ロスジェネの逆襲

池井戸 潤:著
定価:本体1,500円+税
発行年月: 2012年6月 取り扱い可能
判型/造本:46並製
頁数:386
ISBN:978-4-478-02050-0

内容紹介

やられたら倍返し― 子会社に飛ばされたバブル世代の主人公。親会社から受けた圧力や嫌がらせは知恵と勇気で倍返し。 直木賞受賞作家、池井戸潤による、企業を舞台にした痛快エンタテインメント小説! 半沢直樹シリーズ第3弾。

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

losjene_banner.jpg

上のバナー画像をクリックした後に開いたページで、「電子ブックを開く」ボタンを押すとご覧になれます。
スマートフォン、タブレットPCでの閲覧には、ActiBookアプリ(無償)のダウンロードが必要となります。

「半沢直樹」シリーズ第三弾。ドラマの続きはこの本で!

「倍返し」で2013年流行語大賞にも選ばれた、大人気テレビドラマ「半沢直樹」のシリーズ第3弾が、この『ロスジェネの逆襲』。ドラマのラストで無念の出向となった半沢、新たな敵にも倍返しなるか!?

あらすじ

ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばず。

そこにIT企業の雄、電脳雑技集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。

アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。

ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。

責任を問われて窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森下雅弘とともに、周囲をアッといわせる秘策に出た――。

著者プロフィール

池井戸 潤(いけいど・じゅん)

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。他の代表作に『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』や、この作品のシリーズ前作となる『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』などがある。

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト