• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル

  • 紙版
  • 電子版

10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 遠藤 洋 著
  • 定価:1760円(本体1600円+税10%)
  • 発行年月:2020年12月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:288
  • ISBN:9784478112229

内容紹介

10万円から始め、収入から投資額を追加し、1年で100万は十分目指せる。すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる。
1000万円を突破すれば、100万円を1000万円に増やした感覚で、1000万円を1億円に増やせるようになる。【実践バイブル】で、その手法を全公開!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

株で儲かる人・損する人は、ここが違う!

Prologue 小型株集中投資はトレード(投機)ではない!

小型株集中投資とFXや先物との違いは?
お金と時間を最大限有効活用する投資法

STEP1 大事なのは「株価」でなく「時価総額」

「時価総額」に着目するクセをつけよう
なぜ小型株がいいのか?
なぜ集中投資がいいのか?
「投資家レベル」を5段階でチェック!
「勝てる投資家」と「勝てない投資家」の違い
あなたには「投資戦略」がありますか?
全部揃ったら買い! 3つのポイント
1つでもあてはまったらスルー! 3つのポイント
LONG COLUMN ① お金持ちはみんな株を持っている

STEP2 「投資戦略」をつくってみよう

「いつまでに」「いくらの株価」を目標とするか?
投資前に想定しておく4つのポイント
自分の投資戦略を守ることなく成功はない
シナリオからの「期待値」で投資判断しよう
実例から投資戦略を立ててみよう
「時価総額」と「市場規模」で伸びしろがわかる
同じ業界の「時価総額トップ10」と比べてみよう
実践ワーク① 業界別に会社の伸びしろを考えてみよう
実践ワーク② 競合他社と「売上」を比べて伸びしろを考えてみよう
伸びしろを予測して10倍株(テンバガー)へ成長!
LONG COLUMN ② 東証1部に駆け上がる会社の見つけ方

STEP3 「値上がり株」の見つけ方

業績がいいのに株価が低迷している会社は狙い目?
株は上がり始めてから買えばいい
上がる株は上がり続け、下がる株は下がり続ける
急に上がった株は急に下がる
株価急落4つのシグナル
株価上昇4つのシグナル
実例で見る株価上昇パターン
買った後は1日1回の株価チェックでOK
LONG COLUMN ③ お金の流れを考えよう

STEP4 勝つ投資家は情報を「捨てる」

勝てる投資家の情報収集術
実践ワーク
投資情報を読み解く3つのポイント
そのニュースが業績にどれほど影響を与えるか?
株価が下がったら買いのチャンス?
値下がり後に反発する3つの条件
LONG COLUMN ④ あなたは1本300万円のウイスキーを買いますか?

STEP5 必要最小限の株価チャートの見方

「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」のいいとこ取り
株価チャートは精度があいまいな測定器
必要最低限でOK! 移動平均線の読み方・使い方
3本線のサインを見逃すな! 上昇トレンド編
3本線のサインを見逃すな! 下降トレンド編
実践ワーク①
どの時間軸の移動平均線を見ればいいの?
「ローソク足」の読み方・使い方
実践ワーク②
実践ワーク③
「地上株」と「地底株」を見極める
「押し目」を見極める
実践ワーク④ 地上株と地底株を見極めよう!
「直近高値」と「直近安値」を意識しよう
「直近高値」「直近安値」の見方・使い方
「出来高」の見方・使い方
「板」の見方・使い方
株価は「成行注文」が入って初めて動く
「厚い板」と「薄い板」のメリット・デメリット
「買い」が優勢? 「売り」が優勢?
「ストップ高」と「ストップ安」
「見せ板」に注意!
実践ワーク⑤ 板情報を読みとろう
この形を探せ! 完璧な「買いタイミング」
チャートで見る「売りタイミング」
実践ワーク⑥ チャートを参考に投資判断してみよう
LONG COLUMN ⑤ なぜ株価は上がったり下がったりするのか?

STEP6 株を買った後はどうすればいい?

業績好調なのに株価が下がるのはなぜ?
明日は決算発表! どうすればいい?
慣れてきたら「特別枠」を活用してみよう
買った後の3つの対処法
値下がりしたらどうする?
「株価が全然動かない!」ときの対処法
LONG COLUMN ⑥ 保有株を売る? 持ち続ける?

STEP7 保有株が暴落したらどうすればいい?

「株価暴落」4つの予兆
「株価暴落」2つのパターン
不景気なのに上がる株
「信用取引」の注意点
「相場退場」3つのパターン
LONG COLUMN ⑦「投資家」と「ふつうの消費者」を分ける考え方

Epilogue コロナショックの裏側

最初の「違和感」と暴落の「前兆」
暴落時の対応策
コロナショックで着目した「恐怖指標」とは?
コロナショックで「上がった株」
コロナショックで「下がった株」
コロナショックからの「コロナバブル」
悪材料で上がるバブル相場に突入!?
コロナショックによる経済停滞
コロナショックでわかったこと
ウィズ・コロナ時代の株式投資
LONG COLUMN ⑧ 「変わるもの」と「変わらないもの」を見極める

おわりに





著者

遠藤洋(えんどう・ひろし)
投資家・自由人。1987年埼玉県生まれ。東京理科大学理工学部電気電子情報工学科在学中の夏休み、なにか新しいことをやってみようと、家庭教師のアルバイトで貯めたお金を元手に知識ゼロの状態から投資をはじめる。すると、有名企業の株より小型株、分散投資より集中投資のほうが実は低リスク・高リターンであることを実体験。大学卒業後、ベンチャー企業に入社するも、投資で得た莫大な資金を元手に26歳で独立。本質的な価値を見極め「1年以内に株価3倍以上になる小型株」へ集中投資するスタイルで、最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成。噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用してほしい」と頼まれたこともあるが、いまのところ外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。現在は投資しながら1年のうち半分は国内外を旅して自由を謳歌しつつ、次世代を担う投資家や事業の育成に力を入れている。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック