• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

米中戦争前夜

新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ

  • 紙版
  • 電子版

米中戦争前夜

新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • グレアム・アリソン 著/藤原 朝子 訳/船橋 洋一 日本語版序文
  • 定価:本体2,000円+税
  • 発行年月:2017年11月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:424
  • ISBN:978-4-478-10331-9

内容紹介

過去500年で覇権国VS新興国の開戦確率は75%。トランプと習が試される“古典的な罠”とは?<br />レーガン~オバマ政権の歴代国防長官顧問も務めたハーバード・ケネディスクール初代学長が警鐘を鳴らす<br />★激賞続々!キッシンジャー元国務長官「米中関係が13番目の新旧戦争にならないよう願うほかない」

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

日本語版序文 ── 「トゥキディデスの罠」と日本の針路 船橋洋一

はじめに

序章

第Ⅰ部 中国の台頭

第1章 世界史上最大のプレーヤー

アメリカはナンバーツーを受け入れられるか
中国に負けるなんて……ありえない!
ローマは2週間でできる?
あらゆる分野で進む革命の勢い
権力は銃砲から生まれる
軍事と経済のパワーバランス

第Ⅱ部 歴史の教訓

第2章 新旧対立の原点:アテネ vs. スパルタ

軍人文化を誇ったスパルタと自由なアテネ
対立から対話への道を探る
戦争の火花は同盟国から
ビジョンがないことの問題
戦争要因となる国益、不安、名誉

第3章 500年間に起こった新旧戦争

日本 vs. アメリカ ── 20世紀半ば
日本 vs. 中国とロシア ── 19世紀末と20世紀初め
ドイツ vs. フランス ── 19世紀半ば
イギリス vs. オランダ ── 17世紀半ば〜末
ハプスブルク家 vs. フランス ── 16世紀前半

第4章 第1次世界大戦の教訓:イギリス vs. ドイツ

クロウ報告:重要なのはドイツの意図より能力だ
大英帝国の時代が終わる足音
ドイツの“陽の当たる場所”
ドイツの未来は海軍にかかっていた
攻撃されると弱腰になる“いじめっこ”
チャーチルの焦り
トゥキディデスの力学2つが絡み合う
死の潮流を変えられたか

第Ⅲ部 嵐の予兆

第5章 中国は、かつてのアメリカと同じだ

ルーズベルトが推し進めた海軍増強
 【米西戦争】【モンロー主義の徹底】【パナマ運河】【アラスカ国境問題】
習のコロラリーを想像する

第6章 習近平が率いる中国の野望

中国から世界はどう見えるのか
「習近平」という男
「中国の夢」とは何か
習がうなされる“悪夢”
中国の誇りを取り戻す
奇跡的な成長を維持できるか
アメリカへのメッセージ:「口出しするな」
今の中国には「戦って勝つ」力がある

第7章 米中両国の共通点と相違点

「文明の衝突」を問い直す
アメリカと中国の意外な共通点
政府への見方や形態はまるで違う
3750年もの歴史の差が生み出すもの
中国の戦略家は“勢”を読む
中国は南シナ海で今後どう出てくるか

第8章 戦争にいたる道程

中国が起こした4つの限定戦争
 【朝鮮戦争】【中ソ国境紛争】【台湾海峡危機】【東シナ海と南シナ海】
火花は大火事になる危険をはらむ
サイバースペースに潜む戦争の加速要因
米中の全面戦争は一気にエスカレートして起こる
 シナリオ1:海上での偶発的な衝突
 シナリオ2:台湾の独立
 シナリオ3:第3者の挑発
 シナリオ4:北朝鮮の崩壊
 シナリオ5:経済戦争から軍事戦争へ

第Ⅳ部 戦争はまだ回避できる

第9章 平和を維持した4例に見る12のヒント

スペイン vs. ポルトガル ── 15世紀末
 ヒント1:高い権威をもつ存在は、対立解決の助けになる
ドイツ vs. イギリスとフランス ── 1990年代〜現在
 ヒント2:国家より大きな機構に組み込む
アメリカ vs. イギリス ── 20世紀初め
 ヒント3:賢い国家指導者を擁する
 ヒント4:重要なのはタイミングだ
 ヒント5:文化的な共通点を見出す
ソ連 vs. アメリカ ── 1940年代〜80年代
冷戦戦略の三つの基本理念
 ヒント6:この世に新しいことなどない。核兵器以外は
 ヒント7:MADにより総力戦は狂気の沙汰に
 ヒント8:核保有国間の熱い戦争は、もはや正当化できない
 ヒント9:それでも核超大国は、勝てない戦争をする覚悟が必要
 ヒント10:経済的な相互依存
 ヒント11:同盟は命取りになりかねない
 ヒント12:国内情勢は決定的に重要である

第10章 米中、そして世界はどこへ向かうのか

真実から目を背けていては始まらない
国政も歴史から学べる
冷戦後のアメリカの対中戦略にある根本的矛盾
戦略的オプションを見直す ── たとえ醜い方策でも
 ①新旧逆転に適応する/②中国を弱体化させる/
 ③長期的な平和を交渉する/④米中関係を定義しなおす

結論

謝辞

◉付録1 「トゥキディデスの罠」16のケースファイル
◉付録2 7つの反論への意見

脚注





著者

グレアム・アリソン(Graham Allison)
政治学者。ハーバード大学ケネディ行政大学院初代学長。現在、同大学ベルファー科学・国際問題研究所長。専門は政策決定論、核戦略論。レーガン政権からオバマ政権まで歴代国防長官の顧問を、クリントン政権では国防次官補を務めた。1971年に刊行され今も政策決定論の必読文献である『決定の本質 キューバ・ミサイル危機の分析』(中央公論新社、日経BP社)のほか、『核テロ 今ここにある恐怖のシナリオ』(日本経済新聞社)、『リー・クアンユー、世界を語る』(共著、サンマーク出版)など著書多数。マサチューセッツ州ベルモント在住、1940年生まれ。


訳者

藤原朝子(ふじわら・ともこ)
学習院女子大学非常勤講師。訳書に『シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問』『撤退するアメリカと「無秩序」の世紀 そして世界の警察はいなくなった』(ともにダイヤモンド社)など。慶應義塾大学法学部政治学科卒。


日本語版序文

船橋洋一(ふなばし・よういち)
アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)理事長。1968年朝日新聞社入社、北京特派員、ワシントン特派員、アメリカ総局長、コラムニストを経て、朝日新聞社主筆(2007〜10年)。1987年米国際経済研究所客員研究員、2005〜06年米ブルッキングズ研究所特別招聘スカラー。2011年に福島第一原発事故を独自に検証する「民間事故調」を設立し、APIの前身となる日本再建イニシアティブを設立し、調査報告書を発表。『内部 ある中国報告』(朝日文庫、サントリー学芸賞)、『通貨烈烈』(朝日文庫、吉野作造賞)、『同盟漂流』(上下巻・岩波現代文庫、新潮学芸賞)、『カウントダウン・メルトダウン』(上下巻・文春文庫、大宅壮一ノンフィクション賞)など著書多数。2016年に、世界の最も優れたアジア報道に対して与えられる米スタンフォード大学アジア太平洋研究所(APARC)のショレンスタイン・ジャーナリズム賞を日本人として初受賞。東京大学教養学部卒。法学博士。1944年北京生まれ。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック