• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

もっと上手に働きなさい。

誰も教えてくれなかった女性のための仕事のルール

  • 紙版
  • 電子版

もっと上手に働きなさい。

誰も教えてくれなかった女性のための仕事のルール

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 内永 ゆか子:著
  • 定価:本体1,400円+税
  • 発行年月:2013年07月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:208
  • ISBN:978-4-478-02306-8

内容紹介

「このまま今の会社にいても先が見えない」「仕事とプライベートの両立が難しい」「会社の人間関係に疲れてしまった」。働く女性が抱いている様々な悩みに答える46のアドバイスが一冊に。働く女性のバイブルとして翻訳書もベストセラーとなったベティ・ハラガンの『ビジネス・ゲーム』、その日本企業バージョン。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

序 章:「キャリア・スイッチ」が入ると、眺めが変わる

  焦ってばかりいた20代、30代
  働く女性は、2つのタイプに分けられる
  「仕事の醍醐味」を知ってください
  私が彼女の背中を押し続ける理由

第1章:あなたのなかの「モヤモヤ」を「焦り」に変えないために

女性が会社を辞める1番の理由
  私の場合、30代半ばでようやく転機が訪れました
  元旦に「ロードマップ」を作ってみる
キャリアの転機では、自分のなかの「正しい波」を捕まえる
  「3年目の波」「5年目の波」は誰にでも訪れる
「認められたい」を捨てたほうが、仕事はうまくいく
  「日の当たらない仕事」こそ、大切にする
  会社は、あなたのことをしっかり見ている
女性は必要以上に失敗を恐れがち
  「仕事がおもしろい」と感じたら、自分を見つめるタイミング
  「卒業」のタイミングは、あなた自身が知らせてくれる
20代、30代は土台固めに集中する
  会社は10年スパンで社員の成長を見ている
「出世のチャンス」があるならすべて受けてみる
  出世した先にあるのは「秘密の花園」
  私からの3つの質問

第2章:「仕事以前の人間関係」ですり減らないために

私も典型的に「叱ってもらえない部下」でした
  男性の本音は、まだまだ「女性社員は叱りにくい」
理不尽なことがあっても、「自分が女性だから?」はひとまず忘れる
  キャリアでは、何度でも「再浮上」のチャンスがある
  私自身、30代前半までは低空飛行どころか墜落寸前でした
女性同士のいざこざは、「腹のうち」を見せて解消する
  「上」から信頼される女性社員の条件とは
「社内のいじめ」に、はっきりとした理由はない
  どんな時も、自分にとっての唯一の味方を裏切らない

第3章:空回りせず、仕事で結果を出すために

努力をムダにしないために、まずは「観察」する
  枕詞を使うだけで、まわりの反応はおもしろいほど変わる
異動したら、最初の1ヵ月から1ヵ月半が勝負
  最低限やるべき3つのこと
「決められない上司」も上手に巻き込む
  「プロ・アンド・コン」に持っていく
上司が一番はらはらするのは「一人で背負い込む部下」
  「これ、やっといて」型上司には、リスクヘッジを忘れない
  上司は「大切なクライアント」と考える
新米上司だった頃の自分に伝えたいこと
  「自分で考える部下」を育てる仕事の任せかた
  部下を「おうかがいモード」にしないために
「使いにくい部下」を「使える部下」に変える言葉
  「孤高タイプ」は褒めて育てる

第4章:「仕事以外のお付き合い」で疲れないために

社内の飲み会は、3回に1回は「ごめんなさい!」で大丈夫
  その代わり、翌朝のフォローを忘れない
お酒の席で女性の発言は特に目立つ
  「余計なことは言わない」と念じる
社内のことに疎くても、昇進に影響しない
  身の丈に合った情報があればいい
会社では「捨てるところは、捨てる」を覚える
  「必要な情報」は、自然に耳に入ってくる
メンターとは、細く長い関係を続ける
  意中の人に直接リクエストする
  私を育ててくれたメンターたち

第5章:自分の感情に振りまわされないために

感情は100%コントロールできれば武器になる
  まずは「引き取る」練習からはじめる
  「トドメは刺さない」も覚える
人に見せるのは「プラスの涙」だけにする
  「男は女の涙に弱い」はウソ
相手にイラッときたら、「結婚するわけじゃない」と念じる
  「視点をずらす方法」も効く
仕事でつらい時は、波に身を任せてみる
  潮目が変わるまで、じっとしていればいい

第6章:働きながら、「女の幸せ」を手に入れるために

結婚は、自分本位で考えればうまくいく
  「白馬」と「王子様」は分けて考える
結婚にまつわる「職場の習慣」は自分で変えていく
  上司ではなく、「上司の上司」に掛け合う
働くママが「大変!大変!」としか言わない本当の理由
  「産んだこと」を後悔している女性社員は一人もいない
「迷ったら、産む」。それをすべての女性に伝えたい
  その気になれば、仕事はいつでもキャッチ・アップできる
出産後も「やりたい仕事」をしたいなら、「決意表明」を
  今、手にしているキャリアを手放さない
  出産前に「社内インフラ」を整えておく
「働きながら育児」より「365日育児」のほうが、ずっとしんどい
  「出産を機に専業主婦」は、ノイローゼ率が高い
  「私、何でもちゃんとやれるのよ」から自分を解放する

第7章:10年後も、20年後も美しく働き続けるために

プロとして扱われたいなら、「外見」で勝負する
  第一印象はくつがえせない
たとえ徹夜明けでも、「若々しく」「美しく」武装する
  「夜中の3時でも、女性はエレガントにしていなさい」
  「外見を磨く」とは、自分を大切にすること
体を壊してまで会社のために働くのは、はっきり言って損
  今の仕事を続けたいなら、「仕事第一」から卒業する
「もう限界!」と感じたら、「強制終了」する
  「からっぽ」になれる趣味を持つ

最 章:あなたの人生を悔いのないものにするために

  私が守り続けてきたルール
  最後にあなたに伝えたいこと






著者

内永ゆか子(うちなが・ゆかこ)
NPO法人 J-Win理事長。1946年生まれ。1971年に東京大学理学部物理学科卒業、同年日本IBMに入社。長年ソフトウェア開発にたずさわり、1995年に同社で初の女性取締役に就任後、常務取締役、取締役専務執行役員を歴任。2007年日本IBM退職後はベネッセホールディングス取締役副社長、ベルリッツ コーポレーション代表取締役会長兼社長兼CEOを経て、2013年6月にベルリッツ コーポレーション名誉会長を退任。また、2007年よりNPO法人J-Winの理事長として、企業における女性活躍推進を支援。100社を超える会員企業の業種や職種を超えた女性ネットワークを通じ、女性リーダーの育成を行っている。1999年、アメリカWITI(ウィメン・イン・テクノロジー・インターナショナル)殿堂入り。2002年、ハーバード・ビジネス・スクール・クラブ・オブ・ジャパン ビジネス・ステーツウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞。2006年、アメリカ女性エンジニア協会SWE(ソサエティ・オブ・ウィメン・エンジニアズ) アップワード・モビリティ・アワード受賞。2013年、男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰受賞。著書に『部下を好きになってください』(勁草書房)、『日本企業が欲しがる「グローバル人材」の必須スキル』(朝日新聞出版)がある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック