• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

経済は「予想外のつながり」で動く

  • 紙版
  • 電子版

経済は「予想外のつながり」で動く

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • ポール・オームロッド 著/望月衛 訳
  • 定価:本体2,000円+税
  • 発行年月:2015年09月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:384
  • ISBN:978-4-478-02181-1

内容紹介

ソーシャルメディア、グローバル化……変化する21世紀の世界に対して、経済学はまだ有効か? 学問の世界から実業まで飛び回るエコノミストにして「ネットワーク理論」を経済学に持ち込んだ第一人者が、「世間知らず」となった経済学を「つながり」と「模倣」で新しい次元に進化させる。経済学100年の常識を覆す1冊。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

訳者によるイントロダクション

はじめに

序章 ネットワーク理論が経済学を進化させる

第1章 100年前の経済学で21世紀の社会を理解できるのか?

     ── 経済学からネットワーク理論へ

「火あぶりにされた殉教者」と「暴徒化したフーリガン」の共通点
社会的ネットワークがインセンティブ理論を追いつめる?
拡大する経済学、陳腐化する「合理的経済人」モデル
フーリガンの暴動は「効用理論」で解けるのか?
集団の選好が個人の選好を上回るとき
「頑健だが脆弱」── ネットワークでもっとも大事なこと
頭のいい人がなぜ国家機密を売りわたしたのか ──「信念」とインセンティブ
来世の効用を最大化する? ── 宗教を経済学で分析すると……
メアリー女王を悩ませた「改宗」へのインセンティブ設計
進んで処刑された聖職者のネットワークが「恐怖政治」を無効化した
「アラブの春」と「プラハの春」、そして不確実性
必要なのは「ポジティブ・リンキング」── 21世紀の経済モデルを求めて

第2章 タバコの税率を上げたら健康被害が増えた?

     ── インセンティブから影響力へ

インセンティブはもはや万能ではない!?
なぜ経済学は「数学まみれ」なのか?
需要曲線ですら「いつも必ず」は成り立たない
売春婦VSコペンハーゲン市長 ── なぜこうも意図せざる結果ばかり起こるのか
なぜタバコの税率を上げたら健康被害が増えたのか
経済学者の「あたかも」にご用心
「懲役刑」は犯罪抑止のインセンティブとなっているのか?
法を守る人のネットワークがもたらす「前向きなつながり」

第3章 サイモンとケインズが突いた「合理的経済人」の矛盾

     ── 合理性から経験則へ

社会科学の巨人、ハーバート・サイモン
「収穫逓減」は本当にいつでも成り立つのか?
「限定合理性」── 行動経済学の父でもあったサイモン
買う前にすべてわかっている人なんていない ── スティグリッツとアカロフの貢献
経営者と株主の「情報格差」で損する人、得する人
「市場の失敗」という錯誤 ── 規制さえすればうまくいくのか
人は直感で行動する ── スミスとカーネマン
なぜ人はアマゾンの「翌日配送」にお金を払うのか?
大流行の「ナッジ」──「見せ方」1つで行動が変わる
ただただわからない ── 事後でさえ「最適」な選択は不明
非合理だけど使える生き残りの戦略「ヒューリスティック」
チェスが「合理的な経済人」を否定する?
アリストテレスと最新科学の接点
ケインズの隠れた功績 ── ネットワーク理論を予言していたもう1人の巨人
「インセンティブ×ネットワーク」の正しい掛けあわせ方とは

第4章 経済学者はなぜいまだに金融危機を防げないのか

     ── 数式から信頼へ

「危機」だらけの金融市場
金融デリバティブを発明した3人組
一般均衡が存在するための「恥ずかしい」仮定とは?
「疑心暗鬼」という名の伝染病がネットワークを破壊する
日本の「失われた20年」が大恐慌にならずに済んだのはなぜか
登場人物が1人の『マクベス』? ──「代表的エージェント」の問題
「景気の波」を説明できない高度な経済モデル
バーナンキの経済学者らしからぬ「介入」
理論でなく経験則 ──「信頼」の担保が取り付け騒ぎを防いだ
金融市場に必要なのは数学モデルより信頼のネットワーク

第5章 なぜひと握りのスターだけが「幸運」を手にするのか

     ── 需要と供給から偶然と流行へ

4000倍もの差がついた2つの「エクストリーム・アイロニング」
編集者のジレンマ ── 素晴らしい教科書が必ずしも売れないのはなぜ?
「つながり」が持つとてつもない影響力をモデル化する
「他の連中がかぶらないからだ!」── シェリングの「二者択一」研究
エージェントの行動は「人まねルール」で決まる
口コミ・マーケティングに「再現性」がない理由
古典的な需要曲線ですら成り立たない ──「バンドワゴン効果」
経済学が解くべき21世紀の問題

第6章 複雑なネットワークを読みとく3つのポイント

     ── 正規分布からべき乗則へ

ネットワーク効果を探知する武器としての「正規分布」
最初の3つで98% ── グーグル検索で体感するデータの「歪み」
成功したユーチューバーがますます成功するのはなぜ? ── 優先的選択
超大事なポイント:3つの「種族」をおさえれば、ネットワークは理解できる
「スケール・フリー」のネットワーク ──「ハブ」が社会を動かす
マーケティングで成功するために探すべき人は誰か
「狭い世間」のネットワーク ──「長距離連結器」を特定しよう
「ランダム」なネットワーク ── 構造のない伝染と流行をモデル化する
マスコミは本当に「インフルエンサー」か?
ハイエクの慧眼 ──「知識人」がネットワークを支配する
ネットワーク効果の副産物「不確実性」といかにして立ち向かうか

第7章 「人まね」、それは不確実な世界を生きぬくための最適戦略

     ── 合理的選択から模倣へ

100年前の素朴な世界
マルクスが見抜いた「新しい資本主義」の本性
マクルーハンの予言と100億の選択肢
「ヒックの法則」が突きつけたもの ── 人まねの動機①「次元を減らす」
ヒッタイト帝国と現代セレブの共通点 ── 人まねの動機②「はやりに乗る」
アッシュの実験 ── 人まねの動機③「多数派に合わせる」
バリ島の農業を何世紀も守ってきた人まね戦略
世界最高峰の学者たちが驚いた「社会的学習」の威力
なぜ一部のバンドに人気が集中するのか
ウソの情報ですらランキングに影響する
何が売れるかを事前に予測することは可能か?
ポリアの壺 ── 人気は品質とは関係ない
合理的経済人から「合理的模倣人」へ

第8章 高失業率の町に起業家精神をもたらすことはできるのか?

     ── 格差の固定化からランダムな変化へ

格差を覆すことは可能か?
壊滅したイギリス炭鉱労働者の失業問題
「順位の入れ替わり」── ヒットチャートと都市ランキング
うちの地元チームがマンチェスター・ユナイテッドになれなかったのはなぜか
じゃあ、「成功」がいつまでも続かないことはどうやって説明する?
生物学と経済学を融合させると……
再び中世イングランドへ ── 魅力的でもない国教会がライバルに勝てた理由
赤ん坊の名前の付け方に見る「人まね」モデルの整合性
21世紀版行動モデルの完成 ── 意思決定は質より模倣でうまくいく

第9章 ネットワーク理論で社会を豊かにすることはできるのか?

     ── 上からの政策から「人伝て」の政策へ

ちょっと復習 ── なぜネットワーク効果を考えるべきなのか
大きな政府と「市場の失敗」
たとえ非合理に見えても「経験則」を許すモデルを
「経済学者=社会のエンジニア」という信仰
ネットの「オススメ機能」が政府の監視につながるって本当?
失業問題は「上から」ではなく「人伝て」で解決する
大量飲酒を広める要因を突き止めろ! ── 信頼できる「指標」の見つけ方
ポジティブ・リンキングを起こすにはどうすればいい?
「最初に行動を変える人」を見つけよう
アシモフの教訓 ── 人は政府の予測を必ず超える
「大不況」にも揺らがなかったスウェーデンの銀行 ── 意思決定の「分散化」
「特効薬」を探すのではなく、たゆまぬ試行錯誤を

参考文献へのご招待

索引





著者

ポール・オームロッド(Paul Ormerod)
イギリスのエコノミスト。ケンブリッジ大学とオックスフォード大学で経済学を修めた後、『エコノミスト』誌で経済予測に携わる。業績は学界から実業界にまで及び、1982年から1992年までヘンリー予測センター所長を務めたほか、ロンドン大学、マンチェスター大学で客員教授として教鞭を執っている。イギリス社会科学院のフェローであり、経済学への貢献に対し、ダラム大学から名誉科学博士号(DSC honoris causa)を授与されている。
1994年の著書『経済学は死んだ』(ダイヤモンド社)では、正統派経済学を痛烈に批判して話題となった。他の著書に『バタフライ・エコノミクス』(早川書房)、『WHY MOST THINGS FAIL(なぜほとんどが失敗に終わるのか)』(未邦訳)がある。特に『ビジネスウィーク』誌のUSビジネス・ブック・オブ・ザ・イヤーに選出された『WHY MOST THINGS FAIL』は、ネットワーク理論を経済学に取り込んだことで話題を呼んだ。


訳者

望月 衛(もちづき・まもる)
大和投資信託株式会社 リスクマネジメント部。京都大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクール修了。CFA、CIIA。投資信託等のリスク管理やパフォーマンス評価に従事。訳書に『ブラック・スワン』、『まぐれ』(ともにダイヤモンド社)、『ヤバい経済学』、『その問題、経済学で解決できます。』、『美貌格差』(いずれも東洋経済新報社)、『ヘッジホッグ』、『ウォール街のイカロス』(ともに日本経済新聞出版社)等がある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

●ベストセラーは「出してみるまで」わからない!?(× 合理的経済人)
●タバコの税率を上げたら健康被害が増えた?(× インセンティブ)
●非合理的な「アマゾンの翌日配送」にお金を払うのはなぜ?(× 効用)

インターネットでつながった世界を支配するルールは、
「合理」から「模倣」に変わった!

「ネットワーク理論」を経済学に持ち込んだ異端のエコノミストが、
経済・社会を変える新しいモデル「ポジティブ・リンキング」で、
予測不可能に成り果てた経済を読みとく!

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック