• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

おいでよ 森へ 空と水と大地をめぐる命の話

  • 紙版

おいでよ 森へ 空と水と大地をめぐる命の話

書籍情報

  • 紙版
  • 「おいでよ 森へ」プロジェクト 編
  • 定価:本体1,900円+税
  • 発行年月:2016年03月
  • 判型/造本:A4変並製
  • 頁数:76
  • ISBN:978-4-478-06607-2

内容紹介

豊かな緑を未来の地球に残していくために大切なのは、森を知り、森を楽しむこと。地球の未来を担う子どもたちに「森」のさまざまな魅力を伝える本。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

地球には森がある

1 森の惑星

地球と森〜森があるから
緑のチカラ  伊勢武史
森のなかの動的平衡  福岡伸一
           ミロコマチコ

2 にぎやかな命

ともだち  くどうなおこ
大公開! けやきマンションの住民たち  入澤宣幸/大野八生
木という生き方と森での背比べ  竹中明夫
木の葉の原寸コレクション  群馬直美
土のかお  平山良治

3 森のぐるぐる

森と命のぐるぐる  森のくじら
森を守り、海でカキを育てる人  畠山重篤さん

4 森のたんけん

森のススメ  小西貴士
まんが 「モーリーさん」①  しりあがり寿

5 ありがとう森

森のめぐみを大切に使う  塩野米松
木を育て、和紙をつくる人  ロギール・アウテンボーガルトさん
神様のいる森  塩野米松
山の妖怪・精霊ガイド  山村ヒデト

6 森が泣いている

森が消えた!
砂漠化、異常気象、温暖化 地球で異変が起きている

7 森と地球のためにできること

世界が動きはじめている  枝廣淳子
まんが 「モーリーさん」②  しりあがり寿
木を使い、森を守る 梼原町からのエコレポート
世界と日本のグッドアイデア
植える。伐る。育てる  枝廣淳子


森のめぐみを未来へつなぐ人たちへ


森をもっと理解するための重要ワード
著者紹介、参考文献・URL






著者紹介

寄稿・取材原稿

伊勢武史(いせ・たけし)
森林生態学者。ハーバード大学大学院進化・個体生物学部修了。独立行政法人海洋研究開発機構特任研究員、兵庫県立大学シミュレーション学研究科准教授を経て、京都大学フィールド科学教育研究センター准教授。著書に『学んでみると生態学はおもしろい』と『「地球システム」を科学する』など。

福岡伸一(ふくおか・しんいち)
生物学者。京都大学卒。ハーバード大学研究員、京都大学助教授などを経て、現在、青山学院大学教授。『生物と無生物のあいだ』『動的平衡』シリーズなど、“生命とは何か”を動的平衡論から問い直した著作を多数発表。近刊に『芸術と科学のあいだ』。

工藤直子(くどう・なおこ)
詩人、童話作家。『てつがくのライオン』で日本児童文学者協会新人賞、『ともだちは海のにおい』でサンケイ児童出版文化賞、野原の生き物たちの思いをえがく「のはらうた」シリーズの『のはらうたⅤ』で野間児童文芸賞を受賞。詩集だけでなく、訳書、エッセイなど著書多数。

入澤宣幸(いりさわ・のりゆき) 
東北大学卒。エディター、ライター。児童書、科学、歴史分野の書籍を多く手掛ける。著書に『みいつけた!がっこうのまわりのいきもの』『どっちがつよい?カブト対クワガタ』『ビジュアル百科世界史1200人』など。

竹中明夫(たけなか・あきお)
生態学者。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。国立研究開発法人国立環境研究所、生物・生態系環境研究センター上級主席研究員。著書に『森の不思議を解き明かす』『生物の形の多様性と進化』『生態系とシミュレーション』『植物生態学』(いずれも共著)など。

平山良治(ひらやま・りょうじ) 
農学博士。「日本土壌肥料学会」所属。国立科学博物館主任研究官を経て、埼玉県立川の博物館館長。著書に『モノリス・真下の宇宙』『土壌薄片記載ハンドブック』『森林立地調査法』(いずれも共著)など。

塩野米松(しおの・よねまつ)
東京理科大学理学部卒業。作家。4度芥川賞候補に。絵本や児童書の創作も行い、『なつのいけ』で日本絵本賞大賞受賞。聞き書きの名手で、失われゆく伝統文化・技術の記録に精力的に取り組んでいる。『木のいのち木のこころ』『手業に学べ』『木の教え』など著書多数。

池田あけみ(いけだ・あけみ)
地元放送局を経て、フリーランスのコピーライターに。ふるさとである高知県を愛して、高知県を中心に活動している。

枝廣淳子(えだひろ・じゅんこ)
東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。東京都市大学環境学部教授、幸せ経済社会研究所所長、環境ジャーナリスト、翻訳者。著書に『レジリエンスとは何か-何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる』『地球のなおし方』(共著)、訳書に『不都合な真実』など多数。


作画・写真撮影

ミロコマチコ(みろこ・まちこ)
画家・絵本作家。2012年、『オオカミがとぶひ』で、絵本デビュー。同作で第18回日本絵本賞大賞受賞。絵本に『てつぞうはね』『ぼくのふとんは うみでできている』『オレときいろ』『つちたち』、画集などに『ホロホロチョウのよる』『けだらけ』など。

阿部雄介(あべ・ゆうすけ)
東京農業大学及びセツ・モードセミナー卒業。フォトグラファー。『翼の王国』掲載のボルネオの記事で「サバ・ツーリズムアワード」海外記事部門最優秀賞受賞。著書に『決定版 日本水族館紀行』『まぼろしの大陸スンダランド—オランウータンをそだてた森—』(いずれも共著)など。

大野八生(おおの・やよい)
子どものころから、園芸好きの祖父と共に植物に親しむ。植物に携わるさまざまな仕事を経て庭をつくる仕事へ。造園会社を退社後、イラストレーターと造園家として活動。著書に『夏のクリスマスローズ』『にわのともだち』『じょうろさん』など。

群馬直美(ぐんま・なおみ)
東京造形大学絵画科卒業。葉画家。大学在学中に新緑の美しさ、 葉っぱの生命力に深く癒された経験から 「葉っぱ」をテーマとする創作活動に入る。著書に『群馬直美の木の葉と木の実の美術館』『街路樹 葉っぱの詩』『言の葉 葉っぱ暦』など。

森のくじら(もりのくじら)
イラストレーター。児童書や絵本を中心に、たくさんのイラストやキャラクターを生みだしている。『なぞなぞ&ゲーム王国』シリーズ、『音の出る絵本』シリーズなど、作品多数。

小西貴士(こにし・たかし)
2000年に公益財団法人キープ協会のキープ自然学校開校時より森の案内人として活動する。写真家としてスライドショウや写真展なども多数開催。著書に『子どもと森へ出かけてみれば』『子どもは子どもを生きています』『子どもがひとり笑ったら…』『心をとめて 森を歩く』など。

しりあがり寿(しりあがり・ことぶき)
多摩美術大学卒業。1985年『エレキな春』で漫画家としてデビュー。『弥次喜多 in DEEP』にて第5回手塚治虫文化賞「マンガ優秀賞」を受賞。漫画だけでなく、エッセイ、映像、ゲーム、アートなど多方面に創作の幅を広げている。 『地球防衛家のヒトビト』 『方舟』 など作品多数。

西村卓(にしむら・たかし)
写真家。写真スタジオで8年にわたって勤務。2007年に独立し、現在はフリーカメラマンとして高知県を中心に活躍。

山村ヒデト(やまむら・ひでと)
武蔵野美術大学卒。イラストレーター。近年は野菜に関する雑誌・実用書を中心に活躍中。イラストルポなどの仕事も手掛ける。


取材協力

畠山重篤(はたけやま・しげあつ)
NPO法人「森は海の恋人」理事長、エッセイスト、京都大学フィールド科学教育研究センター社会連携教授。宮城県気仙沼湾で牡蠣や帆立の養殖業を営む。2012年国連の『フォレスト・ヒーローズ』に選出。著書に『漁師さんの森づくり』『森は海の恋人』『牡蠣とトランク』など。

ロギール・アウテンボーガルト(ろぎーる・あうてんぼーがると)
紙漉き和紙作家。アムステルダム・グラフィックスクール卒業後、1981年に高知県旧伊野町にて紙漉き修業を始める。1992年に梼原町に移住。和紙の原料は全て無農薬・無肥料で自家栽培し、四万十川の源流となる湧き水を引き、一切の薬品や機械を使わず和紙を漉いている。


編者

「おいでよ 森へ」プロジェクト
矢崎総業とダイヤモンド社による書籍出版共同プロジェクト。
豊かな地球の森の魅力を、子どもたちに伝えることを目的とする。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック