• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

投資家みたいに生きろ

将来の不安を打ち破る人生戦略

  • 紙版
  • 電子版

投資家みたいに生きろ

将来の不安を打ち破る人生戦略

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 藤野英人 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2019年09月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:288
  • ISBN:9784478107775

内容紹介

「ひふみ投信」で有名なファンドマネジャーが説く、「これからの考え方・生き方」を説いた1冊。未来に向けて「見える資産」「見えない資産」を貯めていき、市場価値を高めるにはどうすればいいのか。リスクをとって「未来からのお返し」を得る思考と習慣のすべて。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに 〜 将来の不安を打ち破る人生戦略

 解決策は、とてもシンプル
 3つの誤解
 今こそ「生き方」を変えるとき

プロローグ 「リスクと向き合う」ということ

 投資家ほど「成長」を近くで見続けた人はいない
 「成長のにおい」を嗅ぎ分けろ
 リスクとの向き合い方が「二極化」を生む
 「失う怖さ」を直視しよう
 何もしないリスク
 マーケットの上下でも「ブレない軸」

思考1 「投資家の考え方」を授けよう

投資は「お金だけ」の話ではない
 投資がなければ「未来」が生まれない
 日本の偉大な投資家
 思考が変わると「今」が変わる
未来を切り開く「エネルギー」の中身
投資の要素1 主体性(やりたいこと)
 10億円をあなたに差し上げます
 それ、今すぐできるんじゃない?
投資の要素2 時間(平等に与えられたもの)
 時間をかけることで「価値」が増す
 明らかな「ムダ」は削れ
 「可処分時間」を見える化しよう
投資の要素3 お金(過去・未来の缶詰)
 「お金が嫌い」になる理由
 その支払いに「自覚」はあるか
 身近にひそむ「無自覚のワナ」
 お金に「力」を込める方法
投資の要素4 決断(成功体験の積み重ね)
 「好き嫌い」を再考せよ
 最後の最後は「気持ち」
 「やった後悔」ってするの?
投資の要素5 運(謙虚な気持ち)
 「待つこと」ができるか?
未来から得られる「お返し」の中身
 「見えない資産」が見えるか?
リターン1 目に見える資産(お金、プロダクト)
 「社畜生活」が待っているかもしれない
リターン2 目に見えない資産(スキル・健康・人間関係)
 「自己投資」をするしかない
 あなたの「市場価値」を高めよ
リターン3 明るい未来(利他の気持ち)
 「長い目で見る」ということ
 自分と社会の「一体感」
 「利他的な思い」の力
「浪費」思考とは何か
 「孤独」を埋める商品
 「あえてやる」ということ

思考2 それでもあなたを「動かさないもの」の正体

あなたを動かさない「思考のクセ」
バイアス1 「リスクはゼロになる」という思い込み
 リスクをとらない投資家たち
 根深い「大企業」信仰
 企業の「部品」になっている?
 主人公のように生きてみよう
 変化への対応こそ「安定」
バイアス2 「貯金は善、投資は悪」という思い込み
 そもそも貯金は「目的」なのか
 現金は「バーチャル」なもの
 「つみたてNISA」に大きな期待
バイアス3 「給料は我慢料である」という思い込み
 日本人は本当に「勤勉」なのか
 「仕事嫌い」「会社嫌い」が生まれる背景
 私の原体験「ブラジャーで育った投資家」
 「経営理念」再考

習慣1 今日の「過ごし方」が未来へとつながる

惰性に打ち勝つ1つの質問
 ケチな金持ち
 「複利の力」を思い知れ
投資の「思考」を「習慣」につなげる
 1「お金をかけなくてもいい」(ベンチャー精神)
 2「三日坊主上等」(脱サンクコスト)
 3「プロセスを楽しむ」(手段を目的に)
投資家の視点 アンテナを立てて日常生活を送る
 「汚れ」が見える人、見えない人
 流行はお好き?
 過小評価されたドン・キホーテ
 「身体的感覚」の価値
 街の「変化」を見つけよう
 「変化のウラ」にあるビジネスチャンス
 家電量販店を「くまなく」歩くクセ
 コンビニパトロールをナメてはいけない
 「新サービス」はすぐに試せ
 注目のネットサービス
 「旅に出る」ということ
 コビーじゃない体験談
投資家流アウトプット 旗を立てて人前に出る
 「信じて託す」のが投資家
 有言実行とリスク
 「発信」はローリスク・ハイリターン
 「勝負写真」を持っているか
 「創作活動」で自分を表現する
投資家流タイムマネジメント 朝を制する人が主導権を握る
 多趣味すぎるファンドマネジャー
 自問自答 × 5分 = 継続
 「八ヶ岳戦法」で攻めろ
 時間の「質」に気づけるか
 人生の「成長」が止まる瞬間
 後からトクする時間術

習慣2 長い人生で「必要な資産」を増やす

見えない資産を増やそう
 今すぐ「評判」を得る方法
 なんだったら「会釈」でもいい
 「ありがとう」を連鎖させよう
 「褒めること」はタダ
 努力の「痕跡」を見つけよう
投資家流の人間関係術 付き合い方のポートフォリオを組む
 属性を「ズラす」
 「年代」を超える方法
 「昔話」は死んでもするな
 「他業界」とつながる
 「知ったかぶり」はソンをする
 「地縁・血縁」を再評価する
 大人になってからの「友達づくり」
 趣味の「旗」を立ててみる
 「情報のハブ」になれ
投資家流の自分磨き 印象に残るひと工夫を
 「自己紹介」をバカにするな
 30秒で「好き」を伝える
 3分で「鉄板ネタ」を伝える
 「名刺」は情報の宝庫
 思い出してもらう「きっかけ」づくり
 関西のおばちゃんの「飴ちゃん投資」
 モノより「ストーリー」を身につけろ
 一瞬で「インパクト」を与える
 「ちゃんと暮らす人」には敵わない
投資家流の学び 勉強は一生、やり続けるものだ
 一流は「メモ魔」
 いかに「学ぶチャンス」を増やすか
 「学ぶ姿勢」を高める
 強制的に「科学技術」を学ぶ
 日本の文化、「1つだけ」でも語れるように
 「ランダム性」を取り入れる

エピローグ 「お金の投資」をはじめてみよう

 「小さく・ゆっくり・長く」の原則
 たまごを1つのかごに盛るな
 「未来を信じる人」が、続けられる
 「貯蓄から投資へ」の転換期
 Q.口座を開くにはどうしたらいい?
 Q.投資信託にはどんな種類がある?
 Q.投資信託のコストはどうなっている?
 Q.「iDeCo」ってどんな制度?
 Q.「NISA」ってどんな制度?

おわりに 〜 サラリーマンの「虎」になれ





著者

藤野英人(ふじの・ひでと)
1966年富山県生まれ。投資家、ファンドマネジャー。レオス・キャピタルワークス株式会社代表取締役社長・最高投資責任者(CIO)。早稲田大学法学部卒。国内・外資大手投資運用会社でファンドマネジャーを歴任後、2003年レオス・キャピタルワークス株式会社を創業。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ」シリーズを運用。一般社団法人投資信託協会理事。投資教育にも注力しており、JPXアカデミー・フェロー、明治大学商学部兼任講師も務める。
主な著書に『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『お金を話そう。』(弘文堂)などがある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック