• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

愛国者たちへ

論戦2018-2019

  • 紙版
  • 電子版

愛国者たちへ

論戦2018-2019

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 櫻井 よしこ 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2019年04月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:304
  • ISBN:978-4-478-10772-0

内容紹介

トランプ大統領で迷走を続ける米国、レーダー照射など不穏な動きをする文在寅の韓国、不気味な沈黙を貫く中国・北朝鮮・ロシア…不穏な時代に蔓延る「俗説」を櫻井よしこが一刀両断!! 改元を迎え、新しい時代に向かう日本では何が起こるのか?

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに 御代替わりのいまこそ、決意せよ

第1章 深刻な問題、鈍感な日本

歪められたのか、正されたのか、前川・加戸両氏の正反対の主張
中国で闘い続けたノーベル賞受賞者 日本は厳しく人権問題を追及せよ
深刻な危機ではなく、些事ばかりを報道する大メディア
韓国が危うくなれば、日本も必ず負の影響を受ける
また再びの「徴用工」問題 日本はしっかり主張を
沖縄ローカル紙の本島進出 ── 偏向報道が続く大手メディア
北朝鮮のミサイル発射で露呈したあまりに脆弱な日本の防衛体制
戦後最大の危機が到来 日本は国防力強化と改憲に取り組め
放送法四条を守らない違法NHK 受信料の支払制度を見直せ
自民党は長期の国家戦略を念頭に、憲法改正議論を始めるべき
国防の不備に目を向けず、議席にしか興味のない野党の愚

第2章 いまこそ憲法改正を

中韓両国の激化する歴史戦 日本は着実な反撃を始めよ
事実を伝えない韓国メディアと偏向ばかりの日本メディア
北朝鮮有事の際の悪夢 ── 中国支配の朝鮮半島と日本の国防
“偉大なる指導者”を目指す習近平の「強軍思想」
ユネスコを巡る日本外交の3連勝とこれからの中韓との歴史戦
より大きな危機を後回しにする韓国政府の視野の狭さ
トランプ大統領、初のアジア歴訪 気になる米中の歩み寄り
731部隊を巡る新たな歴史復讐戦 中国に速やかな対処を
中国の全権力を掌握する強権体質 習氏に安易な妥協は禁物
強欲に受信料を徴収し、偏向報道を省みないNHK
拉致問題解決のために不可欠な憲法改正と国際社会への訴え
憲法改正を成し遂げねば、日本の真の再生は難しい
中国の脅威に対して現実主義で対峙する日本政府を評価する
北朝鮮と中国を恐れ、日本を舐めきっている韓国の文大統領
庭に飛来した猛禽 ── 小鳥が狩られる自然の摂理

第3章 やっかいな隣人たち

強い反対を押し切って訪韓した安倍首相の判断を見守る
朴前大統領を北朝鮮の刑法で裁く韓国の異常すぎる司法
韓国大統領の「革命的政変」に日本は憲法改正で備えよ
金兄妹に呑み込まれた韓国を踏まえ、日本は憲法改正の発議を
中国の凄まじい弾圧に耐えるチベットの人々
中国の“反民主主義”に国民全体で立ち向かおう
文政権下で進行中の「北朝鮮化」と韓国保守派とのせめぎ合い
確たる証拠のない安倍政権非難 揺らぐメディアの信頼性
森友文書だけの無責任な国会 政治家たちは国益を無視するな
北朝鮮の金正恩氏は対話ではなく圧力で動く
一刻も早い対応が求められる公文書管理ルールの確立と電子決済化
“噓つき”が「噓つき」と批判した加計問題の実情
北朝鮮の非核化は「リビア方式」による解決が可能か
宏池会の平和憲法路線では国際社会に対応できない
朝鮮半島を巡る闘いの中でも、政治責任を果たさない日本の野党
北朝鮮が中国の援助で生き延びる最悪の事態も想定すべき
愛媛県職員の作成文書からは首相の関与は導けない

第4章 激変する世界情勢と対峙せよ

「文藝春秋」が論壇の中心を形成する日は来るだろうか
拉致解決が最優先という国民世論を高めよ
北の核廃棄と拉致問題解決 ── 日本は他国に依存しないこと
日本を非難する国連人権理事会に道理と公正さを説くには
判事と長官が対立する韓国 ── 司法の頂点・最高裁も左翼が侵食
1日も早い憲法改正の実現に向け、国民の意思を問うのが国会の責務
トランプ外交で現実味が増した、欧州情勢の激変シナリオ
敵味方が逆転するトランプ外交 日本も備えが必要
中国を襲う少子化問題は日本の真の国難でもある
中国マネーの征服に抗する日本の歴史的使命
改憲が「悪」で「不自由」というなら、その根拠を示すべき
基地問題の本質に斬り込んだ『沖縄の不都合な真実』の説得力

第5章 中国へは毅然たる態度を

中国共産党内の権力闘争で人権問題の行方はどうなる
支離滅裂な細川元首相のインタビュー 『選択』よ、どうしたのだ
国内の金持ち排除を進める習近平主席の魂胆
多様性重視社会にマッチする「800万の神」という宗教観
「第2のスリランカ」を出さぬため、中国の「債務の罠」を阻止せよ
南北関係を美化する韓国 偏向報道は他山の石ではない
覇権主義の中国に対するため一層の日米連携の強化を
柿を守るか、小鳥を招くか ── 私を悩ます庭での攻防
騙され続ける関係から脱するために中国へは毅然とした態度を
国会で改憲案を提示し、国民投票で是非を問え
ネット媒体も駆使して徴用工問題の欺瞞を暴け
将来に禍根を残す入管法改正案 ── 外国人政策を見直すべき
人類に貢献するダライ・ラマ法王 本人が語った中国指導部との対話

第6章 平成後の日本へ

日本文明の核であり続けてきた皇室と天皇の伝統
「赤札大王」で見事に撃退したハクビシンとマナーなき飼い主
韓国との情報戦に劣勢 ── 日本は心して戦え
同盟軽視のトランプ氏の攻勢 後退を余儀なくされる習氏
大統領選に出馬表明のウォーレン氏が映す米国の分裂
法を無視する「力治国家」ロシアと力なき日本の苦しい立場
対露外交では厳しい要素を過小評価しないことが大事
崩れ去りかねない日露外交 ── 軽率のそしりを免れない河井発言
米国の対北朝鮮政策の柔軟化で正念場の朝鮮半島外交
中国共産党から仏教を守れ ── 切実なチベットの法王後継者問題
日本人とキリスト教との出会い 私たちが知るべき真の歴史
もはや「敵対勢力」となった韓国にあらゆる面から備えよ
底意地悪く日本を非難した文大統領の演説にある真意






著者

櫻井よしこ(さくらい・よしこ)
ベトナム生まれ。ハワイ州立大学歴史学部卒業。「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局員、アジア新聞財団「DEPTH NEWS」記者、同東京支局長、日本テレビ・ニュースキャスターを経て、現在はフリー・ジャーナリスト。1995年に『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』(中公文庫)で第26回大宅壮一ノンフィクション賞、1998年には『日本の危機』(新潮文庫)などで第46回菊池寛賞を受賞。2007年「国家基本問題研究所」を設立し理事長に就任。2011年、日本再生へ向けた精力的な言論活動が高く評価され、第26回正論大賞受賞。2011年、民間憲法臨調代表に就任。
著書に『論戦』シリーズ(ダイヤモンド社)、『問答無用』(新潮社)、『韓国壊乱 ── 文在寅政権に何が起きているのか』(洪熒氏との共著、PHP新書)など多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック