• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

これからの相続対策は「残す・貯める」から「資産活用」へ

お父さん、お母さん、家族みんなで考える相続の本

  • 紙版

これからの相続対策は「残す・貯める」から「資産活用」へ

お父さん、お母さん、家族みんなで考える相続の本

書籍情報

  • 紙版
  • 曽根惠子 著
  • 定価:1650円(本体1500円+税10%)
  • 発行年月:2021年11月
  • 判型/造本:A5並
  • 頁数:224
  • ISBN:9784478084892

内容紹介

従来の「残す・貯める」という発想から始まる相続対策を「資産活用」という視点で考えようというのが本書の第1の特徴。さらに、本書では「残す・貯める」という考え方から離れられない親世代のために、親子・家族で考える「資産活用法」を提唱。新たな相続対策の道を紹介する。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

相続対策のイメージは?
増え続ける相続トラブル
相続を取り巻く現状
相続対策を変えるのは子ども世代
親子で相続の話ができるようになるための本


第1章 相続対策する前に知っておきたい相続の現状

① 1万4800件の相続相談からわかったこと
  相談のトップは遺産分割のもめごと身内で裁判もめずらしくない
  財産が少ないほうがもめてしまう他人事と言っていられない
  財産がどれだけあるのかを教えてもらえない

② 「財産分割」がもめごとの原因
  財産が分けられないことが争いになる。特に不動産が課題
  実家に住んでいない相続人にも言い分がある
  安易に不動産を共有するとさらにトラブルの元になる
  法律だけで決めようとするから絶縁になる
  裁判しても悔いは残る分け方は決まっても家族の縁は戻らない
  もめる家庭には共通点があるコミュニケーションが取れていない
  法律や専門家任せではなく、家族の取り組みが円満の秘訣

③ 財産の活用ができていない
  持っているだけでは財産は増えない時代になった
  土地は財産だが負担にもなる
  空き地・空き家はマイナス財産になりかねない
  現金を残しても節税できない…現金も活用を考える
  眠っている預貯金は自分のお金ではなくなる?
  金融資産だけでは不安

④ 専門家が見つからない
  相続の専門家は少ない相談先が見つからない
  相続対策は元気なうちに生前の提案とサポートが必要


第2章 相続対策の基本①【感情面】の対策は必須!

感情面の対策は必須!
相続は家族のテーマとして考える相続を円満に乗り切るポイント
「相続する立場」から親子、兄弟姉妹でコミュニケーションを取る
「相続させる立場」から意思を残して自分と家族を守る
もめない対策は「遺言書」と「民事信託」
コラム 家族には法律よりも情やおもいやりで
遺言書を作るときに配慮したいことこっそり作らない
あなたに遺言は必要?これから遺言書は必須
認知症になっても困らないよう「民事信託」を用意する


第3章 相続対策の基本②【経済面】の対策も大事。

経済面の対策も大事!
生前の節税対策「財産を減らすこと」+「評価を下げること」
相続後の節税対策「評価を下げる」+「納税を減らす」
評価の仕方には違いがある「現金」vs「不動産」
 〈不動産の評価の検証〉1棟アパートの場合⇒46.8%
 〈不動産の評価の検証〉区分マンション⇒24.19%
 〈不動産の評価の検証〉土地活用
コラム 子どもがないから早めの終活。自宅を売却して遺言書も用意。
相続税の出し方を知っておこう
相続税の節税イメージはこうなる


第4章 親からの相続 実践するときに考えたい5つの項目

①【不動産】親の家は残す? どうする?
  親の家はどうする? 空き家でも自宅は残したい?
  親の気持ちと子どもの本音
  現金より不動産のほうが有利
  住んでいた親が売るのが有利
  認知症になったら対策できない
  Case study1 一軒家からマンションへ 住み替えた Mさん
  Case study2 自宅を売って高齢者住宅に住み替えた Hさん

② 【不動産】不動産を持ち続けることが財産とならない
  土地を持ち続けることが財産とならない
  土地を維持するためにお金をつぎ込んでいる
  不動産も買い替える時代
  Case study3 200坪の家に母親が一人暮らし。維持費250万円。対策にならず
  Case study4 駐車場運営では手元に残らない! 土地活用が必須となる

③ 【不動産】数よりも質。収益が上がる不動産が財産となる
  代々の土地持ち資産家も楽ではない! 代々の土地を相続したHさん
  固定資産税が多額
  財産があっても幸せではない?
  数多く持つよりも選別する時代
  土地を減らして優良資産へ
  所有他の立地を替えるために買い替え
  Case study5 貸宅地を売却。母親の二次相続対策ができた Uさん
  コラム 財産は残すよりも活用する時代! 趣味、起業、ボランティア、寄付など。
  Case study6 不良資産を売却、築浅物件に買い替えて一安心できた Dさん

④ 【現金】老後の現金って必要?親世代は使えない
  銀行に預けることがゴールではなくなった! リスクもある
  休眠預金の制度がスタートしている
  名義預金にしたらダメ
  老後は老人ホームの費用が必要になるか?
  老人ホームが自宅になると節税にならない!
  Case study7 高齢者賃貸住宅で快適に暮らすTさん まとまったお金は不要
  Case study8 叔母はまとまった金融資産を所有
⑤ 【現金】贈与するなら、不動産が現金の3倍もお得!
  生前の節税対策は「財産を減らす」+「評価を下げる」
  現金よりも不動産で贈与したほうがお得
  Case study9 親のお金を増やさないための贈与 Yさん
  Case study10 母親の節税対策のために不動産贈与が効果的 Hさん


第5章 親からの相続 成功させるために「相続プラン」を作る

相続対策チェックリスト
相続プランは「経済面」「感情面」に配慮して作る
相続の課題を整理する
財産の確認、現地調査、評価をする
経済面の対策 積極的な節税対策をする
感情面の対策 分け方を考える、分けられるようにする
感情面の対策 分け方を決めて遺言書を作る
Case study11 アパートが老朽化。 母親の対策が必要な Aさん
Case study12 生命保険など金融資産が82% Bさん
Case study13 預金が半分超、自宅ビルは築50年 Cさん
Case study14 土地が約90%、活用しきれない Dさん
Case study15 土地が80%、預金の倍の相続税が予想される Eさん


第6章 これだけは知っておきたい相続の基礎知識

相続の基礎知識① 相続の手続きを知りましょう
 相続にはいろいろな手続きが必要になる

相続の基礎知識② 相続人は誰でしょう?
 相続人の範囲と順位が定められている
 法定相続人の範囲
 配偶者はどんな場合でも相続できる
 養子は何人でも相続人になれるが税務上は制限がある
 非嫡出子も相続権があり実子と同等になる
 代襲相続人は亡くなった人の代わりになる
 兄弟姉妹の子が代襲相続人になることもある
 未成年は親か特別代理人を選任する
 行方不明者は失踪宣告か財産管理人かを選択する
 相続人が認知症なら成年後見人を選任する
 法定相続人の範囲

相続の基礎知識③ 財産の分け方を知りましょう
 法定相続分が定められている
 遺産分割には期限がない
 遺産分割の具体的方法は現物分割・代償分割・換価分割
 特別受益は相続の前渡しとして考える
 貢献してきたことは寄与分になる
 協議が終われば遺産分割協議書を作成する

相続の基礎知識④ 遺言書の基本を知りましょう
 遺言書は優先される
 主な遺言書は自筆証書と公正証書
 自筆証書遺言書は検認が必要
 法律で守られている相続分が遺留分となる
 遺留分を侵害されているときは侵害額請求をする
 遺言を実現するのは遺言執行者

相続の基礎知識⑤ 相続財産・非課税財産・債務を知りましょう
 相続や遺贈によって取得するすべてが相続財産となる
 相続財産を一覧表にする
 保険金や退職金はみなし相続財産となる
 お墓や仏具は非課税財産になる
 債務や葬儀費用は差し引くことができる

相続の基礎知識⑥ 相続財産の評価の仕方を知りましょう
 財産にはそれぞれ評価の仕方がある
 土地の評価の仕方は路線価方式と倍率方式がある
 路線価方式の計算方法
 公図で地形の確認をする
 貸宅地は借地権を控除して評価する
 私道などの特殊な土地は減額できる
 セットバックを要する土地は減額できる
 地積規模の大きな宅地の評価が新設された
 建物評価は固定資産税評価額となる
 株式の評価は 株式は3種類に区分される
 預貯金・保険金・年金の評価

相続の基礎知識⑦ 贈与の仕方と違いを知りましょう
 贈与税の課税①「暦年課税」非課税枠110万円
 贈与税の課税②「相続時精算課税」非課税枠2500万円
 相続の基礎知識⑧ 相続税の計算と相続税額の出し方を知りましょう
 相続税の計算をする
 小規模宅地等の特例が適用できる


おわりに
 「親子」で考える! これからの相続対策。「残す・貯める」から資産活用へ






著者

曽根恵子(そね・けいこ)
相続実務士。一般社団法人相続実務協会代表理事。株式会社夢相続代表取締役。京都府生まれ。昭和52年、京都府立大学女子短期大学部卒業、株式会社PHP研究所勤務後、昭和62年不動産会社設立、相続コーディネート業務を開始。日本初の相続実務士として1万4800件以上の相続相談に対処。感情面・経済面に配慮した、“オーダーメイド相続"を提唱し、「家族の絆と財産を守るほほえみ相続」をサポートしている。主な著書に「図解90分でわかる! 初めての相続」「図解でわかる 相続発生後でも間に合う完全節税マニュアル」「いちばんわかりやすい 相続・贈与の本」ほか63冊。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック