• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ウィニングカルチャー

勝ちぐせのある人と組織のつくり方

  • 紙版
  • 電子版

ウィニングカルチャー

勝ちぐせのある人と組織のつくり方

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 中竹 竜二 著
  • 定価:本体1,600円+税
  • 発行年月:2021年02月
  • 判型/造本:46並
  • 頁数:288
  • ISBN:9784478110553

内容紹介

なぜラグビー日本代表はW杯ベスト8に入れたのか。戦略、戦術だけではなく、「文化」を変えたこと。それが何よりも大きかった。同じように、経営でも目には見えない「組織文化」こそがその企業の明暗を握っている。そして組織文化が変われば、企業はさらに強くなることができる。その方法をまとめた。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

第1章 組織文化は唯一無二の競争力

■企業を動かす「文明」と「文化」
■組織文化で競争する時代に
■システム思考で全体を把握せよ
■スポーツ界で大切な「オフ・ザ・ボール」
■強くなるために必要な「オフ・ザ・フィールド」
■組織文化は模倣されない
■極限状態で露呈する組織の本質
■組織文化で選ばれる時代へ
■採用でも大切なカルチャーフィット

第2章 組織文化とは何か

■土台にあるから見えづらい
■何を格好いいと思うのか
■一つの事実をどう解釈するのか
■一人ひとりの感情が組織文化となる
■自分の感情を知らなければ成長できない
■心理的安全性のある環境をつくれるか
■最下層に隠された「らしさ」
■常識を破壊する「アンラーン」
■痛みに向き合う覚悟はあるか
■組織文化に良し悪しはない

第3章 組織文化を「知る」

■「自分たちは何者なのか」
■本質的な問いを立てる

HOW TO KNOW
 ❶ ─ 1 自分で知る ── 自己認識を明らかにする
 ❶ ─ 2 自分で知る ── チェックリストで客観的に評価する
 ❶ ─ 3 自分で知る ── 4つの「場」で多角的に調べる
 ❷ ─ 1 他者に聞く ── まずは他者の評価を予測する
 ❷ ─ 2 他者に聞く ── 実際にヒアリングする
 ❸ 他者と触れ合う ── 違和感を覚える機会をつくる
■マイノリティの声を聞こう

事例1 freee 「弱さ」を知って強く生まれ変わったベンチャー企業
 ■急成長企業が陥る個性希薄化のワナ
 ■厳しいフィードバックを避けてきた
 ■強みと弱みを立体的に把握する
 ■隠れた組織文化を知る「さらけ出し」
 ■「シリアスな話題を、笑ってごまかしますよね」
 ■弱さを認められたから成長できた

第4章 組織文化を「変える」

■10年以上かかる組織文化の変容
■組織変革に必須の一人ひとりの変容
■「あうんの呼吸」で働けるように
■いつかは成果も変わっていく
■能動的に変われる者が主導権を握る

HOW TO CHANGE
 ❶ 仲間をつくる
 ❷ 組織の理想像を決める
 ❸ 行動基準を決める
 ❹ 振り返りとフィードバック
   (a)TELL ── 伝える
   (b)SHOW ── 見本を見せる
   (c)ASK ── 問いかける
   (d)DELEGATE ── 託す

事例2 横浜DeNAベイスターズ 最弱球団が日本一を目指す強いチームへ
 ■0年目 ベンチャー企業出身者が抱いた危機感
 ■1年目 ファームコーチとスタッフにあった閉塞感
 ■2年目 優勝できると思っていなかった一軍コーチ
 ■3年目 「優勝するためには」と語るように
 ■一人ひとりが変わり、チームが生まれ変わった
 ■最先端を常に走るスポーツチームへ

事例3 タカノフーズ 老舗企業が自ら学び、考え、動く組織に変わった
 ■確実に縮小する市場に抱いた危機感
 ■一人ひとりに学ぶ技術を
 ■正解のない答えを導きだす力
 ■自分で考えて動けるリーダーに
 ■キーパーソンを少しずつ増やしていく
 ■自分で学ぶ力を育てる「間の学習」
 ■順調なときにこそ手を打つ

第5章 組織文化を「進化させる」

■組織文化は進化し続けなくてはならない
■なぜ社是を神格化するのか
■その社是は通用しているのか
■組織文化という土壌を耕し続ける
■自らを疑い、問い続けられるか
■変化を恐れず、自分で変われるように
■一段高い視座から問題を解く
■イエットマインドで成長を促す

HOW TO PROGRESS
 ❶ [WHY]「なぜ」進化させるのかを問いかけ合う
 ❷ [HOW]「どのように」進化させるのかを問う
 ❸ [WHAT]進化するために「何を」すべきか問う
■世界一の組織も自力で進化している

事例4 ジョンソン・エンド・ジョンソン 社是は、見直し続けるから信頼に値する
 ■クレドーを羅針盤にして行動する
 ■過去に4回も改訂されてきたクレドー
 ■進化するための二つの仕組み
 ■自分を疑うことができるか

終章 組織文化に至る旅

■異例だった「モラル」「謙虚」「感謝」
■空気が変われば成果も変わる
■カリスマ監督からのバトンタッチ
■監督と選手の関係性を変える
■ある選手の変化が空気を変えた
■教える指導者から学ぶ指導者へ
■指導者が変わり、そしてチームも変わった

特典対談 組織文化の変革に役立つインテグラル理論

■4つの象限で多面的に人と組織を知る
■まずは組織の発達段階を知る
■発達段階によって響く言葉は異なる
■シャドーを見る勇気はあるか
■弱さをさらけ出せる工夫を

おわりに





著者

中竹竜二(なかたけ・りゅうじ)
株式会社チームボックス代表取締役
日本ラグビーフットボール協会理事
1973年福岡県生まれ。早稲田大学人間科学部に入学し、ラグビー蹴球部に所属。同部主将を務め、全国大学選手権で準優勝。卒業後、英国に留学し、レスター大学大学院社会学部修了。帰国後、株式会社三菱総合研究所入社。2006年、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。自律支援型の指導法で、2007年度から2年連続で全国大学選手権優勝。2010年、日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクターに就任。2012年より3期にわたりU20日本代表ヘッドコーチを務め、2016年には日本代表ヘッドコーチ代行を兼務。2019年より日本ラグビーフットボール協会理事に。2014年、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックスを設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。このほか一般社団法人日本車いすラグビー連盟副理事長。著書は『新版リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは』(CCCメディアハウス)など多数。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック