【5月9日開催】『社長は労働法をこう使え!』刊行記念・著者無料セミナー

 

mukai.jpg





「3万人のうち、わずか100人」全国にいる弁護士のうち、労働法を専門とする「経営者側」の弁護士の数です。会社と労働者のトラブルでは、会社に正義があることも多いのに、多くの社長が孤独な戦いを強いられています。そんな状況をすこしでも改善したいと思い、本書『社長は労働法をこう使え!』を書きました。セミナー当日は、本には書けなかった司法の裏話や、「モンスター社員・ぶら下がり社員」への効果的な対応法をお話したいと思います。



【セミナー概要】

日時:2012年5月9日(水)19時開演(18時30分開場)20時30分終了予定
場所:東京・原宿  ダイヤモンド社9階セミナールーム
         (東京都渋谷区神宮前6-12-17)
料金:無料(事前登録制)
定員:70名(先着順)
                  ********************
                                 ⇒セミナーお申込み込みは、こちらから
                                      (定員のため締め切らせていただきました。)
                                            ********************


【著者紹介】

向井 蘭(むかい・らん)
1975年山形県生まれ。東北大学法学部卒業。2003年に弁護士登録。狩野・岡・向井法律事務所所属。経営法曹会議会員。労働法務を専門とし、解雇、雇止め、未払い残業代、団体交渉、労災など、使用者側の労働事件を数多く取り扱う。企業法務担当者向けの労働問題に関するセミナー講師を務めるほか、『ビジネスガイド』(日本法令)、『労政時報』(労務行政研究所)、『企業実務』(日本実業出版社)など数多くの労働関連紙誌に寄稿。著書に、『時間外労働と、残業代請求をめぐる諸問題』(共著、産労総合研究所)、『人事・労務担当者のための 労働法のしくみと仕事がわかる本』(日本実業出版社)がある。


【新刊書籍内容】

向井 蘭著 定価1,680円
    向井 蘭著
   定価1,680円

経営者・人事担当者・管理職のために、労働法の基礎と労務トラブルへの対処法を解説するビジネス実用書。法律と現実のあいだのズレを知ってもらったのち、ふんだんな事例とともに、問題社員の辞めさせ方や労組への対応法を説明する。全国に100人ほどしかいない、「経営者側」に特化した労務専門の弁護士による画期的な一冊。






ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト