• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

採用基準

地頭より論理的思考力より大切なもの

  • 紙版
  • 電子版

採用基準

地頭より論理的思考力より大切なもの

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 伊賀泰代:著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2012年11月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:248
  • ISBN:978-4-478-02341-9

内容紹介

就職超難関企業と言われるマッキンゼーは、地頭のよさや論理的思考力が問われると思われがちだ。しかし元採用マネジャーの著者は、このような定説をきっぱりと否定する。マッキンゼーでは世界で通用する人材を求めており、頭のよさだけではない。それは現在の日本が必要としている人材像と同じと言える。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

序章 マッキンゼーの採用マネジャーとして

マッキンゼーでの一七年間
バブル期の金融業界でMBA留学を決意
「アメリカ人に世界を教える」ビジネススクール
コンサルティングより人材育成システム
新しいポジションを自ら設計・提案

第1章 誤解される採用基準

人気の高まりと誤解の拡大
誤解その1:ケース面接に関する誤解
誤解その2:“地頭信仰”が招く誤解
誤解その3:分析が得意な人を求めているという誤解
誤解その4:優等生を求めているという誤解
誤解その5:優秀な日本人を求めているという誤解

Column 東京大学における法学部と経済学部の学生の格差

第2章 採用したいのは将来のリーダー

問題解決に不可欠なリーダーシップ
リーダーシップは全員に必要
将来のリーダーを採用するという戦略
スクリーニング基準と採用基準の違い

Column 保守的な大企業で劣化する人

第3章 さまざまな概念と混同されるリーダーシップ

成果主義とリーダーシップ
成果より和を尊ぶ組織
救命ボートの漕ぎ手を選ぶ
役職(ポジション)とリーダーシップ
マネジャー(管理職)、コーディネーター(調整役)
雑用係、世話係
命令する人、指示する人

Column 能力の高い人より、これから伸びる人

第4章 リーダーがなすべき4つのタスク

その1:目標を掲げる
その2:先頭を走る
その3:決める
その4:伝える

Column マッキンゼー入社を目標にする困った人たち

第5章 マッキンゼー流リーダーシップの学び方

カルチャーショックから学ぶ基本思想
基本動作1:バリューを出す
基本動作2:ポジションをとる
基本動作3:自分の仕事のリーダーは自分
基本動作4:ホワイトボードの前に立つ
できるようになる前にやる
自分のリーダーシップ・スタイルを見つける

Column ホワイトカラー職種も海外流出?

第6章 リーダー不足に関する認識不足

組織的・制度的な育成システムが必要
絶望的な「グローバル人材」という言葉
「優秀な人」の定義の違い
カリスマリーダーではなく、リーダーシップ・キャパシティ
非常時の混乱、財政難の根因となるリーダー不足

Column 不幸な海外MBAへの企業派遣制度

第7章 すべての人に求められるリーダーシップ

あらゆる場面で求められるリーダーシップ
上司の判断を仰がない若手コンサルタント
リーダーシップは学べるスキル
分散型意思決定システムからの要請

Column リーダー養成に最適なNPO

終章 リーダーシップで人生のコントロールを握る

問題が解決できる
成長が実感できる
自分の世界観が実現できる
世界が広がる
変わっていくキャリア意識
価値観転換機関としてのマッキンゼー
広がる世界で人生のコントロールを握る


あとがき





著者紹介

伊賀 泰代(いが やすよ)
キャリア形成コンサルタント。兵庫県出身。一橋大学法学部を卒業後、日興證券引受本部(当時)を経て、カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得。1993年から2010年末までマッキンゼー・アンド・カンパニー、ジャパンにて、コンサルタント(アソシエイト、エンゲージメント・マネージャー)、および、人材育成、採用マネージャーを務める。2011年より独立。
キャリアインタビューサイト MY CHOICE(http://igayasuyo.com)を運営し、リーダーシップ教育やキャリア形成に関する啓蒙活動に従事する。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック