• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

SINGLE TASK 一点集中術

「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

  • 紙版
  • 電子版

SINGLE TASK 一点集中術

「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • デボラ・ザック 著/栗木さつき 訳
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2017年08月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:224
  • ISBN:978-4-478-06659-1

内容紹介

マルチタスクをやめた瞬間、生産性は10倍になる——。タスク管理、会議、移動、情報収集……あなたはつねに別のことに意識をとらわれている! ノイズを排し、脳の力を最大限に引き出す方法とは? 脳科学、心理学の最新研究からわかった成果が最大になる行動原則! 全米で大絶賛の話題の書、ついに邦訳!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに ── つねに「1つ」に集中する

人生が確実に変わる「現実的」な方法

INTRODUCTION▶シングルタスクの原則 ── たった1つの肝に銘じるべきルール

1日必死に働いたのに「なにもできていない」とは?
一度に「1つの作業」のみに没頭する
「思考」「行動」「周囲」をコントロールする
もっともタスクを変えない人が、もっとも能率が高い
いつでも使える「集中法」を身につける

POINT▶「一点集中」で生産性を最大化する

PART1 原則を固める

第1章▶マルチタスクを封印する ── 「同時進行」の誘惑から逃れる

「同時進行」をやめるだけで成果が上がる
膨大な情報の「誘惑」に流されない
タスクからタスクに「スイッチ」しているだけ
効率を下げずに「同時にできる」タスクはなにか?
「干渉が起きないこと」を同時にする
知識の「応用力」が低下する
脳の疲弊と「3つの犠牲」を防ぐ
「集中力」を身につけるのは生きるための技術
人は「目新しいもの」に注意を向けてしまう

POINT▶なにがあっても「マルチタスク」を試みない

第2章▶すべてを一気にシンプルにする ── 「一点集中術」とはなにか?

120分間「鋭い集中力」を維持できる
「エネルギー」×「集中力」を生みだす
「空白の時間」に考えていることを意識する
相手の「集中度」を確認する
あなたの「シングルタスク度」を測定する
「スコア」を評価する
「自己評価表」からなにがわかるか?
日常に潜む脅威を「一覧化」する

POINT▶「いまここ」に集中し、「1つ」だけに没頭する

PART2 行動を変える

第3章▶脳の「集中力」を最大化する ── 脳がエネルギーを出せる環境をつくる

「他人の要求」より自分を優先する
「シンプルに考える」ための時間をつくる
「複数の要求」に直面すると脳機能が落ちる
「フロー」に入ると、シングルタスクになる
会議を効率化する「パーキングロット」
メモすることで「集中」が可能になる
スマートフォンを「分離」する
ネットがつねに「欲求」を生みつづける
スマホの代わりに「ストップウォッチ」を使う
モノではなく「自分」がコントロールする
邪魔物を防ぐ「フェンス」を設ける
電話に「15分」で集中して対応する
ウェブサイトは「毎回」閉じる

POINT▶脳が力を発揮できる「最高の環境」をつくる

第4章▶全行動を「1つずつ」にする ── 最大の成果をもたらす1日の行動法

「午前中」になにを終わらせるべきか?
無策の午前 ── 第1のパターン
シングルタスクの午前 ── 第2のパターン
「2つのパターン」を比較する
毎日の作業を「3日分」書きだす
「類似タスク」をまとめて片づける
「ラリー」を減らせば時間が増える
「1×10×1」システムを使う
1日2回「空白タイム」をつくる
雑談が長い相手を「たった一言」で遮断する
時間を区切って「籠城」する
すべて「記録」しながら前進する

POINT▶タスクをまとめて「集中的」に処理する

第5章▶5分で周囲の「信頼」をつかむ ── 「ノー」を言うことで人望を集める

「目の前」に意識を集中させる
言葉より「行動」のメッセージが強い
短い時間でも「全力」で取り組む
相手を「尊重」していることを示す
マルチタスクだと「信頼できない」と思われる
「ただ聴く」だけで信頼される
人の相談には「5分間」集中する
相手の「本当のメッセージ」を見抜く
「敬意を感じるシグナル」をリストにする
人の「期待」をコントロールする
「どう評価されているか」を意識する
時間の「有効活用」とは?
同時の用件のときは「いまここ」を優先する
「敬意」と「予定」をはっきり示して断る
「複数の相手」にうまく対応する
「ノー」と言うほうが信頼される
境界線をつくり、「1つ」に集中する

POINT▶人の要求に「短時間」で効率よく対応する

PART3 定着させる

第6章▶賢者の時間術「タイムシフト」 ── 「最重要課題」を攻略する

自分を疲弊させることで「安心」している
あなたの「バイタル・フュー」はなにか?
「無意味な情報」を迎撃する
「内省の時間」で共感力が上がる
「三人称」を主語にして問題を考える
「異常な状態」が当たり前になっている
「時間の節約」は意味がない
「タイムシフト」という合理的な時間管理法
「デジタル機器」をすべてオフにする
できることを「5つ」書きだす
強制的に「没頭」させられる行為をする
意識的に「スロー」にして頭を働かせる
脳を「マインドフルネス」の状態にする

POINT▶「最重要課題」に最大限の時間を投下する

第7章▶継続する方法 ── 24時間「いまここ」にいつづける

オフの時間の「シングルタスク度」を測定する
「スコア」を評価する
食事も会話もつねに1つに「集中」する
「帰宅直後の1時間」の工夫
「しぶしぶ」の行動を排除する
自分はいま、本当はなにをするべきなのか?
「ささやかな例外」が失敗を招く
1つに専心することで「幸福度」が高まる
五感を澄まし、「特別な時間」に入る
オリンピック選手の集中力
エネルギーを1つに向ければ「失敗」も成功に変わる
没頭しているときこそ「充実感」をもてる

POINT▶シングルタスクをいつまでも「継続」する

付録▶シングルタスクのメリット、マルチタスクのデメリット

訳者あとがき

参考文献

推薦書





著者

デボラ・ザック(Devora Zack)
コーネル大学ジョンソンスクール(経営大学院)の客員教員を15年以上にわたり務め、マネジメントスキルやネットワーキングについて講義を行う。アメリカ教育省、コーネル大学、メンサ、スミソニアン協会、ロンドン・ビジネススクール、デロイト、オーストラリア・インスティテュート・オブ・マネジメントなど100を超える企業、団体にリーダーシップ、チームマネジメント等の指導を行う。オンリー・コネクト・コンサルティング社CEO。著書に『自分のタイプを理解すればマネジメントは成功する』(SBクリエイティブ)、『人脈作りが嫌いな人のための人脈術』(未邦訳)などがある。


訳者

栗木さつき(くりき・さつき)
翻訳家。慶應義塾大学経済学部卒業。訳書に『WHYから始めよ!』(日本経済新聞出版社)、『科学でわかった正しい健康法』『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』(以上、大和書房)、『医者は患者をこう診ている』(河出書房新社)、『NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる』(NHK出版)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック