• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

HOPE

都市・企業・市民による気候変動総力戦

  • 紙版
  • 電子版

HOPE

都市・企業・市民による気候変動総力戦

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • マイケル・ブルームバーグ 著/カール・ポープ 著/国谷裕子 監訳/大里真理子 訳
  • 定価:1980円(本体1800円+税10%)
  • 発行年月:2018年10月
  • 判型/造本:46上製
  • 頁数:400
  • ISBN:978-4-478-10621-1

内容紹介

世界的な企業・金融情報会社であるブルームバーグの創業者で、元ニューヨーク市長が、官民両方の視点から導き出した気候変動の問題を解決に導く新しいアプローチ。企業や都市行政、市民活動がどのように取り組めば、国に頼らない解決策が生み出せるか、具体的なヒントが得られる一冊。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

Part1 気候変動にたどり着くまで

Chapter 1 ゴリアテを追って ── カール・ポープ

Chapter 2 PlaNYC ── マイケル・ブルームバーグ

Part2 気候変動とは何か、なぜ重要なのか

Chapter 3 気候変動の科学 ── カール・ポープ
 そもそも気候変動とは何か
 12000年にわたる安定した気候が文明化を可能にした
 気候を脅かす汚染物質のジャズアンサンブル
 気候汚染物質のライフサイクル
 不確実性と気候変動の否定
 1つの戦いには複数の前線がある

Chapter 4 危険な賭け ── マイケル・ブルームバーグ
 海面上昇
 過酷な暑さ
 政治的不安定
 海洋生物

Part3 石炭からクリーンエネルギーへ

Chapter 5 石炭の代償 ── マイケル・ブルームバーグ
 参戦
 市場が挑む石炭戦争
 過去への補助金
 世界の中の石炭

Chapter 6 グリーンパワー ── カール・ポープ
 屋根の上のソーラー戦争
 太陽は夜には輝かない
 新たな電力をめぐる駆け引き

Part4 環境に優しい暮らし

Chapter 7 私たちが住む場所 ── マイケル・ブルームバーグ
 より良いビルへ
 勢いをつくる

Chapter 8 どう食べますか ── カール・ポープ
 食料の未来
 どのように栽培するか

Part5 移動の手引

Chapter 9 都市がハンドルを握る ── マイケル・ブルームバーグ
 道路をシェアする
 バスと路面電車に乗ろう
 ドライバーのいない運転席

Chapter 10 たそがれの石油 ── カール・ポープ
 高性能自動車
 こじれてしまったロマンス
 貨物輸送
 空を飛ぶ
 自動車の再発明
 移動手段の革命に向けて
 石油の値段

Part6 クールな資本主義

Chapter 11 製造業と気候変動 ── カール・ポープ
 ガス漏れ
 木材の違法取引
 無駄遣いすることなかれ
 HFCよ、安らかに眠れ
 次なる革命 ── 資源イノベーション

Chapter 12 投資と気候変動 ── マイケル・ブルームバーグ
 気候を会計に取り込む
 投資の障壁
 資金、その調達の仕組み
 与えられるべき信用

Part7 変化への適応

Chapter 13 レジリエンスのある世界 ── カール・ポープ
 気候は修復できるか
 気候回復の鍵
 河川は河川の役割を果たす
 レジリエンスのジレンマ
 世界を養う
 地球規模の新「緑の革命」

Chapter 14 ニューノーマル ── マイケル・ブルームバーグ
 クヌートを忘れない
 自然を味方に
 精密な解決プラン
 雨
 熱
 感染症
 干ばつ

おわりに 前に向かって

政治の機能不全を修正する
大都市ができること
すべての人に機会を

謝辞

監訳者あとがき





著者

マイケル・ブルームバーグ(Michael Rubens Bloomberg)
グローバルメディアと金融情報会社であるブルームバーグL.P.の創設者。第108代ニューヨーク市長。マサチューセッツ州ボストン生まれ。1964年にジョンズ・ホプキンス大学卒業後、ハーバード・ビジネス・スクールで経営管理学修士号(MBA)を取得。証券会社大手ソロモンブラザーズに入社しパートナーとなる。1981年に同社を退社し、ブルームバーグを設立。2001年にニューヨーク市長選に共和党より立候補し当選。2002年から2013年まで3期にわたり同職を務める。世界で最も著名な慈善事業家の一人であり、これまでに、環境問題をはじめとする社会課題の解決に取り組むさまざまな組織や団体に60億ドル以上を寄付している。

カール・ポープ(Carl Pope)
1892年に設立され、会員とサポーターを合わせて350万人を誇る米国の環境保護団体シエラクラブの元最高執行役員兼会長。現在、インサイド・ストレート・ストラテジーズの主任顧問として持続可能性と経済発展を結び付ける経済を模索している。他にもカリフォルニア・リーグ・オブ・コンサベーション・ヴォーターズ、ナショナル・クリーン・エア・コアリッションなど、数々の団体の役員を務めている。


監訳者

国谷裕子(Hiroko Kuniya)
米国ブラウン大学卒業。NHK衛星放送「ワールドニュース」のキャスターを経て、1993年から2016年までNHK総合「クローズアップ現代」のキャスターを務める。2016年からSDGs(持続可能な開発目標)の取材・啓発活動を行っている。2011年日本記者クラブ賞、2016年ギャラクシー賞特別賞を受けるなど、多数の受賞歴がある。著書に『キャスターという仕事』(岩波新書)。


訳者

大里真理子(Mariko Ohsato)
アークコミュニケーションズ代表取締役。東京大学卒業後、日本アイ・ビー・エム入社。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得後、ユニデン、アイディーエスを経て、2005年に翻訳・通訳・Web制作を提供するアークコミュニケーションズを設立。


企画

ブルームバーグ(Bloomberg L.P.)
経済・金融情報の配信から、通信・メディア事業を手がける米国の総合情報サービス会社。本社はニューヨーク。1981年の設立以来、経営や投資の意思決定に必要なデータやニュース、革新的テクノロジーを基盤とした高付加価値な分析・取引ツールを提供。世界中の金融機関、事業法人、商業銀行、中央銀行、政府機関、大学、研究機関、そして個人富裕層を情報、人、アイデアのダイナミックなネットワークに結び付けている。世界176の拠点を持ち、社員数は1万9000人を超える。

ブルームバーグ フィランソロピーズ(Bloomberg Philanthropies)
ブルームバーグ フィランソロピーズは、人びとがより豊かで、より長い人生を謳歌できるよう取り組んでいる。アート、教育、環境、政策革新、公衆衛生の5つを重点分野とし、常に変革を推し進めている。ブルームバーグ フィランソロピーズは、マイケル・ブルームバーグが設立した基金、個人としての寄付、ブルームバーグの企業としてのフィンランソロピー活動など、マイケル・ブルームバーグの慈善活動すべてを網羅。2017年にブルームバーグ フィランソロピーズは7億2000万ドルを拠出し、120カ国以上の約480都市でさまざまなプログラムを支援した。


企画協力

自然エネルギー財団(Renewable Energy Institute)
自然エネルギーに基づく社会を構築するために設立。調査研究や政策提言を軸に、国際会議やメディア勉強会を開催、企業や自治体、NGOのネットワーク作りも展開している。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック