企業の社会的責任を超えて ネスレ:CSVは競争力となる(インタビュー) DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

内容紹介

企業の社会的存在が巨大となった20世紀。もはや経済活動を担う存在のみならず、社会的な責任を求められるようになった。CSR(corporate social responsibility)の考えの台頭である。一方でCSRは株主価値を高めることとの関係が曖昧であると批判されることもあった。その頃、戦略論の大家マイケル・ポーターが提唱したのが、CSV(creating shared value)である。つまり、経済価値と社会的価値の両立を追求する新たな戦略論である。今日、CSVを最も積極的に取り入れる企業の一つが、ネスレだ。世界最大の食品メーカーである同社は、スイスに本社を置き、世界のほとんどの国々で事業展開するグローバル企業の代表でもある。ネスレがCSVに取り組んできた背景には、会長のピーター・ブラベック-レッツマット氏がリーダーシップを発揮してきた点が大きい。世界を代表する企業が、なぜCSVを推進してきたのか。ブラベック会長にインタビューした。

下記のサイトでご購入いただけます。

(サイトによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 週刊ダイヤモンド定期購読バナー(常設・CP)
  • Adinfo
  • ダイヤモンド社「電子書籍アプリ」および「中谷彰宏文庫」サービス終了のお知らせ