• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「超」入門 学問のすすめ

明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

  • 紙版
  • 電子版

「超」入門 学問のすすめ

明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 鈴木博毅 著
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2013年03月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:256
  • ISBN:978-4-478-02267-2

内容紹介

明治維新を成功に導いた革命の書『学問のすすめ』を、閉塞感漂う現代日本の問題と重ねながら、個と国家の変革プロセスを23のポイントから解き明かす。なぜ今の日本には変革(維新)が起きないのか?かつて起こった変革の構造を現代日本に再起動し、今後の日本と日本人の進むべき道を示すサバイバル書。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

序章 日本は時代の転換点を乗り越えられるか?

激動の時代に書かれた革命指南書/新時代を切り拓こうとする日本人が夢中で読んだ書/140年前との「隠れた共通の構造」/国に依存できない時代のサバイバル戦略/学問は生き残るための武器である/日本人を「社会的な個人」として目覚めさせた書/日本を新たな栄光へ導く「成功の本質」/『学問のすすめ』から学ぶ、維新の七つの「成功の本質」

ざっくり知っておきたい幕末史
幕末から明治への変革「6つの事件」

第1章 国家の危機に何をすべきか?

01 学問の目標とは「個と国家の変革」である
現実はちっとも平等じゃない/パラダイムが転換する変革期をサバイブすべし/国民が日本の未来に不安を抱えた時代/新しい日本を、日本人の手でつくる時代がやってきた

02 国民が主体となるとき、国家の変革が起動する
古い儒教思想は国民を愚かな赤子として扱う/なぜフランスは滅亡しなかったのか?/日本人に新しい分野への「当事者意識」を持たせた諭吉/日本の国家的な問題解決力を一気に高めた

03 変革期こそ活躍の場は急増する
気づいたときには世界で戦えなかった/日本は現状を研究し、上回る戦略へ舵を切った/平民主体の奇兵隊が、実は強かったという衝撃/変革期こそ、志のある人物の活躍の場は急増する

04 国家とは本来、国民がつくるものである
日本政府と、日本人全員の約束という構造/独立心がないと三つの悪影響が生じる/独立心は個人の問題解決力の源泉であり、日本国を支える力/社会を進歩させることも国民の義務

第2章 新しい時代を切り拓く実学とは?

05 現実に役立つ学問だけが人生を好転させる
時代の転換点で、あなたの人生をどう好転させるか?/それは、今のあなたの目標を達成できる学問か?/変革期を乗り越えた諭吉の「二つの実学」/変革期の日本人は、学ぶ対象を新たに変えるべき/実学は人生の自由を得るための「良質の武器」となる

06 新しい可能性は自らの「発見力」次第である
地球と同じ環境の星が数千倍に増えた理由/虚学による二つの恐ろしいデメリット/あらゆる限界は、観測する側の能力に依存している/実学が視点を変えるリフレーミングとなる

07 「新しい視点」と「人望」が飛躍を生み出す
実学の実践にも正しい順序がある/雑務で師の信頼を得た諭吉の少年時代/実務スキルから「視点の転換」への飛躍/「実学と人望論」を組み合わせた諭吉の人生行路/優れた人と交流し「新しい視点」を得ることも実学

第3章 変革期に役立つサバイバルスキルとは?

08 「外側に接する能力」が世界を変える
諭吉が勧める五つのスキル向上/自分の目標を進化させる貴重な機会/変革期は「伝える力」と「交渉力」が重宝される/外に飛び出した諭吉が日本に新たな智見を運んだ/あなたが所属する集団に「外の情報」を与えて強化する

09 個人の「ガラパゴス化」と「鎖国」を避ける
「精神と実行」のバランスに注意する/「世間にはこの類の不平家が大変多い」/思い上がるのではなく「成長」すべき/周囲が扱いに困る人間では、救いの手は差し伸べられない

10 新しい時代の「出島」「蘭学書」「私塾」へ向かう
変革期に要求される「発見と実行」というスキル/新たな時代への付加価値を生み出す場所/当時、最先端の砲術に触れて研究心に火がついた人物/文明の風穴を開ける実学から新たな視点を得た者が躍進した/日本に革命を起こす契機となった多くの私塾/あなたは「出島」「私塾」「蘭学書」を持っているか?

11 学問で理想と現実のギャップを埋める
人は案外と愚かで、多くを成し遂げず人生を終える/人生の飛躍を妨げる「五つのズレ」/過去を「観察」して、管理すべきギャップを「推理」する/諭吉からの痛烈な反論

第4章 グローバル時代の人生戦略とは?

12 新しい視点の「活用」が価値を生む
大学者を目指し、大農家を目指し、大商人を目指せ/一五歳の少年を変えた『学問のすすめ』の威力/漁村生まれの少年が遣米使節団のリーダーに/極貧の家庭で育ったスティーブ・ジョブズの生涯/にぎやかで変化の多い諭吉の人生/現実社会で、劇的な差が生まれる構造を理解する

13 予期せぬ不運を逆発想で飛躍に結びつける
予期せぬ出来事が起きたら、あなたはどう対処するか?/革命児、諭吉の真骨頂「不運に邪魔されたときの飛躍法」/「不運な出来事」の破壊的な側面に打ち勝つ/変化を「人生の新しい革命」にする

14 新たなチャンスと英知は他者が運んでくる
人の幸福感の源泉は、他人と広く交際すること/家の中に閉じこもり「俗世間のチリを避ける」な/時に、人間関係は痛みをやわらげてくれる/つながりがチャンスを生み出し、新たな英知を運んでくる/世界は広い、人間のくせに人間を毛嫌いするな

第5章 いかに自分のアタマで考えるのか?

15 転換期は多数派の判断が正しいとは限らない
時代の変わり目には「二つのこと」を疑うべし/多数派が正しいとは限らない時代の三つの変化/新しいものを盲信することと、賢くなることは違う/変革期は「疑う力」「騙されない力」こそ試される/「正しい基準」で本質を判断し評価すること/一部分の判断から、全体像を盲信しない/諭吉の目指す、自主独立の精神への移行

16 個人の問題であるか制度の歪みであるかを見抜く
間違っているのは、制度か人間か?/システムの歪みを、道徳の問題にすり替えていないか/病根を突き止めて、正しい薬を処方すべき

17 異論異説が衆愚の罠を防ぐ
優れた個人が組織に染まると、途端にダメな人間になる/問題のすり替え、その欺瞞を見抜く視点/チャーチルは、日本が戦争に参加しないと考えていた/社会に毒を流す害がもっとも大きいもの

第6章 どうすれば世界は変わるのか?

18 比較対象を世界に広げ、「新しい現実」を見る
繁栄したインドやトルコはなぜ凋落したか?/グローバル化の二つの影響にどう対処すべきか/変革期に起こる二つの変化、その劇的な影響/世界トップの企業や組織の情報収集をしているか/消え去るか、自ら変革を起こすかの二択

19 変革の成功を導くのは「自由の創設」である
140年間の日本の挑戦と失敗/「破壊と創造」という発想を一蹴した諭吉/ハンナ・アレントと「自由の創設」というヒント/明治維新と「森の生態系モデル」の類似性/「森から別の森へ」ではなく「爆発的な豊かさの森へ」/『学問のすすめ』が描く「自由の創設」が勝利の鍵

20 五%の変化で世界は変わる
どんなに頑強な世界でも、本当に変わる/五%というソーシャルイノベーションが発見した数字/日本全体を引き寄せる良い手本をつくる/木の枝を折る一つの雪の結晶、雪崩を起こすたった一粒の砂

第7章 あなたは日本の未来をどうつくるか?

21 「解放」と「発見力」が飛躍を生む
2030年代に、日本は新しい大飛躍を迎える/古い構造が束縛した人的資源へ「自由」を与える/平和と豊かさの中で日本の第三の飛躍は可能/旧日本軍が踏んだ「束縛」という蹉跌と現代日本企業/誰もが自分の境界線を飛び越えるときがきた/2013年に勝利の構造を再起動させる

22 「俯瞰」「相対化」で正しく未来を変える
「ええじゃないか」と一揆、高まる社会不安/萩の城下で噂になった軍学の天才少年、吉田大次郎/乗っているバスの行先を知るには、どうすればいいか?/未来を変えるチカラ、未来が変化していく不思議/長州の英俊たちは、松陰の未来予測を共有して生まれた/未来予測に苦悩した諭吉は、著作に戦略を込めた/日本の未来予測に、今の日本人は反応しているか

23 「偉大さ」を目指すことが、あなたと世界を前進させる
「蟻の人生で満足するな」と諭吉は言った/今日、私たちが生きた証を未来へ伝える/凡庸さに甘んじず、偉大な企業、高い目標を目指せ/怨望を避け、あなたが日本の進化に貢献する手本に

あとがき  「革新への最高の武器で日本の未来を変える」





著者

鈴木博毅(すずき・ひろき)
1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。わかりやすく解説する講演、研修は好評を博しており、顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を押さえて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』は、戦略とイノベーションの構造を新たな切り口で学べる書籍としてベストセラーになる。その他の著書に『ガンダムが教えてくれたこと』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(共に日本実業出版社)、『超心理マーケティング』『儲けのDNAが教える超競争戦略』(共にPHP研究所)がある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック