• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

シリコンバレー式 最高のイノベーション

  • 紙版
  • 電子版

シリコンバレー式 最高のイノベーション

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • スティーブン・S・ホフマン 著/関 美和 訳
  • 定価:本体1,600円+税
  • 発行年月:2018年04月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:392
  • ISBN:978-4-478-10387-6

内容紹介

Apple、Google、Facebook、Airbnb、Uber…は、なぜ次々と画期的なものを生みだせるのか?
22ヶ国でスタートアップを支援するアクセラレーターのCEOがシリコンバレーで起きているイノベーション成功の秘密を初公開! 大切なのは、アイデア、仲間、タイミング、直感、デザイン、失敗。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

第1章 イノベーションのカギは多様性と模倣

1▶イノベーションのプロセスは有史以前から変わらない
 テクノロジーのイノベーションが生き残りのカギ

2▶シリコンバレーの成功の秘密はテクノロジーにあらず
 “テクノロジーの罠”にハマってはいけない
 既存のテクノロジーを利用する

3▶同質の教育や人の集まりからイノベーションは生まれない
 多様性がシリコンバレーをダイナミックな場所にする
 異分野のコラボレーションが大きな飛躍を引き起こす

4▶時代の波に乗るのは早すぎても遅すぎてもダメ
 大切なのはタイミングとスピード
 幸運の波を見つけられる人材
 仕事中毒の人は波を捉えられない
 1つの波にこだわってはいけない

5▶シリコンバレーの巨人たちも模倣から始めた
 パクれるならパクればいい
 すべてのイノベーションはパクりから始まる

第2章 小さく、少なく始める

6▶小さな「アイデア」で始める
 チームが小さく考えられる環境と構造を創る

7▶少ない「人数」で始める
 理想のチーム人数は「ピザ2枚」分
 理想的なチームに必要な人材
 1人ぼっちのイノベーションは難しい

8▶少ない「予算」で始める
 大きなイノベーションはおカネがない時に起きる
 おカネがありすぎると害になる
 おカネがないほうがいい結果を生む

9▶少ない「時間」で始める
 短い締め切りで緊迫感を生み出す
 イノベーションは短距離走
 締め切りの力
 締め切りをはっきりと認識する
 イノベーションにも休憩が必要
 判断は二者択一で下す

10▶小さな「範囲」で始める
 1つのカテゴリに狙いを絞り、集中する
 コアの機能から始めて、外側に広げる
 小さな変更から大きなイノベーションが生まれることもある

11▶大きなチャンスを狙う
 ベンチャーキャピタルは巨大市場の可能性に投資する
 エンジェル投資家・シード投資家は成長の可能性に投資する
 企業は自社の事業に価値を加えるものに投資する
 投資家のエゴを満たせばいい
 社内イノベーションは世界を変える事業を目指す
 未来を予測するのは不可能
 大きな可能性のある事業機会の見つけ方

第3章 イノベーションのコツを知る

12▶自分たちの思い込みを疑う
 ビジネスでよくある3つの思い込み
 ある前提が正しいのは一定期間だけ
 思い込みを検証する方法

13▶うまくいかなくても、失うものはない
 「失うものはない」強さ
 あなたがやらなければ誰かがやる

14▶大切なのはテクノロジーよりデザイン力
 シリコンバレーのヒットの秘訣はデザインにあり
 ユーザーの頭の中に入り込む
 デザイン思考を通して新しい市場が作られる

15▶ビジネスモデルのルールを書き換える
 ウーバーのビジネスモデル・イノベーション
 エアビーアンドビーのビジネスモデル・イノベーション
 ソフィのビジネスモデル・イノベーション
 うまくいかない時は、別のビジネスモデルを試す

16▶“開発者の罠”にハマってはいけない
 イノベーションと恋に落ちてはいけない

17▶簡単なプロトタイプを作る
 新しいアイデアはまずプロトタイプで検証する

第4章 コアの強みを活かし、価値を提供する

18▶コアの強みを活かして優位性を広げる
 自社の優位性の外で成功することは難しい
 失敗が続いても新しい競争力の源泉の開発を諦めない
 コアの強みを周辺市場に拡大する
 1度に1つのイノベーションに集中して徐々に広げる

19▶ユーザーは最高の情報源
 ユーザーの不満がイノベーションのチャンス
 ユーザーはどんな結果を望んでいるか?
 適切なユーザーに適切な質問をする

20▶ユーザーを観察し、ユーザーと友達になる
 見て学ぶことからイノベーションは生まれる
 壁に張り付いたハエになる
 本当に大切なことをチームで探す

21▶パートナーや第三者、ライバルと組む
 パートナーを引き入れる
 第三者や仲介者の助けを借りる
 時にはライバルを引き入れる
 社内の各部門にイノベーションチームを送り込む

22▶データを集めて、集めて、集める
 特定の顧客データを早期に集める
 ビジネスアイデアを裏付ける有用なデータの集め方
 データ集めに終わりはない

23▶おカネより顧客の価値を優先する
 ユーザーをつなぎ留める3つの要因
 重要なのは総合的な価値

第5章 不安要素を取り去る

24▶「恐れ」との闘いに勝つ
 人は不確実性を好まない
 イノベーションのプロセスに失敗は必要
 恐れとの闘いに勝たなければならない

25▶新しいものを受け入れる文化を創る
 頭脳より「心の安全」と試行錯誤が効果的
 イノベーションを育むのは「組織文化」
 信頼がなければイノベーションは起こせない
 失敗を褒め、新しい発想を奨励する

26▶「学び」に集中して「不安」を払拭する

27▶スタートアップの失敗例に学ぶ
 ホームジョイの失敗
 チェリーの失敗
 リワイナリーの失敗
 アイスクリーム・アイオーの失敗
 ターンテーブル・エフエムの失敗
 セラノスの失敗
 E租宝の失敗
 クァーキーの失敗
 ユーザラクティブの失敗

28▶組織内イノベーションを進める8つのルール
 守るべき8つのルール
 社内起業に取り組む企業
 悲観論はイノベーションを殺す
 企業自体の大変革が必要

29▶全員のモチベーションを一致させる
 プロジェクトごとにイノベーション役員会を作る
 イノベーションチームの評価方法を見直す

第6章 大きなリスクを取って大胆に挑戦する

30▶イノベーションは速さが命
 事業を高速化する
 自分が戦う市場を知る
 1番手にならなくてもいい
 後手に回るよりは先手を打ったほうがいい

31▶素早く失敗し、反復検証する
 僕たちの失敗と成功
 不恰好でもプロダクトを世に出してすぐに学習を始める
 ユーザーが最高の応援団・支援者となってくれる

32▶イノベーションを止めてはいけない
 森から抜け出るまで道を切り開き続ける
 時には原点に戻る
 食べる暇もない体験から生まれる
 ユーザーの行動を深掘りする
 賢い人の意見に耳を傾ける
 どこに価値があるかは顧客に教えてもらう
 自分が抱える問題を解くことから始める
 直感に従う
 いろいろなことに挑戦する
 オマケが本物の商品になる
 バカバカしいアイデアを次々と考える

33▶大企業に必要なイノベーション人材
 変わった人こそチームには必要
 大企業のイノベーションチームに必要な人の8つのタイプ

34▶自分自身をイノベートする
 自分自身を作り変える
 「組み合わせの妙」からアイデアが生まれる
 ある分野からアイデアを借りてきて別の分野に当てはめる
 いつものやり方とは全く違う何かをやってみる

35▶大当たりが1つだけ出ればいい
 あなたのイノベーションが優位性を築く7つの条件
 大きなブレークスルーは時間の問題だ

参考文献





著者

スティーブン・S・ホフマン(Steven S. Hoffman)
ファウンダーズ・スペース社代表、シリコンバレー業界団体組合議長、ニューメディア評議会理事、インタラクティブ・メディア・アカデミー創設者。カリフォルニア大学でコンピュータ工学の理系学位を取得した後、南カリフォルニア大学でシネマテレビジョン・プロダクション美術学修士号を取得する。その後、さまざまな業界や職種に携わり、シリコンバレーでベンチャーキャピタルによるスタートアップを数社起業した後、起業家や社内起業家の支援を目的にファウンダーズ・スペース社を設立。数百社におよぶスタートアップの創業支援を行ってきた同社は、今では世界22ヶ国に50を超えるパートナーを持つ世界的アクセラレーターである。


訳者

関美和(せき・みわ)
翻訳家、杏林大学外国語学部准教授。慶應義塾大学卒業後、電通、スミス・バーニー勤務を経て、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経て、クレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。主な翻訳書に、『ハーバード式「超」効率仕事術』『ファンダム・レボリューション』(共に早川書房)、『シェア』『MAKERS』『ゼロ・トゥ・ワン』(いずれもNHK出版)、『Airbnb Story』『「おカネの天才」の育て方』(共に日経BP社)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック