• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

トヨタ式ホワイトカラーの業務改善 最少人数で最強組織をつくる

  • 紙版
  • 電子版

トヨタ式ホワイトカラーの業務改善 最少人数で最強組織をつくる

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 石橋博史 著
  • 定価:本体1,800円+税
  • 発行年月:2014年03月
  • 判型/造本:4/6並製
  • 頁数:232
  • ISBN:978-4-478-02606-9

内容紹介

大野耐一氏らからトヨタ生産方式を直接学び、サムスン電子の業務改革を手伝ったことを契機に生まれたHIT法。抵抗勢力をなくしながら、業務プロセスを可視化し、多能職化を実現。導入企業は100社以上にのぼり、すべて目に見えるかたちで効果あり! いまの仕事を半分のコストで抑えることも可能だ。

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

序章 ホワイトカラーの「カイゼン」に取り組んだ理由

トヨタ生産方式の導入に尽くした日々
 トヨタ生産方式から学ぶ
 気づき」の環境づくりが成果を生む

トヨタ生産方式をヒントに、ホワイトカラーの業務を革新する
 工場改革を終え、本社改革に着手
 本社業務の可視化で意識を変える

サムスン電子の改革を機に、新たな道を見つける
 サムスン電子に必要だったこと「業務改革」

業務改善の必要性
 ドラッカー博士の助言が「心の支え」に
 このままでは競争に負ける
 業務改善は習慣化できる

第1章 人の意識と行動は簡単に変えられる

モノと情報の改善点
 モノと同様に人もカイゼンできる

トップに立つマネジャーの役割
 マネジャーがマネジメントできない理由
 マネジメントの不在を克服する
 経営者はビジョンの解決策を示す
 マネジメントサイクルを速く回す

やることがわかっていても、できない不思議
 人材不足なのではない。人材を育てていないだけ
 90%の仕事は誰にでもできる
 改善を妨げている3つの悪を根絶する
 縦割り構造がコミュニケーション不足を生む
 業務を4割削減したのに、残業が減らなかった理由
 業務プロセスの可視化が実現する3つの革新

第2章 業務の「可視化」で人と仕組みを変える

業務のプロセスを丸裸にしていく
 業務を誰もが目で見てわかる状態にする
 組織三図で活動情報の共有化
 業務の流れをチャートで表わす
 第1に、「やめる」は丸儲け
 第2に、発生時点で処理する
 やめられないか、削減できないか、容易にできないか
 そして「平準化」
 日々の記録で業務の実態をオープンに
 不具合は発生時点処理が必須

可視化で見えてくるやるべきこと
 可視化によって、役割・分担が明確になる
 思考業務も分解して標準化できる
 有益な改善提案をするには
 改善活動の合言葉
 拙といえども、速を以てする有らば勝つ

第3章 最少人数で最強組織をつくる

組織のあり方を考える
 ピークに合わせた人材配置は非戦略的である
 【ケーススタディ❶ 人員八名は最適なのか?】
 リアルな管理ができる業務マニュアルとは
 「共通言語」の役割を果たす
 【ケーススタディ❷ これまでの慣習が業務の流れを阻害する】

個人のスキルを伸ばして組織に還元する
 スキルマトリクスで多能職を育成
 【ケーススタディ❸ ホワイトカラーのスキルアップは経験とカン?】
 可視化が客観的な人事評価を可能にする
 多能職化で視野が広がり、専門性が高まる
 応援しあう仕組みで組織の効率を究極まで高める
 業務効率化で生じた余剰人員を会社の強みに変える

第4章 ダラリの法則を分析する

管理と間接業務に潜むムダを定義する
 そもそもムダとは何なのか?
 「原点のムダ」=「付加価値を生まないムダ」
 「三不のムダ」=「不均衡のムダ」
 「三弱のムダ」=「問題が問題になりにくいムダ」
 「三無のムダ」=「進歩を生まないムダ」
 「三悪のムダ」=「効率性を阻害するムダ」

どの企業も必ず変われる
 情報のキャッチボールを排除する
 【ケーススタディ❹ その仕事、何往復するのですか?】
 【ケーススタディ❺ そんなに承認印、必要ですか?】
 紙の削減は最も取り組みやすい改善
 【ケーススタディ❻ その書類、紙じゃなきゃダメ?】
 【ケーススタディ❼ そんなに備品、必要ですか?】
 目的がわからない作業はやめてみる
 【ケーススタディ❽ スケジュール共有、どこまで必要?】
 リスク排除と効率化を同時に実現
 【ケーススタディ❾ 危機管理のマニュアルを実践したら……】
 情報システムの陳腐化はムダの温床
 【ケーススタディ❿ システムのための仕事ですか?】

第5章 革新活動が人財をつくる

あらためて、可視化で何が実現するか?
 最新事例を読み解く
 業務の可視化は﹁業務の把握」をすることである
 スキルとモラールの向上

改革が進む楽しさが見える
 社員のモラールが高まり、意識改革が進む
 事業特性とマネジメント特性が改善できる
 特性❶ 業務 「負荷」
 特性❷ 業務 「基準」
 特性❸ 業務 「分担」
 特性❹ 業務 「中断」
 特性❺ 業務 「形態」
 コスト削減に大きな効果をもたらす
 可視化すれば飲み会はいらなくなる
 アウトソーシングを最適化する
 情報システムの実態を知り、改善案をつくる
 情報システムの構築費用を10分の1に削減できる
 共通言語でグローバルな業務革新
 活動の進め方は「トップダウン型」と「ボトムアップ型」
 1人からでも始められる
 革新活動の成果をマネジメントする

終章 革新の最終目標はコスト2分の1

 トップがやらなければならない改革
 簡易定員化策定法で人員を最適化する例
 改善状況集計から経営層が動く
 業務情報のコックピット管理
 可視経営協会の有効活用

おわりに





著者

石橋博史(いしばし・ひろし)
株式会社システム科学代表取締役社長。1962年から24年間、矢崎総業株式会社に勤務し、教育担当、人事、総務、工場長、社長室(トヨタ生産方式、業務改善推進担当)の職務を歴任。1986年、株式会社システム科学を設立、社長に就任。トヨタ生産方式・IEを基にした業務革新の実践および支援ツール「HIT法」の開発・導入、コンサルティグを推進。2010年2月に「業務プロセス可視化法およびチャート作成システム」で特許取得。2011年3月、一般社団法人可視経営協会を設立、理事を務める。著書に、『業務革新の実践手法』(ダイヤモンド社)、『可視経営』『続・可視経営』(日経BPコンサルティング)など多数ある。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

トヨタ生産方式のホワイトカラー版!
トヨタ生産方式を大野耐一らから学び、
サムスン電子の改革を機に生まれた革新的な手法。

モノは情報持たないため管理しやすい。
しかし、ヒトは意思があり、情報を隠すため、同じようにはいかない。

たとえ業務改善を行なったとしても、一時的によくなるが、
また元の姿に戻ってしまう。

それは、やらされ感満載で、習慣化されなかったことが問題だから。
その課題を克服するには、抵抗勢力をなくす業務改善が必要になってくる。

業務改善は楽しく習慣化できる。
そして、コストも最大1/2に!

業務改善の習慣化に必要なことは2つある。

1つ目は、業務のチャート化
記号などを使って、業務のプロセスをひと目でわかるようにすることで、
誰が見てもムダ・ムラ・ムリをみつけやすくする。

2つ目は、仕事の数値化
誰がどの業務をどれだけの時間でできるかを示す。

業務の改善が目に見えて進んでいけば、ムダな仕事も減っていき、
自分の仕事が見えれば、自分に足りないモノがみえてくる。

それらの活動によって、業務を最小単位で抽出、
経営者は全体を把握することができるので、適正な人員配置が可能

また、部署によって、閑散期、繁忙期もわかる
マネジメントクラスがリーダーシップ発揮することで、
ヒマな部署から、忙しい部署ヘヘルプに活かせることも可能になり、多能職化を実現
普段、付き合いのない部署間でのコミュニケーションの活性化にもつながる。

結果、ムダ・ムラ・ムリを徹底的に省き、今いる人材を強化し、
コストは、半分に抑えることも実際に可能
余剰人員を新規事業に投入したり、アウトソーシングを内製化できる

日本の経営を一新する!

世界的に見ても労働生産性が低い日本。
生産現場は海外へシフトし、ホワイトカラーが真に強くならないと、
競争に負けてしまうのも明らか。

そんななか、人の生産性を高める画期的な手法として、
いま注目を集めているこの「業務プロセス可視化法」。
業務改善の実例とともに、現場の社員、マネジャー、経営者の
それぞれの視点からみても使えるノウハウを紹介していく。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック