• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

リーダーたる者、前線に立て

トップが動けば、社内の活気はよみがえる

  • 紙版

リーダーたる者、前線に立て

トップが動けば、社内の活気はよみがえる

書籍情報

  • 紙版
  • 斉木邦明 著
  • 定価:本体1,400円+税
  • 発行年月:2020年09月
  • 判型/造本:46変並
  • 頁数:196
  • ISBN:9784478111642

内容紹介

工作機械メーカーの山田ドビーで繊維部門のNo.2にまで上り詰めながら、異業種のメルコへ転職。慣れない業界に戸惑いながらも人望、商才、決断力など類稀な能力を発揮し、バッファローのあらゆるパソコン周辺機器をトップシェアに押し上げる。本書は、その斉木氏の才気がみなぎる人生を存分に味わえる。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

第1章 ビジネスへの興味は学生時代から

父が勝手に断ってしまった大手製薬会社への就職
南へ放浪の旅に出るも、なぜか与論島で商才を発揮
紆余曲折の末、山田ドビーに就職

第2章 メーカーのすべてを学んだ、山田ドビー時代

経済学科卒なのに、配属されたのは工場
オイルショックで昇格なし、同期から大きく後れて
社長交代が転機、全身全霊を注いで作成した経営改革案が認められ
2カ月半、半徹でカンバン方式を導入
アメリカ企業への納品で「ホワイトハット賞」受賞
一度は断ったもののメルコへの転職を決意

第3章 不夜城「メルコハイテクセンター」での燃える日々

同じメーカーなのに、これほど違うとは……
工場長の一瞬の隙をついて、からくも確保したカスタムIC
プリンタバッファの修理で実績。1年で大出世
牧誠社長からは毎週2時間の電話 ── 小さな組織だったから団結力があった
生産企画課長に昇進。社長から発注を一任され、過剰在庫にメス

第4章 熾烈な開発競争を勝ち抜いて ── 生産部長時代

一度も負けなかった開発競争 ── 徹夜で設計、2週間で量産体制へ
素人の発想だからできた「蓋付き増設RAMボード」
営業を押し切って10倍売った「パリティジェネレータ搭載メモリ」

第5章 埋もれていたストレージ事業に光を

ゆがんだ業界を正した低価格HDD
2GB・HDDディスコンを機にシェア逆転
SDAT方式採用ハードディスクで競合を突き放し
却下されたCD - Rドライブ。だが再度提起してひと月でシェアトップに
HDDに「ドライブコピー」をバンドルで成功

第6章 不況下でも強気の策でシェア拡大 ── 競合を突き放した専務時代

社長のDRAM購入、異議を唱えてケンカになるも、信頼を得る
何をしても売れないデフレ不況下、豊富な内部留保に攻めの糸口を見い出す
「三方一両得」策を家電量販店社長とトップ交渉 ── 「リーダーたる者、前線に立て」
パッケージのバッファローレッド化作戦で蔓延していた負け犬根性を払拭
なぜ、あのデフレ不況の中で独り勝ちできたのか?

第7章 社長に就任、ついにトップに

消費者に適正価格で購入してもらうべく乗り出したサプライ事業
シナジー効果をねらってアーベルを買収。売れ筋製品に絞り込んですぐ黒字化
ミスジャッジだったサプライ事業のバッファローへの統合
果敢に挑戦したものの、苦労を重ねた海外戦略
東京で初めての単身赴任。テレビ会議の最中、東日本大震災も経験
今までの製品作りとは全く異なる事業「データ復旧サービス」
製品ではなくユーザーに焦点を当てたストレージの総合的サービス

第8章 リーダーたる者、前線に立て

オーナー会長に翻弄されつつも、言うべきことは言う
「三現主義」と数字の把握力が説得力の源泉
信頼を得て権限を増やし、プレッシャーに負けず
成長し続ける社員になるために、勝ち残る企業になるために

あとがき





著者

斉木邦明(さいき・くにあき)
1948年9月22日生まれ、愛知県出身。1971年3月、愛知大学法経学部経済学科卒業後、同年4月、山田ドビーに入社。1992年3月には同社を退社して、メルコ(現バッファロー)に入社。1993年5月生産部部長となる。取締役とストレージ事業部長を兼任時は、外付けハードディスクを業界ナンバーワンに押し上げ、専務取締役となってからは、各製品の大幅なシェア拡大を陣頭指揮。2004年5月、バッファローの取締役社長に就任すると、2011年3月、売上高1237億円、メルコグループとして史上最高の経常利益109億円の達成に貢献した。2017年5月、バッファローの社長を退任、2020年6月メルコホールディングス取締役を退任した。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック