統計学が最強の学問である データ社会を生き抜くための武器と教養

西内啓 著
定価:本体1,600円+税
発行年月: 2013年1月 取り扱い可能
判型/造本:46並製
頁数:310
ISBN:978-4-478-02221-4

内容紹介

統計学はどのような議論や理屈も関係なく、一定数のデータさえあれば最適な回答が出せる。そうした効能により旧来から自然科学で活用されてきたが、近年ではITの発達と結びつき、あらゆる学問、ビジネスへの影響力を強めている。こうした点から本書では統計学を「最強の学問」と位置付け、その魅力と可能性を伝えていく。

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

無料動画公開 八嶋智人が『統計学が最強の学問である』を講義
する!

この動画は、2014年8月10日に行われた【八嶋智人が大学教授に挑戦! 「本の講義」演劇プロジェクト】を収録したものです。

2015年1月20日までの期間限定公開となります。

  https://www.diamond.co.jp/go/toukeigaku/


■TBSテレビ「ベストセラー講義」用 『統計学が最強の学問である』無料版

こちらからPDFファイルをダウンロードできます。

「ベストセラー講義」と連動したウェブ記事でも同じ内容を読むことができます。

 

■第5刷までの誤りについて

 

『統計学が最強の学問である』52頁に誤りがありましたので、下記のように訂正いたします。第6刷以降は修正が反映されております。誠に申し訳ございませんでした。

 

【52頁小見出し】

 

(誤) サンプルを1万増やしても標準誤差は0.3%しか変わらない

(正) サンプルを1万増やしても標準誤差は0.1%しか変わらない

 

【52頁本文】

 

(誤) サンプリングデータの数が100名分しかなければその標準誤差は9.5%

(正) サンプリングデータの数が100名分しかなければその標準誤差は4.6%

 

(誤) 「女性の割合が51%~89%と考えてほぼ間違いない」という

(正) 「女性の割合が61%~79%と考えてほぼ間違いない」という

 

(誤) 1000名いれば標準誤差は3%となり「女性の割合が64%~76%と考えてほぼ間違いない」

(正) 1000名いれば標準誤差は1.4%となり「女性の割合が67%~73%と考えてほぼ間違いない」

 

(誤) 8000名を超えて標準誤差が1%となると「女性の割合が68%~72%と考えてほぼ間違いない」

(正) 8000名を超えて標準誤差が0.5%となると「女性の割合が69%~71%と考えてほぼ間違いない」

 

(誤) (なお、1万名分使っても標準誤差は0.9%で、2万名分でも0.6%にしかならない)

(正) (なお、1万名分使っても標準誤差は0.4%で、2万名分でも0.3%にしかならない)

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト