• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

すべての仕事を3分で終わらせる

  • 紙版
  • 電子版

すべての仕事を3分で終わらせる

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 岡田 兵吾 著
  • 定価:本体1,400円+税
  • 発行年月:2018年02月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:200
  • ISBN:978-4-478-10499-6

内容紹介

アクセンチュア、デロイト、マイクロソフトを渡り歩いて培った仕事術。最初に方向性を決めるために量で提案し、時間を決めて遵守する。最終ゴールに向けて型をつくり、余分なものは自分でやらないで、他人を巻き込む。4つのステップで仕事をもっともすばやくまわす!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

膨大な仕事を小さくして、最速で成果を上げる!

序章 仕事圧縮術を身に付けるために必要なマインドセット

ムダから学ぶ仕事圧縮術
 「必要」「必要でない」「ムダ」が識別できる
 仕事を識別できないうちは、優先順位を付けてはいけない
 仕事を効率化、高速化、高度化できる
 仕事を必要最小限の労力で進める勘所がつかめてくる
 必要な作業を効率化し、不必要な作業を最小化する
 残業する人は、貴重な時間を失っている

ムリの先に未来がある
 ムリだと思っていたことも、想像以上にうまくいく
 それが「経験」となり、新しい「知見」が生まれる
 失敗を恐れなくなる
 やり抜く自信がついてくる
 新しい仕事にも挑戦し、こなせる自信が湧いてくる
 自信が仕事を高速化する
 「0」から「1」を生み出すことが最も困難であるが、行動力は高まる
 努力なくして成長なし:No Pain, No Gain

第1章 とりあえず何でもやってみて、量をこなしていく

優先順位を付けずに、とにかくやってみる
 やりたいことも苦手なことも、優先順位をまずは付けない
 3分取り掛かることで、初めて仕事の中身がわかる
 やるべきことの全体像がイメージできる
 極限まで忙しくなることで、ようやく仕事の効率化を行える

最初に努力することで仕事を圧縮できる
 先手必勝。物事を決める前の初期段階で全力を注ぐ
 高い成果につながる仕事こそ、常に最初に行う
 仕事の成功は成果で決まる
 成果につながる仕事の中でも、手間がかかる仕事を真っ先に行う
 ミーティングは事前に情報共有する
 選択肢は必ず用意する
 仕事の原理原則は、80:20の法則である

第2章 時間を決めると、結果もスピードもついてくる

すべてをすばやくこなす
 目の前の仕事はすばやく、正確に、大量に片っ端から片付ける
 仕事の9割は3分で終わる
 「タイミング」を逃すと、「機会」と「選択肢」を失う

期限は守るためにある
 仕事はまずは60点を目指す
 仕事には必ず期限をつける
 期限に間に合わないと「0点」、すべてを失う
 期限内で仕事が終わらなかったら、いったんやめる
 時間のフレームワークを決める

メールに時間をとられない
 メールに時間を奪われてはいけない
 メールの9割は意思決定に30秒もかからない
 読んだら3分で回答し、自分の作業としてため込まない
 メールや資料は1回しか読まない。読み終えたら破棄する
 メールよりも直接話すほうが、相手にも時間のメリットがある

第3章 最終ゴールを常に意識して、型をつくる

確認すれば失敗を生まない
 すべての作業はやり直しをする前提で動く
 仕事の依頼を受けたら、その場で完成イメージを確認する
 明確な指示がなければ、確認する
 求められる期待値が理解できるまで、繰り返し質問し確認する
 「報・連・相」は、「相談」→「連絡」→「報告」で進める

すべての作業は「0」から始めない
 まったく新しい作業などない。すべての作業には共通点が多い
 資料作成は参考資料をカスタイマイズする
 思考の質とスピードをビジネスツールを活用して上げる

「思考の型」に当てて、情報整理を加速させる
 仕事を整理して理解する
 仕事の全体像を把握する
 解決策や問題の原因を探る
 作業の流れを整理する
 仮説から問題解決や意思決定につなげる
 問題解決に向けてアプローチする

第4章 まわりの仲間の能力を最大限活用して、型からはみ出たものは自分でやらない

1人ではやらない
 仕事を人に任せることがプロフェッショナル
 上司を巻き込み、定期的に戦略的ホウレンソウをする
 キーパーソンを作業に巻き込む「仕組み」づくりが仕事圧縮のカギ
 チームをつくって最高品質の仕事を行う:Team Dynamics

他人をレバレッジする
 自分でできない作業を見極め、他人の力を借りる
 他人をレバレッジする意識を持つ
 1人でも多くの適材適所人材の知り合いをつくる
 いざというときに確実に助けてもらうために「味方」を増やす

おわりに





著者

岡田兵吾(おかだ・ひょうご)
マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー
大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4か国のライセンス監査業務の責任者を務める。また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。
ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック