• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

Q思考

シンプルな問いで本質をつかむ思考法

  • 紙版
  • 電子版

Q思考

シンプルな問いで本質をつかむ思考法

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • ウォーレン・バーガー 著/鈴木立哉 訳
  • 定価:本体1,600円+税
  • 発行年月:2016年06月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:384
  • ISBN:978-4-478-02342-6

内容紹介

ダニエル・ピンク、ティム・ブラウン、アダム・グラントらが激賞、全米のあらゆるメディアで絶賛された驚愕の「思考法」がついに日本上陸! グーグル、IDEOなどで次々と爆発的な発想を生んでいる思考のメソッドが初めて明らかに。「たった1行の問い」で、だれもが見たことのないような美しい答えを生む画期的な方法!

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

Introduction 「美しい質問」だけが美しい思考を生む

アイデアはつねに「疑問」から生まれる
「世界の変化」のスピードに対応する
質問をし続ける方法を見つけ出せ
質問の多さと出世のスピードは比例する
質問は脳に負荷がかかる
3つのアプローチ「なぜ?」「もし〜だったら?」「どうすれば?」
グーグルには絶対に予測できない質問

第1章 「Q」で思考にブレイクスルーを起こす

    ── 次々と問いを重ねる思考法

人を月に送れるなら、まともな足ぐらいつくれるのでは?
 「質問家」が示す明確な兆候
 疑問を抱かなくなった瞬間に成長は止まる
 自分で行動しなければ、疑問は「ぼやき」になる

質問には「何」ができるのか?
 「何を知らないか」に気づく
 正しい問いは「洗練された思考」になる
 「どんな質問をするか」で、住む世界は決まる

自分がいる業界はどんな業界か? そこにはまだ私の仕事はあるか?
 自分を状況に「適応」させていく
 「知っていること」を次々と更新していく

質問は答えより価値が高くなっているのか?
 情報の真偽を知るために問う
 コンピューターが人の質問力を磨く

「知る行為」は時代遅れか?
 質問で無限のリソースにアクセスする

何もかもが「なぜ?」から始まるのはなぜか?
 ほかの人よりも「早く」問題を発見する
 「Q+A」が結果を生む
 問題解決の合理的なプロセスとは?

どうすれば、問いを「行動」に移せるか?
 「組み合わせ」が新たな発想を生む
 「試して検証」を繰り返し続ける

第2章 子どものように「なぜ」と問い続ける

    ── 質問し続けるアタマをつくる

なぜ、子どもはあんなに質問するのか?
 「複数の答え」への想像力が問いを生む
 一度「分類」すると、問題が見えなくなる
 リラックスした環境でこそ、創造性は開花する

なぜ、質問の回数が突然減るのか?
 お手本があると「問い」を拒絶してしまう
 だれもが「疑問」を抱かないように教えられてきた
 生産性を高めて成功するには何が必要か?

「質問に立脚した学校」は成立し得るだろうか?
 5つの「思考の習慣」で問いを深める
 「地図の真ん中」に何を置くべきか?
 知識は押しつけても身にならない
 ベゾス、ブリン、ペイジの共通のルーツ

クラスの中で質問できるのはだれか?
 「恐れの感情」が好奇心を邪魔する
 質問がいくら得意でも、まったく質問できなくなる環境

生まれながらの「質問魔」に、なぜ質問を教える必要があるのだろう?
 正しく質問できないと「損」をする
 「何を尋ねていいかわからない」から抜け出す
 「正しい問い」にたどりつく6つのステップ
 良い質問は「自然」には生まれない

質問の仕方は自分に教えられるか?
 「匿名性」が質問を後押しする
 「変化をつくりだす方法」を観察する

第3章 「美しい質問」を自分のものにする

    ── Q思考の「3ステップ」をマスターする

なぜ、写真ができるのを待たなければいけないのか?
 最初の「なぜ?」からフル回転で大量の疑問を考える
 最初の「20段階」を進むと?
 鋭い「なぜ?」を生み出す条件

なぜ、一歩下がると前に進めるのか?
 「前進」を強いるプレッシャーに打ち克つ
 「知っている」というのは、ただの感覚にすぎない
 「もう一度説明してほしい」と繰り返す
 初心者の心は「空」である
 ジョブズの奇妙な禅解釈
 「休みの日の7歳の子ども」になりきる

なぜ、ジョージ・カーリンには他の人が見逃したものが見えるのか?
 だれも持っていない視点をつかむ「ヴジャデ発想法」
 時間をかけて「目の前にあるもの」を発見する

私には余分なマットレスがあるのに、なぜ彼はベッドがなくて困らなければならないのか?
 なぜ、この問題を「追求すべき」と思えたのか?
 「挑戦的質問」という方法
 「では、どうすべきか」は言えなくていい

なぜ、私たちは「質問について質問」しなければならないのか?
 「5なぜの法則」で心理の限界を超える
 「開いたり閉じたり」して質問のレベルを上げる
 「正しい問い」をつかむには、問題との距離を縮める
 「観察」と「実体験」が答えを生む
 疑問を抱くだけでなく「執着」する

もし、音楽のDNAをマッピングできたら?
 「音楽の遺伝子」を発見する
 「実現可能性」を考えずに空想しつくす
 既存のアイデアから「スマートな再結合」をする
 「AとB」ではなく「Aと26」を組み合わせる

もし、脳が木の生い茂った森だったら?
もし、疑問を抱いて寝たら?(答えと一緒に目を覚ますだろうか?)
 情報を集めて、寝転がる
 「散歩」や「ドライブ」で考えずに考える

もし、アイデアがでたらめで靴下が左右違っていたら?
 辞書を使って「でたらめ」に考える
 「仮定」で現実をひっくり返す

どうすれば、質問をかたちにできるのか?
 具体化の課題が背中を押す
 「一つのアイデア」に絞り込み、他人に話す
 紙でもデジタルでもいいので「描いてみる」
 考え込む前に「人に見せる」

どうすれば、倒れない「マシュマロ・タワー」を建てられるか?
 検討するより「試す」ほうが早い
 「試して学ぶ」と大きな変化をつくりだせる

どうすれば、折れた足を愛せるようになるのだろう?
 「否定的意見」を最大限に利用する
 ダメージを受けながら「少しずつ」進む

どうすれば、シンフォニーを一緒につくれるだろう?
 「世界中の頭脳」を使う
 いまや「不可能」はなくなっている
 「人と動く」段階が必ずくる
 「問い」を抱え込んでいても意味がない
 「最終的な答え」は存在しない

第4章 ビジネスに「より美しい質問」を与えよ

    ── あなたの仕事を劇的に変える「Q」

なぜ、賢いビジネスパーソンが大失敗をしでかすのか?
 優秀なのに「まっとうな選択」ができない
 「存在理由」を問うことから始める
 「早い結果」を求めると、疑問が抜け落ちる

なぜ、私たちはビジネスをしているのか?(そもそも何のビジネスをしているのか?)
 定期的に「過去の理想」を振り返る
 だれがどのように使い、何を求めているのか?
 いま残っている「不都合」を解決する
 「自分たちは何をしているのか?」を掘り下げる

もし、この会社がなかったら?
 「やめるべきこと」を決める
 「もし〜だったら?」で想像力が爆発する

もし、たんなる金儲けをやめて理念を貫いたとしたら?
 「お金がなくても食事できる店」は可能か?
 「私たちから買わないでください」という広告

どうすれば、もっと良い実験をできるだろう?
 「やってはいけないこと」ができる場所をつくる

質問についてブレイン・ストーミングをしたら、ひらめきが下りてくるだろうか?
 「Qストーミング」で質問を改善する
 この「3語」が思考のスイッチを入れる
 野心的な「HMW的質問」を考える
 「HMWアプローチ」は伝染する

曖昧なリーダーに人はついていくだろうか?
 「いま起きていること」の本質をつかむ能力
 賢人はあえて「無知」な質問をする
 いつ質問をやめればいいのか?

ミッション・ステートメントはミッション・クエスチョンになるべきか?
 「ミッション」を全員のものにする
 数万人単位でも議論できる

どうすれば、探求の文化をつくれるだろう?
 「最も厳しい質問」が「最も素晴らしい質問」になる
 質問すると「得をする」仕組みをつくる
 「一歩下がる」時間がなければ成功しない
 上司を置かず、「ネットワーク」で仕事を回す
 仕組みで、会社を「学び」の場に変える
 「くだらない質問」ばかりになるという問題
 自由に「外に出られる」ようにする
 質問を使って「質問家」を見つけだす

第5章 「無知」を耕せ

    ── 問いであらゆる可能性を掘り起こす

なぜ、私たちは「問いと生きる」べきなのか?
 自分の人生で「最も重要なこと」は何か?
 壁にぶつかったら「なぜ?」で乗り越える
 人が「本当にほしいもの」を中から考える
 「不安」を飲み込み、好奇心に従う

なぜ、あなたは山を登っているのか?
 「じっくり考えること」から逃げ続けている

なぜ、あなたは探求を避けているのか?
 選択はすべて「質問」のかたちをしている
 「いつか人生に向き合える」と誤解している
 「もやもや」を抱えながら前進する

「リーン・イン」の前に、一歩下がったらどうなるだろう?
 「ハイテク安息日」をつくる
 考えるとは「一つのことに集中する」こと

すでに持っているもので始めたらどうだろう?
 なぜ、「彼ら」のほうが幸せそうなのか?
 幸せにつながらないことに時間を使っている
 自分を「美しく」感じられるのは、どんなときか?
 なぜ、そのとき「輝いている」と感じるのか?

ほんの少し変えてみたらどうなる?
 「聖書男」が発見した人生の秘密
 変化を生むコツは「ふりをする」こと
 「経験のバリエーション」を持てるように工夫する

失敗しないとわかっていたらどうする?
 「失敗への恐怖」が行動を妨げている
 何もしなかったらどうなるのか?

どうすれば、蓋をこじあけてペンキをかきまわせるだろう?
 「自分で考える」ように仕向ける
 質問で「共通項」を見つける
 「考えの違う人」の視点で考える
 疑問を「疑問視」する

どうすれば、「美しい質問」を見つけられるだろう?
 「外」と「内」に答えを探す
 「力強い疑問」は眠らない
 「美しい質問」の見つけ方
 群衆の狂気に敏感になる
 自分は「何」を言いたいのだろう?
 「知らないこと」を質問で耕していく

訳者あとがき





著者

ウォーレン・バーガー(Warren Berger)
デザイン思考、イノベーションといった領域に強みを持つジャーナリスト。ハーバード・ビジネス・レビュー誌、ワイヤード誌、ファスト・カンパニー誌などに寄稿多数。世界中の何百ものトップイノベーター、起業家、クリエイティブシンカーらに、彼らがどのように疑問を抱き、質問を重ね、独創的なアイデアをつかみ、問題解決しているかを取材。本書は年間ベスト5(IDEO社長兼CEOティム・ブラウン選出)、クリエイティブリーダーへのベストブック、思想的リーダーのためのベスト5(ジェフリー・デイヴィス選出)などに選ばれた他、ニューヨーク・タイムズ紙他全米各紙誌で絶賛を受け、世界中で刊行。世界の革新的・創造的なビジネスリーダー、企業に大きな影響を与えている。


訳者

鈴木立哉(すずき・たつや)
一橋大学社会学部卒業。コロンビア大学ビジネススクール修了(MBA)。野村証券勤務などを経て2002年から翻訳業。訳書に『世界でいちばん大切にしたい会社』(翔泳社)、『ブレイクアウトネーションズ』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)など。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック