• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

  • 紙版
  • 電子版

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • ヤニス・バルファキス 著/関 美和 訳
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2019年03月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:248
  • ISBN:978-4-478-10551-1

内容紹介

十代の娘の「なぜ、世の中にはこんなに格差があるの?」というシンプルな質問をきっかけに、元ギリシャ財務大臣の父が経済の仕組みを語る。「宗教」や「文学」「SF映画」など多彩な切り口で、1万年以上の歴史を一気に見通し、「農業の発明」や「産業革命」から「仮想通貨」「AI革命」までその本質を鮮やかに説く。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

プロローグ 経済学の解説書とは正反対の経済の本

目の前の混乱から離れて世界を見つめ直す
資本主義を解き明かす

第1章 なぜ、こんなに「格差」があるのか? ── 答えは1万年以上前にさかのぼる

なぜ、アボリジニがイギリスを侵略しなかったのか?
かつて、市場はあっても経済はなかった
「言語」と「余剰」の二度の大きな飛躍 ── このとき、経済が生まれた
文字 ── それは余剰を記録するためのものだった
債務、通貨、国家 ── 「仮想通貨」は1万年以上前から存在している
官僚、軍隊、宗教 ── 支配者が支配し続けるために必要なもの
テクノロジーと生物兵器 ── 先住民を一瞬で殺したもの
では、最初の質問に戻ろう ── なぜ、アボリジニがイギリスを侵略しなかったのか?
なぜ、アフリカから強国が出てこなかったのか?
地域内格差 ── 金持ちは100万ドルを簡単に稼げる
「当たり前」に疑問を持ち続ける ── 格差はどこからはじまった?

第2章 市場社会の誕生 ── いくらで売れるか、それがすべて

「高ければ高いほど売りたくなる」わけではない
ふたつの価値 ── 経済学者はすべてを「値段」で測る
「お片付け」に値段は付けられるか? ── 助け合いと市場取引
すべてが「売り物」になる
市場の法則から外れた世界 ── 古代ギリシャ人は「オークション」をしない
自分のことすら「市場価値」で測ってしまう
市場社会のはじまり ── 生産の3要素が突然「商品」になった
グローバル貿易 ── 農奴より羊を飼おう
囲い込み ── 人類史上稀に見る「残酷な改革」
「すべての農奴」が商人になった
工場 ── 歴史の中の「灰色の実験室」
偉大なる矛盾 ── すさまじい富とすさまじい貧困が生まれた
世界はカネで回っている?

第3章 「利益」と「借金」のウエディングマーチ ── すべての富が借金から生まれる世界

悪魔が考えた「地獄」より残酷なこと
大転換 ── 生産とカネの流れが逆転した
富と競争 ── 競争に勝つには借金するしかない
フォースタスは地獄行き、ファウストは救われる
借金は宗教的な問題だった ── 神は「利子」を歓迎している?
ファウストはスクルージの裏返し

第4章 「金融」の黒魔術 ── こうしてお金は生まれては消える

起業家はタイムトラベラー ── 未来から無限の交換価値をつかみとる
銀行はツアーガイド ── どこからともなくお金を生み出す
銀行が損をしない方法が生まれた
金融危機 ── そこにはやはり「落とし穴」がある
歯車が「逆回転」しはじめる
誰が助けてくれるのか? ── 中央銀行がどこからともなくカネを出す
国家の新しい(ようでそうでもない)役割
銀行と国の「持ちつ持たれつ」の関係 ── 銀行には冷たくできない
焦げつき ── 借金を「ご破算」にするのは倫理の問題ではない
枝を燃やして山火事を防ぐ
金持ちは政府を煙たがりつつ庇護を求める ── 矛盾に終わりはない
必要な寄生虫 ── 経済はすべての人に頼っている
公的債務 ── それはウイルスではない
それは「機械の中の幽霊」である
だがさらに……

第5章 世にも奇妙な「労働力」と「マネー」の世界 ── 悪魔が潜むふたつの市場

失業を「否定」する人たち
狩人のジレンマ ── 全員で鹿を狙うか、ひとりでうさぎを狙うか?
なぜ、労働者は家や車やトマトと違うのか? ── ワシリーを雇うシンプルな理由
先行きへの楽観と悲観 ── ワシリーを雇わない複雑な理由
悪魔が潜む場所 ── 「マネー・マーケット」とは何か?
だから、理屈通りに行かない ── 先読みが市場を混乱させる
予言は自己成就する ── もしソポクレスが経済の教科書を書いたら?
悪魔は「人間らしさ」そのもの

第6章 恐るべき「機械」の呪い ── 自動化するほど苦しくなる矛盾

「機械がすべてを解決する」という夢
フランケンシュタイン症候群 ── 自ら生んだ機械に殺される
マトリックスとカール・マルクス ── 市場社会が向かう場所
イカロス症候群 ── 翼を溶かしながら、上に飛んでいく
ミダス王の欲望とその副作用 ── 望めば望むほど反対の結果になる
「抵抗しても無駄」の反対
未来の見方を左右する問い ── 自ら変革を起こす機械は現れるか?
巨大企業にとっての「すばらしい新世界」
人間はどこを変えたら機械になるか?
交換価値の秘密 ── ハチの巣の中に交換価値は存在しない
絶望を見せてくれるのは誰か?
イカロスはときどき墜ちる ── 遠くの希望と近くの希望
新しい「大転換」 ── 需要と売上と価格の悪循環を止める方法
ケインズのスタートレック的予言 ── おカネの考え方が根本的に変わる

第7章 誰にも管理されない「新しいお金」 ── 収容所のタバコとビットコインのファンタジー

「サヤ」を抜く ── だが、やがてサヤは減っていく
「タバコ」で買う ── 通貨になるものの3つの条件
おカネの交換価値 ── なぜ、20ドラクマで1000ドラクマをつくれる?
金利 ── 収容所のタバコ銀行がしていたこと
「終わりの予感」が経済を崩壊させる
「信頼」が通貨を通貨たらしめる
誰もが良貨を貯め込み、悪貨を使う ── そうして、悪貨は良貨を駆逐する
誰も税金を払いたくなければ、どうすればいい?
無から利益を生み出す世界 ── 塀の中と外の違い
塀の外ではおカネは「政治的」になる
ビットコイン ── 「一通のメール」がもたらした衝撃
「仮想通貨」と商人の目論見
上限問題 ── 仮想通貨はなぜ危機にぶつかるのか?
父が教えてくれたこと

第8章 人は地球の「ウイルス」か? ── 宿主を破壊する市場のシステム

宿主を全力で破壊するウイルス
なぜ、市場社会は「破壊」を歓迎するのか? ── 破壊は交換価値を生み出す
節度のない者は「愚か者」になる ── ダメと知りながら競争を止められない
金持ちと庶民のふたつの答え
地球を救うには、誰かが地球を買えばいい? ── 市場社会の解決策
すでにそれは起こっている ── 排出権取引とその矛盾
未来のすべてを決める対決 ── 「すべてを民主化しろ」vs「すべてを商品化しろ」
市場の「投票」のメカニズム ── ひとりで何票も投票できる仕組み

エピローグ 進む方向を見つける「思考実験」

思考実験 ── 君は理想の世界に行きたいか?
満足なブタより不満なソクラテス ── 欲を満たすだけでは幸せを得られない
HALPEVAMの欠陥 ── ユートピアをつくるシステムがディストピアを生む
自由とショッピングモール ── いったい何を求めればいいのか?
イデオロギー ── 信じさせる者が支配する
占い師のロジック ── 私が経済学者になった理由
経済学は「公式のある神学」
「外の世界」からの視点を持ち続ける

訳者あとがき





著者

ヤニス・バルファキス(Yanis Varoufakis)
1961年アテネ生まれ。2015年、ギリシャの経済危機時に財務大臣を務め、EUから財政緊縮策を迫られるなか大幅な債務帳消しを主張し、世界的な話題となった。長年イギリス、オーストラリア、アメリカで経済学を教え、現在はアテネ大学で経済学教授を務めている。著書には本書の他に、EU経済の問題を指摘した『そして弱者は困窮する』(未邦訳)や「史上最良の政治的回想録の1つ」(ガーディアン紙)と評された『アダルツ・イン・ザ・ルーム』(未邦訳)など、数々の世界的ベストセラーを持つ。2016年にはDiEM25(民主的ヨーロッパ運動2025)を共同で設立し、その理念を世界中に訴えている。


訳者

関美和(せき・みわ)
翻訳家。杏林大学准教授。慶應義塾大学卒業後、電通、スミス・バーニー勤務を経て、ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経て、クレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める。主な訳書に『誰が音楽をタダにした?』(ハヤカワ文庫NF)、『MAKERS 21世紀の産業革命が始まる』『ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』(NHK出版)、『FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(共訳、日経BP社)、『明日を生きるための教養が身につく ハーバードのファイナンスの授業』(ダイヤモンド社)など。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック