• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語

わが子の語学力のために親ができること全て!

  • 紙版
  • 電子版

ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語

わが子の語学力のために親ができること全て!

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 斉藤 淳 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2017年12月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:328
  • ISBN:978-4-478-10237-4

内容紹介

IQ・論理力が高まり、みずから学ぶ子になる!言語学、脳科学、教育心理学…科学のエビデンスに基づいた“英語ペラペラ”だけでおわらない「学習法&環境づくり」の最強メソッドとは? バイリンガルの姉弟2人を育てた元イェール大学助教授が語る、超人気塾で3000人が実践してきたメソッド!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

Prologue なぜ英語が「本当に賢い子」を育てるのか

科学的な知見に基づいた「英語の最短ルート」/イェール留学生ですら、日本人は英語が下手/従来の教育法で「英語が話せる子」が育たないワケ/「英語力」は親から子への最良のプレゼント/英語力と知性は「環境づくり」が9割/子どもに「小さな分岐点」を手わたそう

Part1 基本編

英語力が伸びる子、伸びない子……どこが違うのか?/「英語ができる親」ほど、子どもの英語力をつぶす?/すべては「間違った学び方」を捨てるところから/言語習得には「科学的な結論」がほぼ出ている/理論は理論。「年齢別のメソッド」も不可欠

Chapter1 英語を“自分で”学べる子に育てる ── [発想転換①]「文字」ではなく「音」から学ぶ

「最高の語学習得法」は赤ちゃんが知っている/音から入れば、短期間で一気に上達する/英語学習の「世界標準」としてのフォニックス/「本当の音」を脳に覚えさせるフォニックス学習法/「初めて目にした単語」でも読めるようになる/知らない単語も、聞いただけで書けてしまう/フォニックスは「自ら学ぶ子」の土台をつくる/「カタカナルビ」は害悪でしかない/「ローマ字」や「発音記号」から親しむのはどうか?/アルファベットの「書き順」も気にしなくていい

Chapter2 「英語のアタマ」をわが子に授ける ── [発想転換②]「断片」ではなく「かたまり」で学ぶ

小さい子に「英文法ファースト」はNG/受験英語に共通する「モジュール積み上げ」の考え方/「加工食品のような英語」ばかり摂取させない/「映像」で学べば、英語の「消化力」は飛躍する/文法学習では「状況」が抜け落ちてしまう/なぜ「カードで覚えた単語」は役に立たない?/子どもの単語は「ピクチャーディクショナリー」が最強/言葉のルールを「自分で発見」させる

Chapter3 「ただの英語上手」で終わらない ── [発想転換③]「英語を」ではなく「英語で」学ぶ

「英語だけ」ではもったいない/「英語嫌い」になったら、元も子もない/興味分野の英語で、「推測読み」の力が身につく/「親のひと言」で消えたやる気は、なかなか戻らない/英語だけで学ぶと、かえって効率は下がる/「本物」の英語ですか? ── 素材のオーセンティシティ

Chapter4 優秀な親ほど誤解する5つのこと

誤解1 片言でも会話ができれば十分
真実 「幼稚な英語」だと損する!
 「イマージョン(英語漬け)だけ」は何が問題か?/「帰国子女の英語は使えない」と言われる理由/「本当の語学力」を測定するCEFRとは?/日常会話レベルでは、子どものためにはならない

誤解2 学校の「英語」と「英会話」は別物
真実 本物の英語力があれば、入試もカンタン
 なぜ「英会話スクール」だけでは「成績」が伸びない?/小学生でも「英語」に成績がつくようになる/「問題だらけの小学校英語」にもチャンスは眠っている/対象になるのは何年生まれの子から?/「英語の成績がいい子=秀才タイプ」ではなくなる/直近の大学入試でも「変化」は起きている

誤解3 12歳では手遅れ。幼児から英語教育を!
真実 「臨界期」は仮説。焦る必要なし
 何歳が「学習のリミット」なのか?/早くから親しむのは悪いことではない/ベストな学習法は「時期」によって変わる!/「都会のほうが英語は有利」はホント?/「方言」で育つと、「英語」で得する?

誤解4 それでもバイリンガルに育てたい!
真実 通常の英語学習で「頭のいい子」は育つ
 世界で活躍するのに、バイリンガルである必要はない/バイリンガルの娘を持つ父として感じること/なぜバイリンガルは「知能が高い」のか?/「2言語翻訳」ではなく、「2つの脳の切り替え」/「同時通訳者」のマネでは、英語力は伸びない/「英語を学んで、国語の点数が上がる」のメカニズム/英語学習が「論理力アップ」の最短ルート

誤解5 私は手遅れ。とにかく子どもの英語力を!
真実 子どもは親の「学ぶ姿勢」を見ている
 親の英語力も「子ども英語」で伸びる/「教え役」ではなく「学友」になろう/子どもは「親の学ぶ姿勢」を見ている

Part2 実践編

結局、「何から」「どの順番」がベスト?/「小3で英検準2級」だって夢じゃない/わが子の「技能特性」を知っていますか?/途中からでもキャッチアップは簡単/万人向け原理を「ウチの子専用」に最適化する

Chapter5 「英語が大好きな子」を育てる最高の環境づくり

つい「英語のお勉強をしよう」と言っていませんか?/「appleはリンゴ」と教えると、何がマズいのか?

Stage1 英語で「遊んで」好きになる ── Activity Based Approach
 「好き」ベースの学習は「3歳から」がベスト/何かに「のめり込む力」は一生モノの財産
  HINT① TPRで「身体ごと」馴染もう
  HINT② 英語で「声かけ」してみよう
  HINT③ 「親の声」で読み聞かせしよう
  HINT④ ゲームで英語にのめり込もう

Stage2 英語が「気になる耳」になる ── Phonemic Awareness
 聴いてないようで、よーく聴いている/「口の動き」の映像がベター
  HINT① フォニックスを体験してみよう
  HINT② 動画を見ながら、マネしてみよう
  HINT③ 「英語が目に飛び込む部屋」をつくろう
  HINT④ モータースキルと組み合わせて相乗効果!

Stage3 英語にも「文字」があると気づく ── Literacy Based Approach
 音に「文字」で輪郭を与えていく時期/あくまでも「図形」のように楽しむ/「例外の音」を学び、フォニックスを補強する
  HINT① サイトワーズは遊んで学ぼう
  HINT② 大文字と小文字があることを理解しよう
  HINT③ 絵本のセリフを発音してみよう
  HINT④ ピクチャーディクショナリーをプレゼントしよう

Chapter6 「英語に自信がある子」になる最高の生活習慣

英語は「自信のある子」を育てる/他教科がイマイチでも、英語なら大丈夫!/「音:文字」の比率を「7:3」くらいにシフトする/高学年あたりで初めて「日本語での理解」を/デジタル機器をフル活用する

Stage4 英語の「音と文字」を結びつける ── Balanced Literacy Approach
 学びの「基礎力」を身につける時期/「それぞれの文字」に「それぞれの音」だと気づく
  HINT① フォニックスクイズをやってみよう
  HINT② 英語は「静かにお勉強」はNG
  HINT③ 本を読む習慣をつけよう
  HINT④ 「リピーティング」で子どもの脳が変わる

Stage5 英語で「コンテンツ」を楽しむ ── Content Based Approach
 「自分」が出てきたら、アプローチを変える/テレビを見せるくらいなら、YouTubeで英語を/「自分なりのセンテンス」を書けるようになる
  HINT① 英語のロールモデルを見つけよう
  HINT② 英語でサイエンス! はじめてのCLIL
  HINT③ 英語日記で「書く楽しさ」に触れる
  HINT④ ゲームで楽しく英語を学ぼう

Stage6 英語にも「ルール」があると理解する ── Content Based Approach
 10歳までは「日本語で英語を学ぶ」のは不要/「学びモレ」を短期間で埋めるには?/文法学習で自信を奪わないように
  HINT① 「散らかった英語脳」を整理しよう
  HINT② 文法は「質問できる」を目標にする
  HINT③ お気に入り映画を「文章」で体験する
  HINT④ 「文通・支援」で社会問題にも目を向けさせる

Chapter7 「英語で考える力」が身につく最高のサポート

英語力を「爆発」させるチャンス!/中学進学と同時に「英語嫌いの子」は増えやすい/TOEFL、英検……語学資格はどれがベスト?/「まともな英語塾」を選ぶ7つのポイント

Stage7 英語の「全文法」をマスターする ── Grammar Based Approach
 「英文法に6年」なんて時間のムダ……/早期に文法をマスターすると、なぜ「おいしい」のか?/中学以降は「シャドーイング」が最強である理由/「映像×音読練習」で英語脳をつくる/「海外旅行」「ホストファミリー」も立派な環境づくり/「地方公立中」から「イェール大」へ行った勉強法
  HINT① なりきって「映像シャドーイング」しよう
  HINT② 中学3年間で英文法をコンプリート!
  HINT③ 「1冊を読み通せた!」という自信を持たせよう
  HINT④ 「間違いを気にせず書く」体験をさせよう

Stage8 英語で「知性と教養」を磨く ── Content and Language Integrated Learning
 英語について学ぶことはもうない/CLILで「語彙力」は磨かれ続ける/「余裕のある子」は英語で育つ
  HINT① 英語でアカデミックなコンテンツに触れよう
  HINT② フィクションの読み物に挑戦しよう
  HINT③ 日本にいながら海外体験
  HINT④ 海外留学は人生そのものを変える

Epilogue 「世界で通用する人」とは?

参考文献

おわりに ── 藤田悠(編集者)





著者紹介

斉藤淳(さいとう・じゅん)
J PREP斉藤塾代表/元イェール大学助教授/元衆議院議員。
1969年、山形県生まれ。イェール大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。研究者としての専門分野は比較政治経済学。ウェズリアン大学客員助教授、フランクリン・マーシャル大学助教授、イェール大学助教授、高麗大学客員教授を歴任。
2012年に帰国し、中高生向け英語塾を起業。「第二言語習得理論(SLA)」の知見を最大限に活かした効率的カリキュラムが口コミで広がり、わずか数年で生徒数はのべ3,000人を突破。海外名門大合格者も多数出ているほか、幼稚園や学童保育も運営し、入塾希望者が後を絶たない。
著書に『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』(KADOKAWA)、『10歳から身につく 問い、考え、表現する力』(NHK出版新書)、また研究者としては、第54回日経・経済図書文化賞ほかを受賞した『自民党長期政権の政治経済学』(勁草書房)がある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

本書のサポートページ

書籍内で紹介したおすすめ教材や学習コンテンツ、その他の最新情報を不定期で更新予定です。

https://booksdiamond.wixsite.com/childenglish

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック