• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

絶滅できない動物たち

自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ

  • 紙版
  • 電子版

絶滅できない動物たち

自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • M・R・オコナー 著/大下英津子 訳
  • 定価:本体2,200円+税
  • 発行年月:2018年09月
  • 判型/造本:46上製
  • 頁数:408
  • ISBN:978-4-478-06731-4

内容紹介

厳重に「保護」された滅菌室にしか存在しないカエル、軍に囲まれて暮らすキタシロサイ、絶滅させた人間によってDNAから「復元」されつつあるリョコウバト……。人が介入すればするほど、「自然」から遠ざかっていく、自然保護と種の再生テクノロジーの矛盾を、コロンビア大学が生んだ気鋭のジャーナリストが暴く。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに ── 「生命維持装置」につながれた黄色いカエル

ニューヨークの「爬虫類の部屋」が突きつけた禁断の疑問
絶滅に瀕した生きものを救うことは「保全」か、それとも「干渉」か?
「復活の科学」に携わる人間たちの物語

第1章 カエルの箱舟の行方 「飼育下繁殖」された生きものは自然に帰れるのか?

新種ハンター、アフリカの「ガラパゴス諸島」へ
生物学的多様性の保護と貧困撲滅の気まずい対立
ついにたどりついた滝裾で ── 小さなカエルとの波乱含みの出会い
絶滅の何が問題なのか?
動物園のトラは、もう「トラ」とは呼べない?
「すべては巨大なひとつの動物園になる」 ── 人新世につきまとうジレンマ
ダムか、カエルか
種の保護は「誰」の利益になるのか?
ぎりぎりの救出劇
飼育下繁殖された生きものは「野生」に戻れるのか?
もはや倫理を議論している暇はない ── カエルツボカビ症の猛威
いざ、キハンシ渓谷へ
再導入への不安 ── 「野生絶滅」した生きものとの「さよなら」はいつ?
「あのヒキガエルを見つけなければ」 ── 種の保全をめぐる永遠の問い

第2章 保護区で「キメラ」を追いかけて 異種交配で遺伝子を「強化」された生きものは元と同じか?

絶滅に追いこんだ名ハンターに舞いこんだ意外な依頼
「フロリダパンサー回復チーム」の結成
フロリダ州にいる30匹を、上空から監視する
もし裏庭にひょっこり現われたら? ── 人との共生にまつわるややこしい問題
パンサーの遺伝子を「強化」せよ
交雑した種は保護の対象として適切ではない?
わたしたちが保護しているのは、遺伝子か、それとも個体か
絶滅と「遺伝的救済」、どちらを選ぶべきか
なぜ人は「自然を保護したい」と考えるのか?
老ハンターは「キメラ」の未来に何を思う?

第3章 たった30年で進化した「砂漠の魚」 「保護」したつもりで絶滅に追いやっているとしたら?

砂漠の中の「塩の川」で、「種」の定義を思う
進化の速度をめぐるダーウィンの甚だしい間違い
アメリカの4か所にだけ生息する魚の謎を追って
たったひとりの気まぐれな放流で開かれてしまった進化の扉
空軍基地の中の「消失した川」へ
たった30年で起きた「進化」
絶滅の原因が「爆発的進化」を促した?
わたしたちは、「進化」をどこまで理解できているのか?
人間が絶滅と進化の両方に「手」を出せる時代の到来

第4章 1334号という名のクジラの謎 「気候変動」はどこまで生きものに影響を与えているのか?

この地球に残された“大きくて複雑なもの”
謎だらけの母クジラ「1334号」を追って
ある未亡人研究者の執念がもたらした「船」と「骨」の発見
捕鯨と絶滅の意外すぎる関係
ないに等しい「遺伝的多様性」で数千年生きのびた?
気候変動はクジラにどんな影響を与えているのか?
気圧、プランクトン、人間 ── 巨大なクジラをめぐる膨大な変数
もはや地球の一部 ── 人はクジラの保全に介入できるのか?
ついに分析された1334号のサンプル
この広い大海原のどこかで

第5章 聖なるカラスを凍らせて 「冷凍標本」で遺伝子を保護することに意味はあるか?

現代版「ノアの箱舟」はニューヨークの地下に
「冷凍標本」が地球を救う?
「遺伝子保護」の最前線へ
生物多様性の凍結コレクションがあれば、保全活動は不要になる?
環境から切り離された遺伝子に意味はあるか
人のもとでしか生きられない「聖なるカラス」
失われたアララの「文化」は再生できるのか?
「遺伝子バンク」は種の保全にちゃんとつながっているのか?
「科学ではない。価値観の問題だ」
聖なるカラスの亡骸を抱きしめて

第6章 そのサイ、絶滅が先か、復活が先か 「iPS細胞」でクローンをつくれば絶滅は止められるのか?

iPS細胞で絶滅した動物を蘇らせる
地球上で最も希少で、2番目に大きい陸生哺乳動物
絶滅が先か、復活が先か ── キタシロサイの遺伝子研究最前線
「復活のパラドックス」 ── 再生されたクローンは元の種と同じか?
「最後の生き残り」に会いに、ケニアへ
名ばかりの国立公園のために立ち上がった夫妻の物語
内戦、密猟、武装勢力 ── 煽りを食うのは、いつも……
コンゴ政府の権力闘争が生んだ悲劇
キタシロサイの最後の“楽園”で
着々と進む絶滅へのカウントダウン

第7章 リョコウバトの復活は近い? 「ゲノム編集」で絶滅した生きものを蘇らせることは可能か?

50億羽いたハトがたった100年で滅ぶまで
DNAからリョコウバトを復活させる ── 若き研究者の野心
リョコウバト愛好家たちの言い分
わたしたちには、自然を修復する能力も責任もある ── 「脱絶滅」推進派の主張
死を解決する ── シリコンバレーとの交差点
ゲノム工学で自然をコントロールすれば絶滅は解決するのか?
リョコウバトに関するバイブルを探して
大群でないと生き残れないとしたら?
かつての「害鳥」の復活は本当に歓迎されるのか?
復活させられるなら、絶滅させても構わない?
さらなる野望 ── 近縁種をゲノム編集でリョコウバトに
2200万年の進化をDNAから読み取れるか?

第8章 もう一度“人類の親戚”に会いたくて 「バイオテクノロジーの発展」がわたしたちに突きつける大きな問い

ネアンデルタール人復活計画は、もはやSFではない?
相次ぐ新発見 ── 言語の使用からホモ・サピエンスとの交配まで
なぜ、ネアンデルタール人は絶滅したのか? そして復活させるべきか?
700年前に消滅した民族が教えてくれること
「野生の思考」から見える問題の本質
わたしたちは「種」をどう扱えばいいのか?
自然なき生態系へ

おわりに ── 「復活の科学」は人類に何をもたらすのか?

地球の果ての世界種子貯蔵庫
“自然”の消滅でわたしたちが実際に失うものとは?

謝辞

参考文献

注記





著者

M・R・オコナー(M. R. O'Connor)
ジャーナリスト。2008年、コロンビア大学ジャーナリズムスクール修了。現地取材でアフガニスタン、ハイチ、スリランカにも赴いた。
『ニューヨーカー』、『アトランティック』、『ウォール・ストリート・ジャーナル』、『フォーリン・ポリシー』、『スレート』、『ノーチラス』等に寄稿。初の著書となる本書は、アルフレッド・P・スローン財団の支援を得て執筆。
2016年にマサチューセッツ工科大学のナイト・サイエンス・ジャーナリズム・フェロー。ニューヨーク・ブルックリン在住。


訳者

大下英津子(おおした・えつこ)
翻訳者。上智大学外国語学部英語学科卒業、ニューヨーク大学ギャラティンスクール修士課程修了(アジア系アメリカ女性作家文学専攻)。『火成岩』(文溪堂)、「シーラ」「ポンペイ再び」(『アメリカ新進作家傑作選2007』所収、DHC)を翻訳。翻訳協力多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック