地球を「売り物」にする人たち 異常気象がもたらす不都合な「現実」

マッケンジー・ファンク 著/柴田裕之 訳
定価:本体2,000円+税
発行年月: 2016年3月 取り扱い可能
判型/造本:46上製
頁数:464
ISBN:978-4-478-02893-3

内容紹介

北極海に眠る資源争奪戦に明け暮れる石油メジャー、治水テクノロジーを「沈む島国」に売り込むオランダ、水と農地を買い漁るウォール街のハゲタカ……壊れゆく地球すらビジネスチャンスに変わる「温暖化ビジネス」のえげつない実態を全米注目のジャーナリストが暴く。あらゆる紙誌で絶賛の嵐を巻き起こした現代の「必読書」

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

「北極が解ければ、 もっと儲かる」

氷の下の資源争奪戦に明け暮れる石油メジャー、
水と農地を買い漁るウォール街のハゲタカ、
「雪」を売り歩くイスラエルベンチャー、
治水テクノロジーを「沈む島国」に売り込むオランダ、
天候支配で一攫千金を目論む科学者たち……。

地球温暖化「後」の世界を見据えた 「えげつないビジネス」の実態とは?

内容紹介

「地球温暖化は悪いことだ」
21世紀を生きる私たちは、例外なくそう教え聞かされたことがあるでしょう。
また一方で、「地球温暖化なんて本当に起こっているのか」という懐疑論に与する人もいるでしょう。

しかし、世界を見渡してみると、もっと違う反応、つまり「温暖化が起こっているかどうか」ではなく、「温暖化は起こるものだ」という前提に立った、もっと現実的で資本主義的、利益第一主義的な反応があることを暴いたのが、本書『地球を「売り物」にする人たち』です。

有り体に言ってしまえば、アル・ゴアの『不都合な真実』によって希少性が認識されたことで生まれた、新しい市場です。

全米注目の若手ジャーナリストである著者が、世界24か国を6年かけて訪ね歩いて明らかにしたことをご紹介すると……。

◆北極海の氷が解けて現れた「北西航路」と油田の利権争い(第1章、第2章)
氷河がなくなって現れた油田と鉱山で潤い、独立に向かうグリーンランド(第3章)
人工雪製造機を、氷のなくなったアルプスに売り込むイスラエルのベンチャー(第4章)
涸れそうな河川の「水利権」を買い占めるヘッジファンド(第6章)
◆国家分裂に乗じて南スーダンの農地を買い漁るウォール街のハゲタカ(第7章)
◆旱魃前提の保険を売り、「契約した家だけを消火する消防隊」を持つAIG(第5章)
治水テクノロジーを「沈む島嶼国」に売り込むオランダ(第10章)
◆熱帯化で増えるデング熱撲滅のため遺伝子組み換え蚊を開発するバイオ企業(第11章)
「気候工学」の特許で利を得る、ビル・ゲイツも認めた科学者たち(第12章)

まるで人間の強欲さのカタログを見せられているような、本当の意味で「不都合な真実」の数々。
このままでは国土の5分の1が水没すると言われるバングラデシュや、全国民の移民も視野に入れているツバルなどの島嶼国への罪悪感を認識しつつも、「棚ボタ」的に現れたチャンスに反応する――
そうした人を、豊かな国に暮らし、多くの二酸化炭素を排出する先進国で暮らす私たちは、非難することができるでしょうか。

「温暖化が起こっているか否か」の議論はもはや不毛であり、この圧倒的な「新しい現実」を前に、私たち自身がどう行動していくのか
――そんな問いを本書は強く投げかけます。
なお、本書の原題Windfall は、「棚ボタ」の意です。

Windfall_PRzu.jpg
▲著者が世界各国の「現場」で撮影した写真の迫力にもご注目ください(本書冒頭口絵より)

下記のストアでご購入いただけます。

  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • エルパカBOOKS で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。)

ブック検索

タイトル、著者名、キーワードなどから検索できます。

  • 最新の新聞広告
  • 週刊ダイヤモンド定期購読201404
  • 書籍オンライン245px
  • 図書目録バナー
  • ドラッカー日本公式サイト