• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

40年稼ぎ続ける投資のプロの 株で勝つ習慣

  • 紙版
  • 電子版

40年稼ぎ続ける投資のプロの 株で勝つ習慣

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 岡本 昌巳 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2017年07月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:240
  • ISBN:978-4-478-10327-2

内容紹介

株式投資の本は多数あるが、ほとんどは著者の成功体験をベースにしたもので、読者に合った投資法かはわからない。しかし、株の世界にいる一流のプロは、どんな状況でも通用するテクニックや考え方を持っている。相場の流れ、銘柄発掘法、板の読み方、テクニカル技法などについて、超一流のプロのテクニックを学ぶ。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

まえがき

第1章 「相場の流れ」をつかむ習慣

1 相場のプロは流れに逆らわない
2 流れは何かと考える
3 人気銘柄の共通項(キーワード)を探す
4 国策とテクノロジーに売りなしと知る

第2章 プロが命綱にする「チャート&トレンド」

5 下げトレンドを覚悟する
6 悪いときは底入れ反転を待つ
7 相場は4つに単純化する
8 トレンドの転換を見極める
9 グランビルの法則から学ぶ
10 ファンダメンタルズよりテクニカルを重視する
11 ブル型・ベア型ETFで勝負する
12 「ロスカット」を徹底する

第3章 儲かる銘柄を発掘する習慣

13 チャートとタイミングで短期的な銘柄を見つける
14 流れから銘柄を発掘する
15 好チャート銘柄から材料テーマ株を見つける
16 連想を広げて新しい流れをつくる
17 業績進捗率の高い銘柄を狙う
18 黒字転換、復配・増配など変化率に敏感になる
19 決算発表シーズンは“人質銘柄”集めと割り切る
20 「上ヒゲ」銘柄、下げた銘柄、怖い銘柄を狙う
21 「友だち銘柄」をつくる
22 SNSやブログで発信する

第4章 「株の情報源」を活用する習慣

23 相場こそ一番情報をくれる師匠と尊敬する
24 情報には「3種類」あることを知る
25 「人が動かす銘柄」と「人を動かす銘柄」の両方を追う
26 無料の情報源を活用する
27 ネットを使ってテーマや材料を探す
28 ラジオ、テレビを流しっぱなしにする
29 人間関係を大切にする
30 証券アナリストは「業界情報の先生」とする
31 相場のプロは「街の投資顧問」をうまく使いこなす
32 「株式セミナー」には自分の考えを持って臨む
33 相場のプロは新聞を15分で読む
34 「IR担当者」に取材してみる
35 『会社四季報』や決算短信からIRへの質問事項を探す

第5章 「相場の季節・循環」を味方にする

36 決算発表とヘッジファンドの換金売りに注目する
37 セミナーのプロは秋に株を奨める
38 配当と値上がりの「往復ビンタ」を狙う
39 「減益予想銘柄」からもチャンスをつかむ
40 相場のプロはイベントを利用する

第6章 プロが実践する「売り買い」の習慣

41 1人勝ちより共存共栄のほうがいい結果が出る
42 出来高のある板を見続ける
43 株価、心理の壁である「フシ」を強烈に意識する
44 板を通して、投資家の動きを読む
45 見える板より見えない板を重視する
46 素数は鬼門と考え、3の倍数をリズムの基本とする
47 相場のプロは目立たないことを心掛けている
48 先物ではアルゴリズムと戦わない

第7章 株式投資で儲けるルール

49 自分を捨てて相場の目で見る
50 歴史から学び、バブルの先を読む
51 日本株を支える外国人投資家の動きを知る
52 ドルベースの日経平均をよく見る
53 政府の株に対する姿勢を重視する
54 相場のプロは「仮説と実証」を繰り返す
55 「初めは質より量」と攻めの姿勢を見せる
56 「相場の神様は平等だ」と感謝する

第8章 プロが大切にしている「相場に勝つ」習慣

57 相場のプロは「相場格言」も疑う
58 プロは「神頼み」をする
59 他人とは比較をしない
60 自分のやり方を見つけて、それを続ける
61 プロは「運やツキ」を大切にする
62 人のためにおカネを使う
63 トレードを積み重ねることで成長していく

あとがき





著者

岡本昌巳(おかもと・まさみ)
1957年、東京都生まれ。82年に証券専門紙「株式市場新聞」に記者として入社。上場企業担当の経済部、証券会社担当の市場部で18年間、数々のスクープを連発。2000年に経済ライターとして独立。以降、新聞、雑誌、ネットで株情報や投資関係の記事を配信するとともに、継続的に株式セミナーを開催。とくに独自の銘柄発掘能力について高い評価を得ている。株の世界で40年近く活動しているため、幅広い人脈を有する。プロの投資家、仕手筋、ブローカー、投資顧問、証券マン、ストラテジスト、アナリスト、運用者、証券・経済マスコミ、プロの経営者、企業の広報担当・研究所員、学会関係者・大学教授など、多方面の「プロ」と交流があり、さまざまなノウハウやスキルを吸収している。アメーバブログでも情報を配信中(「今日の岡本」http://ameblo.jp/okamoto-blog/)。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック