• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

金利と経済

高まるリスクと残された処方箋

  • 紙版
  • 電子版

金利と経済

高まるリスクと残された処方箋

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 翁 邦雄 著
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発行年月:2017年02月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:276
  • ISBN:978-4-478-10168-1

内容紹介

生きた題材をもとに、日銀金融研究所長などを歴任した第一人者が、景気、成長と利子率の関係を検証した、いま最も読まれるべき経済書!金利操作に期待されるのは、「トレンドへの働きかけ」か、「経済の安定化」か

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

第1章 農を楽しくする人

金利政策が「簡単だった」時代がある
「景気」の本質は変化する
金利とはどのようなものか
金融政策のかなめとしての金利
偽造貨幣から考えるお金と所得の関係

第2章 バブルとデフレ、どちらをとるか

自然利子率とは何か
「不均衡の累積」という現象
グリーンスパンの感じた恐怖
バブルをとるか、デフレをとるか
世界的な実質長期金利のトレンド的低下

第3章 長期停滞が懸念される理由

一時的な逆風か、長期的な停滞か
バブルでも過熱しなかった先進国経済の低体温症
多くがマイナスになっている自然利子率の推計値
何が自然利子率の先行きを決めるか
自然利子率の低迷で政策当局が背負う重荷
労働者の質が高くても自然利子率は低下する
【第3章の補論1】
自然利子率の将来展望─レイチェルとスミスの要因分解の概要
【第3章の補論2】
人口減少の長期的影響は不確実性が高い

第4章 自然利子率がマイナスの場合の金融政策

金利誘導の基本的な考え方
景気循環を前提にしたクルーグマン提案
インフレ期待を高めなかった「見せ金」の積み上げ
長期停滞仮説が正しければ失敗するクルーグマン提案
日本への処方箋の見直し

第5章 マイナス金利政策の登場

欧州はなぜマイナス金利政策に踏み込んだのか
マイナス金利の「物理的下限」は国ごとに異なる
マイナス金利の効果と副作用の比較
マイナス金利が金融に与える悪影響
見通しが暗いユーロエリアの銀行収益

第6章 「マイナス金利」追加の功罪

疑った瞬間に永遠に飛べなくなる
マイナス金利の意義
マイナス金利を「付け加えた」ことによる歪み
長期金利の急落は危険な副作用だった
日銀トレードは国債市場にバブルを発生させる
バブルはなぜ厄介なのか
「気合いの金融政策」とバブルの共通性
欧州銀より大きい邦銀のダメージ

第7章 「イールドカーブ・コントロール」の行方

「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」移行の背景
矛盾をはらむ枠組み
0%程度の長期金利にコミットするメリット
予想インフレ率形成に偏った「総括的な検証」
サプライズ頼みの金融政策がはらむ3つの弊害
「衝撃と畏怖」を目指すのはなぜか
金融政策と為替レートの関係を検証する
必然性があるヘリコプターマネー待望論の高まり

第8章 「財政政策の時代」と金融政策

トランプノミクスの登場
財政出動が自然利子率に与える影響
ヘリコプターマネーの効果:バーナンキによる整理
通説どおり、将来の財政負担は増えないか
「永遠のゼロ」か、銀行課税か
財政・金融政策の一体化という現実
財政破綻を回避する道
物価水準の財政理論は指針になるか
出口に向けた課題
日本経済の長期展望と望ましい処方箋
インフレは自然利子率の上昇をもたらさない

おわりに 日本はどこに向かうのか

注と参考文献





著者

翁 邦雄(おきな・くにお)
京都大学公共政策大学院教授。1974年日本銀行入行。同調査統計局企画調査課長、同金融研究所長などを歴任。2009年4月より現職。専門は金融論、金融政策論、国際金融論。『期待と投機の経済分析』(東洋経済新報社、1985年、日経・経済図書文化賞受賞)、『ポスト・マネタリズムの金融政策』(日本経済新聞出版社、2011年)、『日本銀行』(ちくま新書、2013年)、『経済の大転換と日本銀行』(岩波書店、2015年、石橋湛山賞受賞)など著書多数。東京大学経済学部卒業、シカゴ大学Ph.D.(Economics)取得。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック