのは顧客とつながり、顧客と共にブランドの価値を高めていくための方法論。その重要なツールとなるソーシャルメディア時代のブランドコミュニティをいかに構築すべきか。ブランド先進企業の事例を紐解きながら解説する。

    取扱ストア
    kobohontokindle

  • 実践するドラッカー 利益とは何か

    上田 惇生:監修 佐藤 等:編著

    ロングセラー『実践するドラッカー』シリーズの最新刊。今回は、「利益とは何か」という、企業の本質に迫る内容です。私たちの思う「利益」と、ドラッカー教授の考える「利益」はどう違うのか。<5つの質問>を軸に、利益の本質に迫ります。大好評「実践シート」付き。

    取扱ストア
    kobohontokindle

  • 利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか ドラッカー、松下幸之助、稲盛和夫からサンデル、ユヌスまでが説く成功法則

    紺野 登/目的工学研究所:著

    英『エコノミスト』誌は、2013年のビジネス・トレンド・ベスト10の一つに「利益から目的(“From Profit to Purpose”)の時代である」というメッセージを挙げた。そのための新しいフレームワークが「目的工学」である。会社の究極の目的とは何か?――この単純で深遠な問いを掘り下げる。

    取扱ストア
    kobohontokindle

  • リバース・イノベーション 新興国の名もない企業が世界市場を支配するとき

    ビジャイ・ゴビンダラジャン/クリス・トリンブル:著 渡部 典子:訳

    もはや単なる輸出では勝てない。新興国の巨人が先進国に攻めてくる前に、新興国市場を攻略せよ。全世界的ベストセラー!! 世界トップ3の経営思想家(2011年Thinkers50)が、豊富な企業事例を交えて近未来の競争のルールを提示する。画期的な新戦略コンセプト「リバース・イノベーション」の唯一の原典。

    取扱ストア
    kobohontokindle

前へ 1 ... 74 75 76 77 78 79 80 ... 84 次へ

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ