• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

7時間で英語が突然ハッキリ聞こえて会話が続く本

  • 紙版
  • 電子版

7時間で英語が突然ハッキリ聞こえて会話が続く本

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • デイヴィ・ラウ 著
  • 定価:1650円(本体1500円+税10%)
  • 発行年月:2021年02月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:240
  • ISBN:9784478112588

内容紹介

あなたはすでに、英語の知識は持っている。使い方のコツを知らないだけ! 本書は「英語の教則本」ではなく、「英語のユーザーズマニュアル」だ。「日本語の言語的特性」と「日本人の性格」を知り尽くし、1000人の日本人をペラペラにした著者が、外国人と英会話が続くコツを教える。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

本書の成り立ち

この本の登場人物

PRE LESSON 初期設定 英語の苦手意識を完全、デリート!

●あなたの中には、すでに英語がたくさん眠っている
日本人は最初から英語を2000単語以上、知っている!
●日本人は誰でも、外国人の5歳児以上の語彙力がある
●カタカナ英語と中学文法で、すぐに会話できる!

LESSON1 第1時間目 カタカナ英語が英語っぽくなる!

●ネイティブみたいに話すための一番大事なルールって?
多くの日本人が知らない英語と日本語の根本的な違い
●日本語は母音で、英語の多くは子音で終わる
●日本語は手拍子を打つリズムで発音
●「マクドナルド」ではなく「マ・ド・ノ(d)」
「音節読み」を身に付ければ、一気に英語っぽくなる!
●「モーラ読み」から「音節(シラブル)読み」へ
●母音の入っているところが、1つの音節に
●余計なモーラを取り除き、音節の数で発音
部屋にあるモノを「音節読み」で発音
子音の発音ルールを、知ると知らないとで大違い
●英語特有の発音を身につけるには?
●語尾が子音で終わる単語の発音
●日本語にはない発音もルールが分かれば怖くない
 COLUMN 英語らしい発音のためのテクニック 「n」は「ン」とは読まない
 LET'S TRY! 子音の発音練習
日本人が特に苦手な7つの子音も簡単に克服できる!
●コツさえ分かれば簡単! 安心して練習しよう
 LET'S TRY! 英語の発音が10倍よくなる発声練習

LESSON2 第2時間目 短文がネイティブみたいに話せる!

●「イソケ」って何? 日本人が苦手な発音ルール
リエゾン(連結音)が分かれば英語がみるみる聞こえ出す!
●「イソケ」「ウォサペニ」って何?
●「ta/ti/tu/te/to」は「ラ/リ/ル/レ/ロ」?
 COLUMN 単語が母音で始まらなくても、つながって発音することがある
英語の母音の発音は、ローマ字読みでは通じない
●「A・I・U・E・O」は「アイウエオ」ではない?
●まずは基本の「A/E/I/O/U」から始めましょう
 COLUMN 「今日は暑い」のhotはアメリカでは「ハ(t)」
●「A/E/I/O/U」以外の母音の発音ルール
●母音が2つ続く「重母音」の発音
アクセントは基本ルールだけで9割解決できる!
●大原則は「単語は高く始めて下げていく」
●音節が4つになると3つ目にアクセント
●接頭辞(プリフィックス)のすぐ後がアクセント
●接尾辞(サッフィックス)の直前がアクセント
●2つの同じ子音が母音の前に重なった時には
 COLUMN 英語らしい発音のためのテクニック 音節の長さ
スマホで、自分の発音が正しいか確認しよう
●英語学習ではITを味方につけよう
●まず「Google翻訳」をダウンロード!
●正しい発音が分からなくなった場合は
 LET'S TRY! ケイコの東京案内①

LESSON3 第3時間目 リズムに乗れたら、英語がたちまち聞こえ出す!

●大切なのはスピードよりも「リズム」です!
英語を話す時は舞台役者になったつもりで!
●英語では音の強弱で自分の気持ちを表す
リズムが分かれば、英語が聞こえる!
●まずは自分がリズムに乗るべし
●リズムがあるだけで、いきなり英語らしくなる!
英語の歌を20回歌えばどんどん「聞こえる」ように
●英語の歌を何度も歌うとリズムが習得できる
●「IMAGINE」で英語のリズムを体で覚える
相手の英語は、「3割」分かればいい!
●一言一句漏らさずに聞くなんて、誰もやっていない
●「点」から「線」へ想像を働かせる
●短い文から長い文へ
 LET'S TRY! 点から線につなげる
長文の聞き取りは「区切り」ポイントがキモ
●区切りを見つけて意味を理解する
 COLUMN どうしても聞き取れない時は?
リズムに乗った相槌で、もっと会話を盛り上げる!
●一つ覚えの相槌「Oh...yes」からの脱出
●相槌を打つ際に大事なのは2点
 LET'S TRY! 英語でカッコイイ相槌を打つ
 LET'S TRY! サトシのシンガポール出張①

LESSON4 第4時間目 日本人の「恥の心理」=メンタル・ブロックを吹き飛ばす!

●日本人固有の「恥の文化」が英会話の上達を妨げている!
ノン・ネイティブが世界標準! 日本人なまりは気にしない!
●必要とされるのは簡単で分かりやすい英語
●正確な英語より堂々とした態度が重要!
●日本人なまりに誇りをもとう!
「語順」さえ間違わなければ英語は通じる、と自信を持つ!
●日本人が最も間違いやすいのは「語順」
●肯定文は、必ず「S+V+…」で始まる
●「時制」については今は考えなくてOK
自信をもって話すには、「準備」がいちばんの近道
●「準備」は常に最善の策である
●どんな場合にも万能な自己紹介を考える
●相手と距離を縮める自己紹介の10のテーマ
会話のキャッチボールが続く「質問例」を用意する
●コミュニケーションは質問から始まる
 COLUMN 注意! みんなが知ってるその言い方は「ちょっと失礼」かもしれない……。
大きな声で適切な身振り手振り。それだけで伝わる、通じる!
●今すぐできて、すごい効果! ぜひやってみよう
 LET'S TRY! ケイコの東京案内②

LESSON5 第5時間目 つなぎ語のマジックでスラスラ話せる

●言いたいことがスラスラ言えて会話が弾むマジックとは?
「シンプルな短文」からすべては始まる
●コミュニケーションは子どもに学べ
8つの「つなぎ語」でどんどん話せる!
●当たり前だが、短い文もつなげば長くなる
●8つのつなぎ語の使い方
言葉に詰まったら再起動! 6つの「つなぎフレーズ」
●頭がフリーズした時もこれで安心!
「ほめ言葉」で「聞き上手」になれるのは世界共通の法則
●「ほめ言葉」のバリエーションを身につけよう
●「ほめ言葉」にもレベルがある
●ほめ度別・会話が盛り上がる「ほめ言葉」リスト
●「absolutely」は使い勝手のよい言葉
「短文」と「つなぎ語」で世界は動いている
●歴史に残る名言も、シンプルな短文とつなぎ語
 LET'S TRY! サトシのシンガポール出張②

LESSON6 第6時間目 「オウム返し」で会話が続く!どんどん続く!

●問いかけられたらどう返せばいい?
「オウム返し」の法則でどんな質問が来ても大丈夫!
●中学英語の英作文を思い出そう
 LET'S TRY! オウム返しの練習
「パラフレイズ」で話をどんどん広げる!
●新しい情報をプラスして会話に奥行きを
 LET'S TRY! パラフレイズの練習
話題に困ったら「5W+1H」を思い出そう
●話し上手の秘訣は万国共通
●5W+1Hで話を展開する
 LET'S TRY! ケイコの東京案内③

LESSON7 第7時間目 「必殺言い回し」で、おしゃべりが止まらない

●いつでも、どんな状況でも必ずしゃべれる人になる!
「発想別」の言い回しならどんな場面でも万能に使える
●場所や状況別ではなく「発想別」の言い方を覚える
●12パターンで「気持ち」は伝わる
① 誰かと会話を始めたい時 天気の話題はオールマイティ
② 何かの情報を聞きたい時 「Do you know~?」
●Please+命令形はやや強引な感じがする
③ 何かに誘いたい時 「Would you like to~?」
④ 何かを依頼したい時 「Can you~?」
⑤ 計画や希望をシェアしたい時 「I’d like to~」
⑥ 意見を述べたい時 「I think~」
●こちらの意見を返す時には
⑦ 何かをおすすめ、助言したい時 「How about ~?」
●返事をする時には
⑧ 好意で何かをしてあげたい時 「Let me~」
⑨ 何かについて報告したい時 「過去形」で
⑩ 感謝の気持ちを伝えたい時 「very kind of you」
⑪ 期待を伝えたい時 「It’ll be great if~」
⑫ 会話を終わらせたい時 「I must go...」
●「さようなら」のバリエーションを知っておく
 COLUMN いつでも使える究極の必殺フレーズはこれだ!
 LET'S TRY! サトシのシンガポール出張 完結編
 LET'S TRY! ケイコの東京案内 完結編

AFTER LESSON 課外授業 英語がどんどんうまくなる7つの習慣

●英語を「習慣」に取り入れれば日本にいてもどんどん上達
習慣1 英語でひとりごとをつぶやこう
習慣2 シットコムかメロドラマにハマる
習慣3 英語漬けの日を設ける
習慣4 英語のポップソングでなりきりヴォーカリストに
習慣5 お気に入りのテレビ番組や動画と連動
習慣6 自分の好きな分野を英語で学ぶ
習慣7 英語で祈る

おわりに

[巻末資料]中学英文法の基本

●文の種類
●基本の構文
●時制
●助動詞
●比較級と最上級
●不定詞
●間接疑問文






著者

デイヴィ・ラウ(Davy Lau)
シンガポール国立大学のMBAコースで英語コミュニケーション術を教えるシンガポール在住の国際投資家。投資会社DGL会長。香港の貧困家庭で生まれ育ち、高校卒業後、日本の文部省(当時)の奨学金で来日。東京外国語大学で日本語を学び日本語学科を首席で卒業、一橋大学大学院で修士号を取得。外資系企業勤務の後、スタートアップ企業を創業し、91年にシンガポール移住。世界“トップ5”のヘッドハンティング会社のグローバルパートナーやアジア支社長として、多国籍企業の幹部、社長採用や経営陣構築など数百件に携わる。また、アメリカ、香港、シンガポールなどの上場企業の役員も歴任。現在、シンガポール国立大学で、超効率的な英語コミュニケーションを5日間で仕上げる課程を多くの日本人も含む世界各国の留学生を対象に指導中。在日中から今までに英語を教えた日本人の数はのべ1000人以上。日本語や日本人の特性と、世界標準のビジネス英語の両方を知る稀有な外国人として、“日本人にとって最も効率的な”英語習得法を生み出す。本書が初めての著書になる。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック