• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

経済は統計から学べ!

  • 紙版
  • 電子版

経済は統計から学べ!

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 宮路 秀作 著
  • 定価:1760円(本体1600円+税10%)
  • 発行年月:2021年06月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:352
  • ISBN:9784478104323

内容紹介

統計から読み解く経済のリアル。人口、資源、貿易、工業、農業の「背景」がわかる。農業、工業、交通、通信、民族、宗教、都市、貿易etc。統計データとは、事象の積み重ねでもあり、そこには必ず意味がある。データの「背景」を知ることで、過去の歴史がわかり、そして今と未来もわかる。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに 統計がわかれば、真実が見える

序章 経済を読み解く「6つの視点」

NO.01 ①人口:少子高齢化で世界はどうなる?
NO.02 ②資源:経済とは「土地と資源の奪い合い」
NO.03 ③貿易:生き残るには「強み」を磨くしかない
NO.04 ④工業:「産業革命」から読み解くこれからの世界
NO.05 ⑤農林水産業:先進工業国は先進農業国でもある
NO.06 ⑥環境:経済発展と持続可能性を両立させる

第1章 人口とデータ ── 残酷な未来と課題

NO.07 人口から読み解く「これから伸びる国」
NO.08 経済の先読みには「労働者の割合」が効く
NO.09 データが示す世界の「超高齢化」
NO.10 日本で急速に少子化が進んだ2つの理由
NO.11 アジアとヨーロッパを比較! 人口増加のメカニズム
NO.12 GNIから読み解く人口小国の強み
NO.13 経済成長とリンクする「人口転換」とは?
NO.14 世界最高の労働生産性を誇る国は?
NO.15 技術革新で職を失うのは、中高年より若者である
NO.16 ブラジルを襲う「新興国の少子化問題」
NO.17 少子高齢化を逃れる産油国のしたたかな戦略
NO.18 労働力としての移民は歓迎すべきか?
NO.19 難民のリアル ── 経済とのかかわりを考える

第2章 資源とデータ ── 争奪戦はさらに激しく

NO.20 資源戦争は「輸出余力」で読み解ける
NO.21 「原油はあと30年で枯渇する」論は本当か?
NO.22 アメリカは世界一の原油産出国 ── 今後の展望
NO.23 石炭と天然ガスの強みは「安定供給」にあり
NO.24 「シェール革命」は資源戦争をどう変えた?
NO.25 「石油に頼らない国」の戦略とは?
NO.26 どこで何がとれるのか ── 隠れた資源大国
NO.27 植物油の争奪戦が始まっている
NO.28 日本に迫る「木材争奪戦」の影とは?
NO.29 日本は世界5位の「再生可能エネルギー国家」
NO.30 南アメリカとアフリカで森林破壊が進む理由

第3章 貿易とデータ ── 国家間の思惑が透ける

NO.31 国内と国外のどちらを攻める? 貿易の基本
NO.32 「アメリカからアジアへ」日本の生存戦略
NO.33 数字が語る「アメリカ・ファースト」の歴史
NO.34 世界の工場、中国の強みと弱み
NO.35 豊かな国内市場をもつASEANの飛躍
NO.36 「身内」の利益拡大を目指すEUの思惑とは?
NO.37 農業国から工業国へ! マレーシアの生き残り戦略
NO.38 1960年と2010年を比較! オーストラリアと世界経済
NO.39 スイスがしかけた「外貨戦争」とは?
NO.40 技術貿易で儲ける国、損する国の違い
NO.41 輸入から輸出へ ── 韓国に見る「産業発展」
NO.42 「直接投資」から読み解く日本とアジアのつながり
NO.43 経済のグローバル化 ── なぜ先進国に投資するのか?

第4章 工業とデータ ── 「世界の工場」の行く末

NO.44 BRICSの経済発展を支える「2つの共通点」
NO.45 シリコンヴァレーが発展した「合理的」な背景
NO.46 自動車戦争 ── 中国VSインド
NO.47 フランスが世界一の自動車輸出国になれた理由
NO.48 これから自動車が売れる国、売れない国
NO.49 日本、中国、韓国。三つ巴の造船業
NO.50 アジアが独占! コンテナ取扱量が語る未来とは?
NO.51 海洋国家の駆け引き ── 船籍ビジネスの基本戦略
NO.52 国営か民営か? アメリカに学ぶ鉄道ビジネス
NO.53 産業用ロボットと自動車の深いつながり
NO.54 通常兵器の輸出入から読み解く「世界の緊張関係」

第5章 農林水産業とデータ ── 人類は生き残れるか

NO.55 世界の食料事情 ── 余裕があるから輸出できる
NO.56 「世界三大穀物」米、小麦、トウモロコシの特徴
NO.57 経済と家畜 ── 牛・豚・羊と人のかかわり
NO.58 ヨーロッパの肉食文化は農業発達から生まれた
NO.59 インドが世界一の米輸出国になれた理由
NO.60 世界の人口は「穀物生産量」と比例している
NO.61 水はこれからどうなる? ── 急激に増えた工業用水
NO.62 カボチャが教えてくれる「経済と気候」
NO.63 日本が本腰を入れるべきフードマイレージと地産地消
NO.64 労働者不足を補え! 農業の第四次産業革命
NO.65 アメリカを激怒させたヨーロッパの農業政策とは?
NO.66 農業大国インドの「地の利」に迫る
NO.67 ロシアが穀物輸出国になるまでの険しい道のり
NO.68 ベトナムの米輸出量が激増したメカニズム
NO.69 「茶の栽培」に学ぶ植民地貿易の歴史
NO.70 アフリカの食料不足を招いた「落花生問題」とは?
NO.71 バラに学ぶオランダとアフリカ諸国のつながり
NO.72 漁業を見れば、「伸びる国」が先読みできる
NO.73 日本は世界第2位の水産物「輸入」国

第6章 環境とデータ ── 神が与えた「地の利」

NO.74 エルニーニョ現象が招く経済危機とは?
NO.75 平成の米騒動から考える「食育」
NO.76 なぜ西アジアは生産力の乏しい土地になったのか?
NO.77 エジプトが享受する世界遺産の経済効果
NO.78 「先進国から発展途上国へ」海外旅行と経済
NO.79 アフリカ諸国が栄養不足で苦しむ「2つの背景」とは?
NO.80 アフリカとヨーロッパを結ぶ「経済と歴史」
NO.81 ニュータウンに学ぶ「都市・人口・経済」のつながり
NO.82 シンガポールとマレーシアのガソリン攻防戦
NO.83 二酸化炭素からこれからの経済成長を読み解く

おわりに 地理講師として、見てきたこと・感じたこと

巻末資料 比較すれば、統計はもっと面白い

参考資料一覧





著者

宮路秀作(みやじ・しゅうさく)
代々木ゼミナール地理講師、コラムニスト。鹿児島市出身。
「共通テスト地理」から「東大地理」まで、代々木ゼミナールのすべての地理講座を担当する実力派。地理を通して、現代世界の「なぜ?」「どうして?」を解き明かす講義は、9割以上の生徒から「地理を学んでよかった!」と大好評。講義の指針は、「地理とは、地球上の理(ことわり)である」。
一部の講師しか担当できないオリジナル講座を任され、これらの講座は全国の代々木ゼミナール各校舎・サテライン予備校にてサテライン放映(衛星通信を利用して配信)されている。生徒アンケートは、代ゼミ講師1年目の2008年度から全国1位を獲得し続けており、また高校教員向け講座「教員研修セミナー」の講師や模試作成を担当するなど、いまや「代ゼミの地理の顔」。
2017年に刊行した『経済は地理から学べ!』はベストセラーとなり、これが「地理学の啓発・普及に貢献した」と評価され、2017年度の日本地理学会賞(社会貢献部門)を受賞。大学教員を中心に創設された「地理学のアウトリーチ研究グループ」にも加わり、2021年より日本地理学会企画専門委員会委員となる。
またコラムニストとして、「Yahoo! ニュース」での連載やラジオ出演、トークイベントの開催、YouTubeチャンネルの運営、メルマガの発行など幅広く活動している。
著書に『経済は地理から学べ!』(ダイヤモンド社)、『目からウロコのなるほど地理講義(系統地理編)・(地誌編)』(学研プラス)、『マンガで地理が面白いほどわかる本』(KADOKAWA)、『くわしい 中学地理』(文英堂)、『改訂版 中学校の地理が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック