• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

一人になりたい男、話を聞いてほしい女

  • 紙版
  • 電子版

一人になりたい男、話を聞いてほしい女

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • ジョン・グレイ 著/児島修 訳
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2018年08月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:232
  • ISBN:978-4-478-10516-0

内容紹介

25年の時を経て、名著『ベストパートナーになるために』待望の続編!全世界5,000万人が読んだ「男と女の絶対ルール」決定版!なぜ男は一人になりたいのか、女はなぜ話を聞いてほしいのか? 家庭、職場、恋愛……あらゆる場面で必須の異性間コミュニケーション。人類500万年普遍の<男女の心理法則>がここに。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに ── 男女の違いを深く理解することが、恋愛と人生を充実させるためのカギ

異性をよく知ることは人生の宝物になる
時代遅れの恋愛観が人生を台無しにする
変えるべきはパートナーではなく自分自身
満ち足りた関係を確実につくる“成功の方程式”
男と女の新たなニーズ ── 相手にとって一番大切なものは何か
真の幸せをつかみとるために必要な、恋愛関係のスキル
恋愛と人生を充実させる方法は、学ぶことのできる知識であり技術だ

第1章 火星と金星を超えて ── 一人ひとり違う男らしさと女らしさのバランスを知ることが、なぜ重要なのか

『ベスト・パートナーになるために』を現代版にアップデートする
恋愛の誤解を生む、12の主な男女の違い
私は火星人? それとも金星人?
女性化する男性、男性化する女性
適切なホルモンバランスを見つける方法
カップルが恋愛感情をすり減らせてしまう理由
愛する人への情熱をいつまでも失わないために
人生の新たな可能性を切り開く

第2章 ロールメイトからソウルメイトへ ── 互いに成長し合える関係になることがもたらす計り知れない価値

新しい男女のあり方が必要になりつつある
ロールメイトの関係 ── 男が働き、女が子育てをする古いスタイル
現代の男女は「高次元の欲求」を求めている
ソウルメイトの関係 ── 心の満足を求める現代の男女
“恋愛感情が薄れていく”という問題
忙しく、疲れていると何が問題か
愛を通じて共に成長する

第3章 恋愛のなかで本当の自分を表現する ── 幸福度を高め、ストレスを減らすためにカップルができること

女性の「男らしい」部分、男性の「女らしい」部分
本当の自分を自由に表現する
私たちのなかの「男らしさ」と「女らしさ」
男らしさと女らしさの12の特性
「男らしさ」と「女らしさ」の正体はホルモン
男らしさと女らしさのバランスはこうやって決まる
ホルモンは気分や感情に直接影響する
真の自己を育てる
中年以降の男女関係のコツ
社会の圧力と自分らしさの表現

第4章 男女の違いを知れば、いつまでも色褪せない魅力と情熱を保てる ── 女はもっと話をしよう、男はもっと話を聞こう

「情熱」を長続きさせるには
男と女は磁石の関係
家に帰ったときがホルモンバランス調整のチャンス
カップルがいいバランスを保つには
ホルモンニーズを満たそう
社会問題のデータからみる男女の違い
ノルウェーのパラドックス
男女平等とは、“男と女は同じ生き物である”と考えることではない

第5章 男は女にこうしてほしい ── 男のテストステロンを上手にコントロールすれば、恋愛はうまくいく

男性も「女らしく」なる時代
“ストレス退治”のホルモンは男女によってまったく違う
テストステロンは男のストレス対処に重要
男の怒りが恋愛をぶちこわす
男が「男らしさ」を抑えると怒りっぽくなる?
男はストレスを感じたらどうなるか
男は“洞窟タイム”で自分の殻にこもることが必要
テストステロンは使わなければ衰える
男性のテストステロン回復のために女性にできること
男がテストステロンを増やすために必要なもの

第6章 女は男にこうしてほしい ── 女のエストロゲンが幸せを呼ぶ

現代の女性はエストロゲンが減少している
ホルモンレベルは閉経後に低下する
愛のホルモン「オキシトシン」
女に“肌の触れ合い”が大切な理由
なぜ男は女が感情的だと思うのか
男は“戦うか逃げるか”、女は“思いやりと絆”でストレスに対処する
女性はストレスを感じたらどうなるか
オキシトシンで女性のストレスが激減する理由
女性を支えるためには
女性がオキシトシンとエストロゲンを増やすために必要なもの
男が女の話を聞くことは、それ自体に意味がある
「ビーナス・トーク」を練習しよう
女性が不満を持っているときの見分け方
感情を分かち合うことは、不満を口にするのとは違う

第7章 女性の幸福のカギを握る4つのホルモン ── カップルが必ず知っておきたい、ホルモンバランスに合わせた愛情の秘訣

女性にとって大切な4つのホルモンの知識
つがいの絆 ── 「オキシトシン」と「エストロゲン」
女性が幸せホルモン「オキシトシン」と「エストロゲン」を増やす40の方法
職場を離れたときこそが大事
プロゲステロン ── 脳を落ち着かせ、ストレスを減らす
プロゲステロンは月経周期の後半に必要
過剰なテストステロンには要注意
月経周期に従った女性のホルモンサイクルとは

第8章 相手時間・二人時間・自分時間 ── カップルの愛を格段に深める、3つの時間の使い方

女性のホルモンサイクルを理解する
女性のホルモンの変化を意識しよう
相手時間・二人時間・自分時間とは
5日間の“愛の期間” ── 「二人時間」はなぜ重要か
女性が自分時間へ移行するのに必要なもの
愛のホルモンオキシトシンは各フェーズでどれくらい必要?
オキシトシンで心を開く
ネガティブな感情を手放す
仕事の後でリラックスする方法
愛情を求めることで男性を動機づける
男性は自分時間にこもりがち
男を洞窟から出すためには
男女がお互いを魅力的だと感じるとき
男の心は求められると動く
女性の自分時間をサポートする方法

第9章 聞いてほしい女、褒められたい男 ── 不満をぶつけ合わずに、上手に言いたいことを伝えるには

男性はパートナーに不安や不満を話しすぎないほうがいい
不満をぶつけるのではなく「リクエスト」する
命令を「リクエスト」に言い換える
パートナーに感謝する
なぜ女性は感謝されていないと感じるのか?
相手のことを深く理解する

第10章 男と女が求めることはこんなに違う ── 相手が求めているものが何かを知らなければ、本当の愛は与えられない

女性が求めている愛情表現とは
愛は男の人生に新しい意味を与える
男性が求めている愛情表現とは
火星と金星、それぞれ人生の目的
感謝や尊重をきちんと示す
愛を与え、受け入れる
男性は「受け入れられること」を求める

第11章 ふたりが力を合わせれば人生は変わる ── 女の感謝と男の共感が“一生別れないカップル”をつくる

女の気持ちを認め、男を褒める方法
認めることの力
感謝することで相手も心を開いてくれる
男の“ボスザル”の感覚を目覚めさせる
異性が話す言葉の本当の意味を知る
カップルが別れる理由

第12章 不満をぶつけ合わない男女関係 ── 生涯をかけて高次元の愛を求めていくために

不満は人生の一部だと認める
なぜ不満を口にするとうまくいかないのか
男の最大の弱点は、“コントロールされている”という感覚
男は女から「私は不幸だ」と言われると辛い
女性は「リクエスト」をパートナーに伝えよう
男はまず「わかった」と言おう
パートナー以外についての不満はその日のうちに話そう
男女の関係の4段階
第1段階 ── 相手を正しいか間違っているかで判断する
第2段階 ── パートナーとの関係がうまくいかないことに気づく
第3段階 ── 「高次元の愛」を見つけ始める
第4段階 ── パートナーのあるがままを受け入れる
人生の新たなステージへ

訳者あとがき





著者

ジョン・グレイ(John Gray)
心理学博士。恋愛・結婚分野の専門家として世界一の名声を誇る。大ベストセラーとなった『ベスト・パートナーになるために ── 男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた』(三笠書房)をはじめとする多くの著作は45カ国語に翻訳され、世界150カ国で販売。累計5000万部を売り上げた。過去40年間にわたり、世界中の人々の男女関係、コミュニケーション、健康の改善に貢献し、自らも30年以上、幸福な結婚生活を続けている。家庭や職場で男女の違いを理解し、尊重することの重要性をテーマにしたワークショップや講演を世界各地で実施。多数のテレビ番組に出演し、タイム誌、フォーブス誌、USAトゥデイ紙など大手メディアで特集された。3人の娘と4人の孫がいる。現在は妻のボニーと北カリフォルニアに暮らし、自らが主張する、健康とパートナーとの関係性を健全に保つための方法を熱心に実践している。


訳者

児島修(こじま・おさむ)
英日翻訳者。訳書に『脳にいい食事大全 ── 1分でアタマがよくなる食事の全技術』『天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法 ── コロンビア大学ビジネススクール最重要講義』『自分を変える1つの習慣』(以上、ダイヤモンド社)、『やってのける』『自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義』(ともに大和書房)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック